働き方と目的で選ぶ最適なトレーニングジムとは568 views

社会人がトレーニングジムを利用して体の鍛錬をする場合、目的を持ってやることが一番ですが、職業によって適しているトレーニングがあり、これをやることでビジネスの場でもよい効果をもたらすことがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トレーニングジムには様々な種類がありますが、働き方と目的に合ったものを選ばなければ投資した費用と時間が無駄になってしまいかねません。しかしながらそもそもトレーニングジムを目的に合わせてどのようなトレーニングを組み合わせるべきなのか分からないという人が多いのではないでしょうか。そこで今回は働き方と目的に合わせた最適なトレーニングジムの選び方を紹介します。

筋力アップがマイナスになる場合がある

できるビジネスマンのほとんどが何かしらのトレーニングをしています。それは著名な経営者だけではありません。仕事ができるビジネスマンはほとんどの場合何かしらの運動習慣を持っているのです。そこで運動が大切だと認識したビジネスマンがまず取り組むのが筋力アップです。トレーニングジムに通って筋力アップを目的にトレーニングに励むのですがこれが実はマイナスになる場合があるのです。なぜならほとんどのビジネスマンが学生時代の身体イメージのままトレーニングしてしまうからです。学生時代から継続的にトレーニングしている人であればそれでも問題ないのですが、ブランクがあるとどうしてもイメージに体がついていきません。それで無理なトレーニングに取り組んでしまい体を故障してしまうケースが少なくないのです。だから学生時代からブランクがってトレーニングを再開する場合はできるだけパーソナルトレーナーがいるトレーニングジムを選びましょう。そしてパーソナルトレーナーに自分の働き方と目的を伝えて指導してもらうことが大切です。トレーニング機器は正しいフォームをしっかりと習うことでケガのリスクを回避できるのです。

営業担当はインナーマッスルを鍛えよう

営業担当者として取引先や社内で折衝する機会が多い働き方をしている場合は、それに合わせたトレーニングジムを選ばなければなりません。では営業担当者にとって最も必要なトレーニングはどのようなものなのでしょうか。それはインナーマッスルを鍛えることです。インナーマッスルを鍛えることで発声が良くなるのです。実は営業担当者にとって最も必要なものは商品知識や業界知識ではなく声です。商品知識や業界のルールは長く同じ職場で働いていれば身に付くものですが、発声はトレーニングしなければ身に着けられるものではありません。だから営業担当としてスキルアップを目的にトレーニングするのであれば、インナーマッスルを鍛える為のエクササイズなどを提供しているトレーニングジムを選ぶべきなのです。

クリエイターは有酸素運動を中心に取り組もう

デザイナーや企画職などクリエイティビティが求められる働き方をしている場合は、有酸素運動の設備が整ったトレーニングジムを選びましょう。何故ならマラソンなどの有酸素運動は体力がつくだけでなく、その運動中にアイディアが浮かんでくることが多いからです。通常トレーニングジムに通うことは体力アップや筋力アップが主な目的ですが、そこで何かアイディアが生まれる可能性も信じるのです。

まとめ

ここまで働き方と目的で選ぶ最適なトレーニングジムについて紹介しましたがいかがでしたか。トレーニングジムは明確な目的意識を持って選択すればただの体力アップや筋力アップ以上の効果を得られる可能性があるのです。どんな働き方をしていたとしても、病気になることはリスクでしかないですよね。トレーニングジムで普段から運動することは、筋肉だけでなく腸や肺などの内臓器官を強くすることにもつながり結果として病気予防にもなるのです。しかしながらトレーニングジムはただ通うだけでは意味がありません。目的意識を持ち、そこで効果的なトレーニングメニューに取り組むことが大切なのです。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ORETTE.jp 編集部

ORETTE.jp 編集部ORETTE.jp編集部

女心を掴みたい男性を応援するメディアです。自分を磨いて、パートナーとの楽しい時間を過ごせるリアルで価値ある情報を提供していきます。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る