会話のネタになる「プレバト!!才能ランキング」が男女ともに人気!その魅力に迫る!987 views

会話のネタになる「プレバト!!才能ランキング」が男女ともに人気!その魅力に迫る! プレバトをご覧になったことはありますか?テレビ番組を普段あまり見ない人でも録画をして見ているというほど、人気のある番組です。今回はそのプレバトの情報や魅力についてお伝えしていきましょう。

会話のネタになる「プレバト!!才能ランキング」が男女ともに人気!その魅力に迫る!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会話のネタになる「プレバト!!才能ランキング」が男女ともに人気!その魅力に迫る!
プレバトをご覧になったことはありますか?テレビ番組を普段あまり見ない人でも録画をして見ているというほど、人気のある番組です。今回はそのプレバトの情報や魅力についてお伝えしていきましょう。

プレバトの出演者について


出典:http://www.dailymotion.com/

プレバトのコミッショナーがダウンタウンの浜田さんです。そしてアシスタントがMBSアナウンサーの豊崎さんという女性です。ゲストは常連のような人も多いです。よく出演しているのが梅澤富美男さんやケンドーコバヤシ、高橋ひとみさんなどです。
その回によって、ジャニーズが出たり女性モデルが出たりします。ゲストはとても幅が広いので、そこがこの番組の面白いところでもあります。同じようなカラーを持ったゲストばかりではなくて、芸人が出てきたり女優が出てきたりするのです。
出演者はいつも華やかですから、それだけでも毎回楽しみに見ることが出来るのではないでしょうか。




プレバトの見どころは?


出典:https://www.youtube.com

俳句や生け花や料理の盛り付けや陶芸など、多様な物事の才能のあり・なしを判定していきます。事前に8~10人の芸能人が挑戦していて、それを専門家が判定することになります。
成績の良い順に才能アリ、凡人、才能ナシというように判定されることになります。でも実はそれだけに分けるわけではなくて、センスがあまりにも普通ではなくて評価のしようがないと判断された場合は奇人や査定外というようにしてランキングから除外されることもあるのです。
最近ではこれを見ることはあまり無くなりました。そして1位から順に発表をしていくわけではなくて、浜田さんが絶妙のタイミングで順位を決めて「では次は3位!見てみましょう」というように、視聴者が見ていて面白いような順番で発表をしていきます。
これを見ることにより、次は多分この人!というように思ったり、もしかして最下位はこの人では…というように予想を立てることも出来るのです。

なんといっても人気があるのが俳句の先生

毒舌で有名なのが俳句の夏井いつき先生です。この先生の毒舌は「これはちょっと無いでしょう…」というような時にだけのことなので、毎回ゲストに毒舌で批評をするわけではないのです。
でも実際に添削をしてもらって直された俳句は、とても素晴らしいものになっていることがほとんどです。ゲストの詠んだ俳句を、あんなに上手に添削をして素晴らしいものに変えることが出来るのは、ただ俳句のセンスがあるだけでは出来ないことです。
ゲストが詠んだ句の良さを活かすということも、先生はちゃんとしてくれるのです。俳句って奥が深いなぁとか難しいけれど良いものだなぁ…とこの夏井先生の俳句のコーナーを見て思った人も多いのではないでしょうか。
明らかにプレバトの人気コーナーと言えるでしょう。他にも料理の盛り付けの土井先生や、生け花の假屋崎先生のプロのワザもとても見事です。学ぶことがとても多くて充実感を得られる番組と言えるでしょう。

普段忙しくて時間的には生で見ることが出来ないかもしれませんが、一度は録画をしてでも見ていただきたいのが、この「プレバト!!才能ランキング」です。ちょっと浜田さんの司会が激しい気もしますが…それはそれでインパクトがあって良いのではないでしょうか。

また、もしあなたに彼女がなかなかできないのであれば「彼女ができない原因とイケメンでなくてもモテる男の特徴」もあわせて読んでみてください。
彼女ができなかった原因がわかって、今までの人生が大きく変わるきっかけになるかもしれません。




それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

香月 みほ

香月 みほ

B型の好奇心旺盛なライターです。
恋愛や男女の心理についての文章を書くことが好きです。
日々様々なことを吸収しながら、お役に立てる情報をお届けしていきたいと思っています。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る