彼女ができない原因は顔なのか?ブサメンの方がモテる確率が高い530 views

俺はどうせブサイクだからモテない・・・と思っている人、結構いますよね?人それぞれ自分の外見にコンプレックスはあるもの。タイプだってあります。しかしモテない理由は本当に顔なのでしょうか?自信の無さが表に出過ぎたりしていませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俺はどうせブサメンだからモテない。と、諦めている男子は多いようですが、モテない原因は本当に「ブサメンだから」なのでしょうか。

そりゃあ確かに、イケメンとブサメンが並ぶと、当然イケメンの方に女が群がります。それを見て、「くそー!俺もイケメンに生まれていれば!」と生まれた宿命を呪ったことも、一度や二度ではないはず。

ところが、どうやら「彼女ができない原因」という点から見ると、イケメンかブサメンか、というのは、あまり関係ないようで、イケメンなのに彼女を作ることができない男の多いこと多いこと。

ということで、今回は「彼女ができない原因」と「ブサメンの方が彼女ができる確率が高い」についてご紹介していきたいと思います。

彼女ができない本当の理由

「あなたは、なぜモテないんですか?」と質問されたら、どう答えますか?多くの人は自分のコンプレックスを引っ張り出してきます。

ブサメンだから。身長が低いから。収入が低いから。コミュ障だから。それらは、もしかしたらただの言い訳かもしれません。

なぜ彼女ができないのか…多くの場合、答えはひとつです。「彼女を作ろうとしないから」です。いやいや、頑張って作ろうとしてるよ!?と思われるかもしれませんが、だとしたら方法を間違えています。

セックスしたいだけなのか、きちんと恋愛したいのか、目的にもよりますが、たくさん魚が入った水槽を眺めながら、「どれか俺の釣り針に食いついてくんねえかな」と待っているのではないでしょうか?

原因を知ることが大事

彼女ができない原因を知れば、問題を解決することができます。ということで、私のもとにも相談に訪れる男性がいますが、だいたい彼らは「真実は知りたくない、解決策だけくれ」と要求してきます。

そんな虫のいい話はないのですが、ようは彼らは“現実を見たくない”のです。しかし、あえて今回はその現実に焦点を当てたいと思います。

彼らに自分の話をしてもらうと、共通点が見えてきます。それは簡単に言うと「それって本当に彼女がほしいの?」ということです。

ちやほやして欲しい。甘やかして欲しい。癒して欲しい。料理を作って待っていてほしい。セックスさせてほしい。褒めて欲しい。一緒に自分の好きな場所をめぐりたい。記念日などを祝ってほしい。

…でも、面倒なことは言わないで欲しい。拘束されたくない。都合のいいときは会いたいけど、そうじゃないときはほっといてほしい。彼女の趣味に付き合うのは面倒。変な時間に電話されると迷惑。セックスに至るまでの過程が面倒。

つまり、それは「彼女がほしい」のではなく「自分にとって都合のいい女がほしい」ですよね?彼女がほしい、と言いながら、存在しない夢を探している。当然、見つかるわけがありません。

というわけで、ほとんどの場合「そんな女いないから恋愛とか諦めろ」という結論に至ります。ゲームで恋愛しながら風俗で性処理している方が、よほど効率的です。

人を好きになれない

また、受身の男性が多いというのも大きな原因。私の独自の調べによると、世の中の90%がフツメンかブサメンなのですが、とくに若い男性は「黙っててもモテないかな」と棚ぼたを期待してアクションを起こさないことが多いです。

自分から人を好きになることはあまりなく、人から好かれるのを待っている。かと言って何か特別な強みがあるでもなく、リスクを背負うのが怖い。そもそもそんなに人を好きになることがない。当然、そのままでは一生モテませんし、彼女もできません。

恋愛は顔でするもんじゃない

モテるかどうか、という点から言えば、顔は重要かもしれません。第一印象は顔で決まります。しかし、継続的に恋愛していくことを考えると、顔は二の次です。

男性の立場から考えても、もし一緒に生活する、と考えた場合、「性格の悪い美人」と「性格の良いブス」だったら、後者を選ぶでしょう。

女性が恋愛相手に求めているもの

男性はなにをさておき「女は美人がいい」と思うかもしれません。吐き気のするくらいのブスは、女には見えないからです。しかし、女性はちょっと違います。

女性はそもそも生まれつき“女としての本能”を持っているのですが、それに従えば、たとえ結婚しないにしろ「安心できる男、信頼できる男、生活力のある男」を選択するようにプログラムされています。

