狭小アパート・マンションでもモテ部屋!オシャレな部屋のコツ475 views

狭小アパート・マンションでもレイアウトやインテリア次第でオシャレな部屋になります。オシャレな部屋でその人の趣味や生活が見えてくるので、キレイにしてあれば女性の印象も急上昇!かもしれないですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

狭小アパートやマンションでも、オシャレで広く見せるテクニックをご紹介します。インテリアに使う色や家具の配置、小物づかいなどで狭小マンションがオシャレに変身します。ちょっとしたアイデアや使い方で、モテ部屋に大変身させるコツを教えちゃいます。

ダーク系よりもホワイト系で統一する

狭小のマンションをオシャレで広く見せるには、部屋全体をダーク系よりもホワイト系で統一することです。賃貸だと壁紙はなかなか変えることができませんが、壁紙、床、家具、布団に至るまで、すべてをホワイト系で統一するのです。
黒などのダーク系だと、圧迫感があって部屋が狭く感じます。でもホワイト系は膨張色ですので、広く感じるのです。どうせなら家具やファブリックまですべてホワイト系にすることで、清潔感のあるモテ部屋になります。

家具の高さを低くする

家具を新調するなら、なるべく高さの低い家具を選びましょう。狭小マンションをオシャレで広く見せるには、なるべく空間の上の方を空けることです。そうすることで空間が広く見えるのです。上の方まで棚などがあると、圧迫感を感じることでしょう。

床はなるべく面積を埋めない

狭小マンションをオシャレで広く見せるには、床面積をなるべく広く空けることです。つまり床に物を置かないことが大切です。日本人は比較的イスよりも床で生活することが多いため、つい床に物を置きがちですよね。
でも床にこまごまとした物を置かないだけで、ずい分と部屋がスッキリするんですよ。雑誌や小物や洋服など、つい床に置きそうになるのをやめるだけで、あなたの部屋が見違えるように変身します。

壁に○○○を掛けると目の錯覚で広く見える

狭小マンションをオシャレで広く見せるには、壁にある物を掛けると良いでしょう。それは鏡です。大きな鏡を床置きしても良いですね。狭小マンションを広く見せるコツは、そこが壁だと認識させないことです。
また鏡があることで、壁の向こうまで空間があるように錯覚します。その目の錯覚を利用して、部屋を広く見せることができるでしょう。なるべく大きめの鏡が効果的です。

小物の飾り方で部屋は広く見える

狭小マンションをオシャレで広く見せるには、小物の飾り方でずい分と変わります。部屋に入ってきた時に広く見えた方が良いのか、部屋から玄関を見た時に広く見えた方が良いのかでやり方が変わります。
壁に小物を飾るのですが、その大きさを順番に小さくしていくのです。広く見せたい方向に向かって、段々と小さい物に変えていきましょう。遠近法によって、部屋の奥行きが遠く見えるのです。

収納棚を最大限に工夫する

狭小マンションをオシャレで広く見せるには、収納を工夫することが大切です。壁面を使ってシェルフを置くのも良いでしょう。奥行きの厚みがある棚を置くと圧迫感がありますし、収納量があまりとれません。
でも壁一面にシェルフを置けば、収納量を多くとれます。部屋の中もスッキリとして、広くてオシャレに見えます。また収納棚で部屋を仕切ってみたり、ボックス棚に板をのせてデスクをつくるのも良いでしょう。押入れの扉を外して、見せる収納棚にする方法も斬新です。

まとめ

狭小マンションをオシャレで広く見せるには、あなたのアイデアを最大限に活用することが大切です。家具を壁際に寄せて置くとか、真ん中のテーブルを思い切って失くしてしまうのも1つの方法です。
家具を置く場所に偏りをもたせて、何も置かない空間をつくることで、部屋を広く見せる方法もあります。上に吊るす収納を考えてみたり、高い位置に棚を設置することで、床面積を広く空けることもできます。考えるだけで楽しいですし、あなたのセンスでいろいろ試してみてくださいね。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

【5年以内に作家になるライター】壇条 美智子

【5年以内に作家になるライター】壇条 美智子

学生時代に心理学を専攻し、20代には女優を目指して舞台や映画に出演。その後は美容・健康系の資格を取得し、ライターとして始動。元格闘家の夫の食事管理やマッサージなどの経験を活かして、皆様に有益な情報を提供したいと思っております。

現在は、健康、自己啓発、夫婦関係、成功哲学などの記事を執筆しながら作家を目指しています。

ブログ:http://www.danjyomichi.net/

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る