女性が嫌いな「ダメ男」、女性が好きな「ダメ男」とは?1,634 views

「ダメ男」でも女性に嫌われてしまう「ダメ男」と好かれる「ダメ男」が存在します。どちらも端から見れば頼りない、「アイツ大丈夫か!?」と思うような男なのですが、女性にとっては頼りないという点が好き嫌いの分かれ目ではないようです。

出典:http://www.shutterstock.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性にとってのダメ男には種類があるのです。女性にとって好きなダメ男もいれば、嫌い!と思うダメ男もいます。これは女性心理が大きく関係しているので、とても不思議ですよね。

ではどのようなダメ男の種類があるのかについて、お伝えしていきましょう。

自慢ばかりするダメ男

出典:http://www.shutterstock.com/

出典:http://www.shutterstock.com/

自分の自慢ばかりをするのは、正直ダメ男の場合が多いでしょう。そしてこういう男性は、女性から見て嫌い!と思われることが多いのです。ダメ男だからこそ自慢をしてくると思われることが多いでしょう。

実際に自信がある程度あれば、自慢ばかりするようなことは無いでしょう。でも自分に自信が無いからこそ自慢をするのです。自慢の仕方にもよるかもしれませんが、明らかに自慢し過ぎと思うような男に対しては、女性は嫌いなダメ男と認定をしてしまうものなのです。

周りが見えていないダメ男

全体の空気が読めず気配りが出来ないダメ男は、女性から見ると嫌いなダメ男になります。周りが見えていないことにより、とても自分勝手で自己中に見えるものなのです。空気が読めないなんて最低…と思うこともあるでしょう。

周りが見えている男性なら絶対にしないようなことをしてしまう。そういうダメ男も中にはいます。でもそれを可愛いと思えないのは、その男性が人のことを考えていないからでしょう。

人のことを考えたうえでの行動で、結果として周りが見えていないような行為をするのなら、それは好きなダメ男に昇格する可能性もあるのです。

口下手なダメ男

口下手な男性は、決して女性から見て嫌なだけのものではありません。口下手でも一生懸命に気持ちを伝えようとするダメ男なら、それは女性から見て好きなダメ男でしょう。そしてこういう男性に対してなら、私がフォローをしよう!と思うことも。

そして口下手なところが可愛くて魅力的と思うこともあるのです。ペラペラと適当な褒め言葉を言う男性よりもずっと信頼が出来るから好きと思うこともあるでしょう。そのため、口下手な男性は、無理に褒めようと頑張らずに自分らしさを大切にすれば良いのです。

そういう男性に合う女性が必ずいますので、そこでフォローをしてもらい、付き合うことも可能になるでしょう。でも聞き上手を意識することは必要なことかもしれません。口下手でもいいから聞き上手ではいてほしいと、女性としては思うのです。

それが出来れば、ダメ男とはもう言われないかもしれません。そしてこういう男性なら好きと女性から思われることが多いのです。

お人好しなダメ男

つい自分のことよりも人のことを考え過ぎて損をしてしまうようなダメ男もいます。自分では「俺ってなんでこんなにダメ男なんだろう…」と思うこともあるでしょう。でも女性から見ると、これは好きなダメ男になるのです。

人に対しての思いやりを持っているということが、とても重要なことになります。そこで少し要領が悪いだけなのです。要領がかなり良くてずる賢い男性よりも、要領が悪くて損をしてしまうような男性の方が、女性は母性本能をくすぐられることが多いでしょう。

そしてこういう男性のそばにいて、出来るだけサポートをしてあげたい!と思うものなのです。こういう女性は案外多いですから、自分がお人好しでダメ男と思っても、無理に変わろうとする必要はないでしょう。

まとめ

ダメ男と一言で言っても、女性にとって嫌いな場合と好きな場合があるのです。もちろんそれぞれの女性の好みにもよるでしょう。でも自分にとって落ち込むようなことがあるぐらいダメ男だ…と思っても、それが魅力になることもあるでしょう。

逆に、自分ではこれで完璧!と思っていてダメ男だなんて思ってもいない人がダメ男の場合もあるのです。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

香月 みほ

香月 みほ

B型の好奇心旺盛なライターです。
恋愛や男女の心理についての文章を書くことが好きです。
日々様々なことを吸収しながら、お役に立てる情報をお届けしていきたいと思っています。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る