女性に引かれない、カッコ良さを感じられる話し方を知る1,525 views

カッコ良い話し方をしたいけれど、これによって女性に引かれたくない…と思うため、話し方に気を使い過ぎてしまう男性は結構多いのです。でも女性に引かれることのない、カッコ良さを感じる話し方を出来るコツがあるのです。それはどういうものなのでしょうか。

女性に引かれない、カッコ良さを感じられる話し方を知る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カッコ良い話し方をしたいけれど、これによって女性に引かれたくない…と思うため、話し方に気を使い過ぎてしまう男性は結構多いのです。でも女性に引かれることのない、カッコ良さを感じる話し方を出来るコツがあるのです。それはどういうものなのでしょうか。

相手の心を理解出来る話し方


出典:http://read.html5.qq.com/

相手の心を知ることにより、話し方が変わってきます。でも相手のことを思いやる気持ちがベースにあることが重要です。その上で相手の心を理解した話し方をするようにしたいですね。
探るようなことはせずに、相手を理解したいという思いを強く持てば、自然に相手のことが見えてくるようになります。でも相手の弱さを知った時には、それに対して配慮をすることが必要です。
その配慮が出来ることにより、女性から見てカッコ良い話し方が出来るようになるのです。話し方だけではなくて、その気遣いから「素敵な人だな…」と思われるようなこともあるでしょう。

寡黙だからこそ光る言葉


出典:http://candypot.jp/

普段寡黙な男性は、それだけでもミステリアスで魅力的と思われることが多いのです。しかもその寡黙さの中に、光る言葉が入ってくると「カッコ良い!」ということになります。ここでこんなに素敵な言葉が言えるなんて!というようなことを言えるような男性なら、引かれることはありません。
でもそのタイミングは結構難しいです。今だからちょうど合うという言葉があるのです。寡黙な人の場合は、人の言動に対して余裕を持って見ていることも多いですから、ここで言ってみようというようにして、タイミング良く言葉を言える場合が多いのです。
あまり普段からしゃべりすぎることにより、結果として肝心な時に肝心な言葉が出てこなくなりますので、それは避けるようにしたいですね。

カッコ良くしようと思わないでいること

カッコ良くいなければ!と思うと、どうしても力が入り過ぎてしまいます。そして必要以上のことを言うことになりかねません。そのようにならないためには、出来るだけカッコ良さは意識しないようにしましょう。
カッコ良い人というのは、元からあまり意識していないことが多いのです。だからこそモテるようなことも多いのかもしれません。自分のカッコ良さを誇示するようなところを見せると、女性からは引かれる確率が高いです。
そのため、カッコ良く話そう、カッコ良い態度で、というように思うことはしないでおいて、自分なりに自然体で話すようにしてみましょう。その中にカッコ良さが見えることもあるのです。
自分らしさを表現出来ること自体が、実はとても素敵なことですから、そういう自分でいるようにしてみると良いですね。

嬉しくなる言葉をくれる人

女性から見て、嬉しくなる言葉をくれる人はとても魅力的です。「でもその女性によって嬉しくなる言葉が違うのでは?」と思う気持ちもあるでしょう。確かに女性によって違うことは多いです。
でも例えば、仕事の仕方について「さすが○○さん!」というような言葉を言うだけでも、女性は嬉しい気持ちになることが出来るのです。たった一言で、この人好きかもと思ってしまうこともあるので、本当に女性の心は不思議です。

女性に引かれることを、あまり恐れることはありません。引かれたとしてもそれも経験の一つと思い、その女性とは合わないというように思えば良いのです。自分が良いと思う接し方や、態度でいることにより、肩の力が抜けて自分らしくいられるでしょう。

また、もしあなたに彼女がなかなかできないのであれば「彼女ができない原因とイケメンでなくてもモテる男の特徴」もあわせて読んでみてください。
彼女ができなかった原因がわかって、今までの人生が大きく変わるきっかけになるかもしれません。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

香月 みほ

香月 みほ

B型の好奇心旺盛なライターです。
恋愛や男女の心理についての文章を書くことが好きです。
日々様々なことを吸収しながら、お役に立てる情報をお届けしていきたいと思っています。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る