いつも嫌われてない?嫌われる人の言動と共通点1,499 views

嫌われたくないという思いを持っていても、いつの間にか嫌われてしまっていた…ということも、あるかもしれません。嫌われる人には、それなりに共通するところがあります。嫌われる人の共通点について、お伝えしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

嫌われたくないという思いを持っていても、いつの間にか嫌われてしまっていた…ということも、あるかもしれません。嫌われる人には、それなりに共通するところがあります。嫌われる人の共通点について、お伝えしていきましょう。

自慢話が多く上から目線の態度を取る

自慢話は少しなら良いのですが、話のたびに自慢話をしてくるという人は、嫌われる確率が高いです。人の自慢話を聞きたいと思う人は、あまりいないのではないでしょうか。例えば尊敬する人の話を聞きたいとしても、それがいつも自慢話ということになると、聞いていても、疲れてくるのが本音だと思います。
そして更には上から目線の態度を取るような人もいます。いわゆるドヤ顔で話をしてくるような人を見ていると、出来ればこの人とはもう話したくない!と人は思うのではないでしょうか。
自分は自分なりに武勇伝として聞かせたいだけかもしれませんが、相手は迷惑だと思っていることもあるのです。その辺りは気を付けて接した方が良いと言えるでしょう。

自分を主張してくる人

自分は正しいということを主張するような言動をあまりに取ると、人から嫌われやすくなります。ある程度の謙虚さが必要なのです。どうしてもう少し謙虚になれないのだろう…と見ていて思うような相手が、あなたの周りもいるのではないでしょうか。
自分を主張してくる人は、本当は自分に自信が無いことが多いのです。だからこそ自分は正しい!と主張をしないと、怖くて仕方が無いということがあります。本当は繊細な神経の持ち主の場合もあるでしょう。
人から「すごいですね!」とか「さすが○○さん!」と言われることにより、やっと自信を持つことが出来るような人もいます。嫌われたくて嫌われているわけではない人もいますので、その辺りは周りも理解してあげたいところですね。

人の話を聞かない

人が話をしていても、いつも遮ってくるようなタイプの人もいます。例えばこちらとしては、きちんと自分の話として話したいのに、途中で遮られると嫌な気持ちになります。どうしてここで遮ってくるの?と思うかもしれません。
そして遮られるのを分かっていながら話すのも、結構辛いことなのです。そのため自然にそういう人とは話したくなくなるようになります。逆に、好かれるのは聞き上手な人ということになります。
嫌われる人の逆をいけば、自然に好かれる人になれると思っても良いかもしれません。

自分の話を盛ることが多い

本当はそんなことは起きていないのに、話を盛るタイプの人は、それが盛っていることがバレる場合が多いです。周りを楽しませようとして盛っているだけなら、まだ周りも「またあいつが面白いこと言ってる」というように、楽しんでくれるかもしれません。
でもただ、人気者になりたくて、目立ちたくて話を盛るようなことであれば、それは周りの人から嫌われることになるのです。
話を盛るのは、ほどほどにして誠実な態度で人と接した方が賢明でしょう。

嫌われたくて嫌われてしまうという人は、あまりいないでしょう。でもつい嫌われる言動をしてしまっている人は多いのです。そうならないように、謙虚さを見せたり人を大切にすることを意識すると、良いかもしれません。

また、もしあなたに彼女がなかなかできないのであれば「彼女ができない原因とイケメンでなくてもモテる男の特徴」もあわせて読んでみてください。
彼女ができなかった原因がわかって、今までの人生が大きく変わるきっかけになるかもしれません。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

香月 みほ

香月 みほ

B型の好奇心旺盛なライターです。
恋愛や男女の心理についての文章を書くことが好きです。
日々様々なことを吸収しながら、お役に立てる情報をお届けしていきたいと思っています。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る