メンズ必見!結婚式にはいていく靴のマナーを理解しよう4,430 views

新郎の友人として、親族の結婚式に、会社の同僚の結婚式にと、色々な立場でお呼ばれすることになる結婚式ですが、意外と知らないメンズの靴の常識についてお話します。最近は結婚式のスタイルも様々で、フォーマルでかしこまった披露宴から、ガーデンウエディング、レストランウエディングなどのカジュアルな披露宴も増えてきました。

メンズ必見!結婚式にはいていく靴のマナーを理解しよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新郎の友人として、親族の結婚式に、会社の同僚の結婚式にと、色々な立場でお呼ばれすることになる結婚式ですが、意外と知らないメンズの靴の常識についてお話します。
最近は結婚式のスタイルも様々で、フォーマルでかしこまった披露宴から、ガーデンウエディング、レストランウエディングなどのカジュアルな披露宴も増えてきました。それぞれのTPOに合わせたメンズの靴の選び方をご紹介します。

フォーマルな披露宴・結婚式にはいていく靴は「黒」が基本

極めてフォーマルな結婚式にはいていくメンズ靴は、黒の皮靴が基本です。つま先部分に何もデザインがない「プレーントウ」を選ぶと無難です。しかしつま先部分に穴のあいたデザインの「メダリオン」はカジュアルシューズというイメージが強いため、避けた方が良いでしょう。
あわせて靴下も黒のノーマルタイプを選ぶのが基本です。丈の短いスニーカータイプの靴下もやめた方が良いでしょう。大人の男なら、フォーマルな場でスマートに振る舞うことが求められます。
恥をかかない為にも、基本は必ずおさえておきましょう。

色だけでなくデザインも重要!フォーマルなメンズ靴のデザイン

デザインは内羽根式のストレートチップを選びましょう。内羽根式とは、紐を通す羽根と呼ばれる部分が、甲の部分と一体化しているデザインのことです。これに対して外羽根式とは、紐を通す部分が覆いかぶさるようになっているデザインのことです。
ストレートチップとは、つま先部分の縫い目ラインが横一直線のラインになっているデザインのことです。これに対して「Uチップ」は縫い目ラインがU字になっているデザインで、カジュアルな印象が強くなります。

レストランウエディングなどのカジュアルな結婚式にOKなメンズ靴

先程ご紹介したUチップやメダリオンも場合によってはOKですが、新郎の親族の場合には、来賓への礼儀としてフォーマルな靴を選びましょう。レストランウエディングなどのカジュアルな結婚式の場合には、ダークな茶系もおしゃれに見えることでしょう。
また二次会やガーデンウエディングなどのより砕けた印象の結婚式には、柄物の靴下を合わせるなどの遊び心を覗かせても良いでしょう。

結婚式にはNGなメンズ靴の常識

スウェードやクロコダイルなどの動物の毛皮をイメージさせるデザインは、イミテーションでもNGです。殺傷をイメージさせるため縁起が悪く、祝いの場にはふさわしくないとされます。
またつま先の縫い目がWの形になっているデザインのものは、おしゃれでカッコいいのですが、カジュアルなイメージが強くなりますので、場を選んではいていくようにしましょう。

スピーチなどを頼まれた時には

友人代表のスピーチなどを頼まれた時には、遊び心は捨てて、黒の紐付き皮靴のストレートチップにしましょう。また、20代まではおしゃれを重視しても良いですが、30歳を過ぎたら常識を重視した方が、大人の男性の魅力を醸し出すことができます。

結婚式のマナーは、普段良くあるシーンではないので、知らないことも多いことでしょう。しかし大人の男性の魅力をアピールするには、フォーマルな場での身のこなし方をわきまえていることが、最重要ポイントとなります。
また、親族の結婚式や友人代表のスピーチを頼まれた時などは、フォーマルな装いをしていくのがマナーです。年配の人の目につくと、「常識を知らない人ね」と冷ややかな視線を送られることになりますので、大人の男性の常識として、頭に入れておくようにしましょう。
それは恥をかかないことだけでなく、良識のある素敵な女性からの注目を集めることにもつながることでしょう。やはり結婚式は、出会いの場でもありますからね。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ORETTE.jp 編集部

ORETTE.jp 編集部ORETTE.jp編集部

女心を掴みたい男性を応援するメディアです。自分を磨いて、パートナーとの楽しい時間を過ごせるリアルで価値ある情報を提供していきます。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る