男の見た目の若さは40まで!味のある男に変わるために1,013 views

見た目の若さでカッコイイと言われるのは30代まで。40代になると、年齢に見合った見た目と中身のカッコよさがあって初めてカッコイイおやじと言われます。そのためには30代のうちに色々と気を遣っておくべきことがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性だけでなく男性でも若く見られたいと思っている人は多いことでしょう。ではどうしたら見た目が若いと思われるのでしょうか。そのポイントをご紹介しましょう。また40歳を過ぎたら、味のある男を目指す方がイイ男になれる確率は高くなります。若さばかりを追究するのではなく、若々しく味のある男を目指しましょう。

男の見た目が若い理由

適度な筋肉とスタイルを維持している

男の見た目が若い理由は、適度な筋肉とスタイルを維持していることです。若い頃のままというわけにはいかなくても、均整のとれた体型は若々しく見えます。そして健康的なイメージもありますよね。適度な運動で筋肉を維持することが、ダイエットや病気予防にもつながります。

好奇心旺盛で心が若い

男の見た目が若い理由は、好奇心旺盛で心が若いことです。いろいろなことに興味を持ち、果敢にチャレンジしていく精神が若々しさを生み出すのです。それは内面からにじみ出てくる魅力となり、自信にみちあふれた大人の魅力にもなります。若い世代とも話題に事欠くことはないでしょう。

肌がキレイ

男の見た目が若い理由は、肌がキレイなことです。体が健康だと、肌も必然的にキレイになります。それは明るい印象となり、周りを惹きつけることができます。人間関係が広がると、人生に奥行きが出てきます。楽しみも増えますし、女性にもモテるでしょう。

姿勢が良い

男の見た目が若い理由は、姿勢が良いことです。姿勢が良いと堂々としていて、自信にみちあふれているように見えます。そして姿勢が良いと男の魅力が3割増しくらいになるでしょう。女性も同じですが、身のこなしが美しいと、品がある大人の魅力を醸し出すことができるのです。

お洒落や身だしなみに気を遣っている

男の見た目が若い理由は、お洒落や身だしなみに気を遣っていることです。若者とは一味ちがったお洒落もポイントです。落ち着いた雰囲気のシックな装いが良いでしょう。また身だしなみは要チェックです。年齢を重ねると清潔感があるかないかで、真逆の印象を与えます。髪型はスッキリしていて、シャツにシワなどがないように気をつけましょう。

味のある男になる方法

安心して頼れる包容力をつける

味のある男になる方法は、安心して頼れる包容力を身につけることです。「見た目は若いのに、雰囲気は大人」がポイントです。これは間違いなく女性にモテる要素となります。後輩の相談に親身にのってあげたり、仕事の指導も上手にできる男はポイントが高いですよ。女性は意外としっかり見ているものなのです。

気持ちや仕草に余裕を醸し出す

味のある男になる方法は、気持ちや仕草に余裕を醸し出すことです。自分に自信を持つことで、自然と余裕ある行動ができるようになります。いつも仕事に追われて疲れ切っているようでは、気持ちにも仕草にも余裕は感じられないでしょう。仕事を計画的に進めて、仕事に支配されないようにするのです。自分が仕事をこなしているという感覚が大切です。

年相応で自分に似合うファッションを知る

味のある男になる方法は、年相応で自分に似合うファッションを知ることです。いくらお洒落でも、若者のようなファッションでは軽い印象になってしまいます。落ち着きのある大人の男は、自分に似合うファッションを知っているのです。長年培ったセンスで、こだわりポイントを取り入れてみましょう。雑誌などを参考にすると良いですよ。

まとめ

男の見た目が若い理由は、外見と内面の両方からのアプローチが必要です。外見だけ磨いてもアンバランスです。しっかりと内面も併せて改革することが大切です。そのために自信をつけて、心の余裕を持つようにしましょう。また行動やファッションにも気を遣うとグッドですよ。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

【5年以内に作家になるライター】壇条 美智子

【5年以内に作家になるライター】壇条 美智子

学生時代に心理学を専攻し、20代には女優を目指して舞台や映画に出演。その後は美容・健康系の資格を取得し、ライターとして始動。元格闘家の夫の食事管理やマッサージなどの経験を活かして、皆様に有益な情報を提供したいと思っております。

現在は、健康、自己啓発、夫婦関係、成功哲学などの記事を執筆しながら作家を目指しています。

ブログ:http://www.danjyomichi.net/

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る