pairs

その他

経済的にもメリットは大!・・・だけど30代男女のルームシェアはアリ?

投稿日:2016年8月20日 更新日:


何年か前から多くの若者たちがやっているという「ルームシェア」ですが、30代の男女がルームシェアするのはアリだと思いますか?大型ルームシェアで、3人以上住んでいるのならそれほど問題はないでしょう。でも男女二人だけのルームシェアとなると、理解できない人もいるかもしれませんね。
ではアリな理由とナシな理由をそれぞれ見ていきましょう。

30代男女のルームシェアがアリな理由

仕事が忙しくても部屋がきれい

30代男女のルームシェアがアリな理由は、仕事が忙しくても部屋がきれいに保たれていることです。必ずしもそうとは限りませんが、ルームメイトが共有スペースの掃除をしてくれる可能性があるからです。当番制にすることも多いようですが、仕事の状況では大目に見てもらえるかもしれません。30代くらいは働き盛りで忙しいことも多いので、これは助かりますね。

いつもは無理でも話し相手がいる安心感

30代男女のルームシェアがアリな理由は、いつもは無理だとしても、話し相手がいるという安心感があることです。友達を誘うほどでもない悩みや愚痴があるとき、うまくいけばルームメイトに聞いてもらえるかもしれません。「どうせお酒飲もうと思ってたから、聞いてあげてもいいよ」と言ってくれたら、ルームシェアして良かったと思うことでしょう。

経済的にかなり楽になる

30代男女のルームシェアがアリな理由は、経済的にかなり楽になることです。結婚資金を貯めたい人も、ただ単に節約生活したいだけの人も、ルームシェアは節約生活にうってつけです。とくに大きいのが、光熱費です。光熱費は一人暮らしだとかなり割高になりますが、ルームシェアならトータル料金は上がっても半分にするとかなりお安くなります。
また一人だと腐らせてしまうような野菜も、シェアすれば節約にもなるし、無駄もなくなるそうです。もちろん二人のルールによりますから、食材をシェアするとは限りませんけどね。

30代男女のルームシェアがナシな理由

彼女ができたら不審がられる・部屋に呼べない

30代男女のルームシェアがナシな理由は、彼女ができたら不審がられたり、部屋に呼べないことです。女性とルームシェアしていると聞いた時点で「あり得ない」と思われますから、どんな関係なのか説明する前に別れてしまうかもしれません。
なかなか部屋に呼んでくれないことも不審に思うでしょうから、それをいつまで隠しておけるか微妙なところです。そもそも隠していたとなると、波乱が巻き起こることでしょう。

過ちがないとは言い切れない

30代男女のルームシェアがナシな理由は、過ちがないとは言い切れないからです。男女二人が同じ部屋に住んでいるわけですから、何もないと100%は言い切れないでしょう。異性に興味がない人や、異性を感じさせないような男っぽい女性だとしても微妙です。やはり何かのハプニングで裸を見たら、ちょっとは「おっ?」と思うかもしれませんし、お酒が入ると良い気分になるかもしれません。

彼女を作りづらい・結婚できないかも

30代男女のルームシェアがナシな理由は、彼女を作りづらいし、もしかしたら結婚できないかもしれないことです。男女でルームシェアしている時点で彼女は作りづらいですし、「このままいくと一生独身かも」という不安も募ってくる年代です。しかも男女で暮らしているのですから、根拠のない安心感が邪魔をするのです。
異性として意識していないけど、「このまま一生独身でいいかな、この人がいれば」などと考えてしまうのです。でもそう思っているのは自分だけで、ルームメイトはあっさりと結婚して出ていくかもしれないのです。それを考えると30代男女のルームシェアは、奇妙と言えるでしょう。

まとめ

30代男女のルームシェアは、結論としてはどちらかというとナシに近いかもしれません。でも二人ではなく大型シェアハウスならアリかもしれません。ただ比較的若い世代が多いので、自分だけ浮いているような感覚にはなる可能性がありますね。でもシェアハウスの良いところは身軽でフットワークが軽いところ。すぐに次の場所を求めても良いでしょう。二人でシェアハウスに住んでいると、なかなかそう言うわけにもいきませんけどね。


彼女が欲しいと嘆いているのであれば、「こりゃダメだ…彼女ができない人とイケメンじゃないけどモテる人の違い」を読んでみてください。

女性が男性に対して求めている理由がきっとわかりますよ!これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

あなたにおすすめの他の記事



-その他
-

Copyright© ORETTE.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.