ハッピーメール

コーディネート

夏のTシャツで気を付けるべきは透け乳首!その対策法を知ろう

投稿日:2016年7月24日 更新日:


すでにTシャツの季節になっていますが、素肌にそのままTシャツ…で気になることと、と言えば?そう、透け乳首ですよね。

「気にしない派」の男性もいますが、ふと鏡で見た自分の姿が“乳首ぽっちり”で「あーッ!」となる男性も多いそうです。

では、そんな気になるTシャツの透け乳首、なにか良い対策法はないのでしょうか。ということで今回は、透け乳首の対策法をご紹介したいと思います。

1、肌色の肌着を着る

Tシャツにインナー暑苦しいから嫌だよ!という人も多いですが、透け乳首対策法のひとつめは、やはりインナーを着ること。

しかも、白や黒のインナーではなく、“肌色”が効果的。肌色であれば、外見はまるで素肌に直接Tシャツを着ているように見えます。

でも「暑いよ!」とおっしゃる方も多いので、最近はユニクロのエアリズムや、量販店でも男性用の汗を吸収発散してくれる夏用肌着が人気です。

インナーを選ぶ場合は、肌色やベージュを選ぶようにしましょう。慣れると“夏用インナーあり”の方が涼しさを感じるようになるそうですよ。

2、大きめのTシャツを着る

普段はどんなサイズのTシャツを着ていますか?もし、ぴっちりしたTシャツが多いなら、ダボ付いた大きめTシャツに変えてみませんか?

透け乳首対策法、二つ目は、“自分のサイズのTシャツより大きめのTシャツを着る”です。おそらく、普通のMサイズとかLサイズというTシャツがありますが、あえてそこをXLやXXLにしてみる。

すると、直接肌に張り付くことがないので。“ぽっちり乳首”も気になりません。これなら、素肌に直接Tシャツ一枚でも安心ですね。

3、絆創膏・ニップレス

乳首だけどうにかしたい!そう思うなら、絆創膏!透け乳首の対策法三つ目は、「直接、絆創膏を貼っちゃえ!」です。

女性でも、夏場は「ブラジャーしなくない!」というときに、絆創膏で済ませる人もいます。男性なら乳首もさほど大きくないので、絆創膏があれば十分。

ただ、汗をかきますし、毎日つけると痒くなったり、肌荒れしたりするかもしれないので、「たまに気になるときだけつける」感じにとどめておきましょう。

また、「すごく乳首が気になってコンプレックス!」という人には“男性専用ニップレスを使用する”という対策法も。

男性でも、すごく乳首が大きいとか、どうしても見られたくない!と思っている人は多いので、そんな人のためのニップレスも販売されています。活用してみてください。

4、Tシャツの色に気をつける

最後はこちら。白いTシャツが好き?それより“透け乳首対策法”としては、黒や紺色のTシャツを選んだ方がいい!

ということで、4つ目の対策法は、「暗い色のTシャツを選ぶ」です。白いTシャツよりも、黒や紺のTシャツの方が乳首を透けさせません。

ただし!暑い!太陽光の熱を吸収する!熱がこもる!と嫌う人もいます。グレーのTシャツも「汗をかくと色が変わって見えちゃうから嫌」という人もいます。

でも、“透け乳首を隠す”という点から見れば、“透けない生地を選ぶ”というのは鉄板。また、たくさん柄の入った“総柄Tシャツ”も透け乳首を効果的に隠してくれます。

男の透け乳首

よく女性の意見で「男の透け乳首キモイ」とか「うわ、乳首見えてる」というのがありますが、はっきり言ってそんなに気にならない、という女性がほとんどだと思います。

とは言え、乳首が見えてしまったときに「ラッキー」と思う人はあまりおらず、「見てはいけないものを見ちゃった」と思う人が多いかもしれません。

本来なら、自然にちら見えするくらいなら、あまり気にならない男性の透け乳首。そのため、あまり気にしすぎるのもよくないのかもしれません。

ただ、「ちょっと恥ずかしい」そう思ったのなら、ちょっとだけ意識して隠してみる、というくらいがいいかもしれません。


彼女が欲しいと嘆いているのであれば、「こりゃダメだ…彼女ができない人とイケメンじゃないけどモテる人の違い」を読んでみてください。

女性が男性に対して求めている理由がきっとわかりますよ!これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

-コーディネート

Copyright© ORETTE.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.