つまり、モデル体型のイケメンは確かにモテますが、恋愛対象にはならず、ブサメンでも“無人島でひとりでサバイバルできそうな男”の方を選ぶ傾向があります。

女は「キャー!かっこいいー!」と騒ぎますが、だからと言って「その人と付き合うとなると、別の話」と割り切っているようです。

つまり「俺がモテない原因は顔だ」なんて言っている人は、顔も原因かもしれませんが、女性を守る包容力や生活力、強さたくましさ、生命力などが総合的に足りない、というのが本当の原因かもしれません。

ブサメンの方がみんなに好かれる確率が高い?

さて、冒頭でも書きましたが、「ブサメンの方がモテる確率が高い」について。これは本当の話です。ただ、これを実現させるには「俺は本当にブサメンなんだ」と自覚する必要があります。是非、鏡で自分の顔を見てから読んでください。

…見ましたか?自覚しましたか?はい。ではご紹介します。「ゲインロス効果」というのをご存知ですか。一定したポジティブな情報より、低→高の情報を受け取った方が好印象を受ける、という効果です。

ブサメンはゲインロス効果を利用せよ

ずっと100点ばかりの秀才が、あるとき90点を出すとみんながっかりします。しかし、今まで0点ばかりだった奴が、突然40点を叩き出すと、みんな褒めたたえます。「なんだ!お前やればできるじゃないか!」

なんとも不公平なことですが、“普段できない奴”がちょっと頑張ると、周囲に好印象を与える…これがゲインロス効果です。

これをブサメンが活用すると、たとえば「イケメン=仕事できそう」ですが、できない場合もありますよね。ブサメンはそもそも最初のハードルが低いので、周囲から期待されていません。

つまり、ブサメンだからこそ「女性に優しくする、レディーファースト、紳士、気遣いができる、努力家」などの面を見せていくと、「あ、この人ブサメンだけど中身はいい人なんだ!」という好印象を与えることができます。

モテる確率を上げるメンタルの矯正

ここで注意なのは「なんだ、やっぱり中身もブサメンじゃねーか」と思われないようにすること。とは言え、本当にブサメンの人は身も心もブサイクなので、そういう意味ではメンタルの矯正が必要。

「どうせ俺なんか」とか「いいよなイケメンは」みたいな妬み嫉みを一切捨て、「あわよくばヤラせてくんねえかな」などの煩悩を捨て、きれいな気持ちを持って人に接することが大事。

陰気なブサメンは話になりませんが、明るくてニコニコ笑っているブサメンだと、人は心を許します。老若男女に好かれてこそ本当の「モテ」ですから、メンタルの部分から「モテないブサメン」を「みんなに好かれるブサメン」に矯正していきましょう。

それによってモテる確率も上がりますし、同時に彼女ができる確率も上がります。みんなから「あの人はしっかりしてて良い人だよね」と思われる誠実な人でありましょう。

顔のせいにするな!

ざっと世の中を見渡してみても、結婚している夫婦を見て、どっちもブサイクということはよくあることです(大変失礼な言い方ですが)。

ブサメンだって彼女を作って、結婚もしているのです。逆に、彼女ができない結婚できないイケメンもいます。モテることや、彼女ができることに関して「外見に比重を置く」というのは安易な考えです。

私個人の見解では、彼女ができないと嘆いている男性のほとんどは、「心の方がブサイク」です。こういう人ほど、セックスで女をイカす方法だとか、男の色気をアップさせる方法だとかを研究しています。

そして「俺だってイケメンに生まれていれば…」と言います。いやいや、お前なんかイケメンに生まれていたって無理だよ!過去何があったか知りませんが、モテない理由を顔のせいにしているうちは半人前。

職場の上司や、後輩。近所のおばちゃん。男友達。みんなから「あいついいやつだよな」と思われるブサメンになってください。そこからがスタートです。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る