酔った女性のスマートな介抱とは?そして次のステップのためには?3,200 views

飲み会で酔っ払ってしまったじょせいを介抱するのって、ピンチであると同時にチャンスでもありますよね。 ここで一歩踏み外してしまうか、チャンスを棒に振るか、それともこのチャンスをモノに出来るか。なかなか腕を試される事案です。

出典:http://www.shutterstock.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲み会で酔っ払ってしまったじょせいを介抱するのって、ピンチであると同時にチャンスでもありますよね。

ここで一歩踏み外してしまうか、チャンスを棒に振るか、それともこのチャンスをモノに出来るか。なかなか腕を試される事案です。

男同士の介抱と違い、放っておくというわけにもいかず、かと言って介抱しすぎるとセクハラにもなりかねないこの件について、「どうすればいいの?」と慌ててしまう場合もあるのではないでしょうか?

今回は、そのような酔った女性の正しい介抱の仕方、ということで、このピンチをチャンスに繋げる術をご紹介したいと思います。

1、介抱するとは…?

出典:http://www.shutterstock.com/

出典:http://www.shutterstock.com/

世の中には「そもそも介抱とかしたことないし、病人とか見たら関わりたくないから一目散に逃げる」という人がいます。

それでも、「この場では自分がどうしても介抱しなければならない場面」というのは、生きているうち何度か遭遇するかと思います。

介抱するとは具体的にどうしたらいいか、と言えば、まず“相手の様子を観察”します。酔っぱらいでも病人でも同じですが、本人は自分のことを自分でできない状態です。

トイレに行きたかったら連れて行ってあげる。立てなかったらサポートしてあげる。吐きそうだったら袋を口元に当てて背中をさすってあげる。これらは、本人ができないことの介助です。

それ以上のサービスは不要です。本人が望む方向へ、手助けしてあげるだけです。そのため、女性が酔って家に帰りたがっているなら、帰宅の手助けをします。

具合悪そうにしていたら、落ち着くまでそばにいてあげます。下心があってもなくてもいいですが、もし彼女に嫌われたくないのなら、余計なことはしないことです。

2、アピールしない

男性の中には、仕事の癖で、自分の成果をアピールしたがる人もいるでしょう。「俺が介抱してあげたんだよ!」という姿勢は、“感謝の強要”です。

また、しつこく「こないだ大丈夫だった?」みたいに聞くのも、アピールになってしまいます。

イケメンは、女性の方から「この間はありがとうございました」と言われるまで、何も語りませんし、誰にもそのことは話しません。

酔いつぶれた、なんて女性にしてみれば恥ずかしいことですし、酔った勢いで何かを言ったかもしれないなんて、彼女は引け目に感じるでしょう。

もし「ありがとうございました」と言われたら、「気にしないで。次俺が酔ったときは、介抱してね」と、さらっと流しておくと、男前度が上がります。

3、介抱上手になるために

女性が思わず「キュン!」としてしまう、男性の介抱というのがあります。それは、迷惑そうな顔をしないで、いかにも「介抱慣れしてます」みたいな姿勢です。

介抱される方は、誰だって「申し訳ない!ごめんなさい!」と思いますが、介抱してくれる人が慣れた手つきであれば、安心して任せられると思うからです。

「俺慣れてるから大丈夫だよ」とか「気にしなくていいよ、いつもやってることだし」と、相手を安心させられるのは、初心者ではありません。

相手が女性でなくても、積極的に介抱しようとする人であれば、それだけで素敵に見えますし、介抱されている人だけでなく、周りの女性も「キュン!」としてしまうかもしれません。

練習のつもりで、酔いつぶれた男友達の介抱をするなどして、日頃から人助けに積極的になり、チャンスの母数を増やしましょう。

4、女性の扱い方

それでも、“女性の介抱”となると難しいと感じる人はいると思います。「触っていいのかな」とか「変に思われないかな?」と感じます。

しかし、これはあくまで“女性の介抱”ではなく、“酔っぱらいの介抱”と割り切ってしまいましょう。

お医者さんだって、意識してしまえば医療処置できなくなってしまいます。相手は、あくまで“酔っ払い”であって、性別は無視することです。

逆に、「女性だし、どうしよう」という手つきでは、相手に不安が伝わってしまいます。どうしても触らなければならないときは「ちょっとごめんね」と言いながら、素早く、モノのように処理するようにしましょう。

ここでスマートな対応ができれば、チャンスともなりますし、男としてのチャンスとはならなくても、人から感謝されるという意味では、人間のスキルがアップしますから、損はありません。

是非、積極的に介抱できる男になりましょう。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る