【連載コラム】女のカラダは30代から♡4,194 views

こんにちは。 そろそろ、人肌が恋しい季節になってきましたね。 寒い日は、アソコがポークビッツくらいに縮こまるって、男性は言いますけど、一度も見せてもらったことがない、ラブコラムニスト・ラヴィンみやです。

30代女性体
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
そろそろ、人肌が恋しい季節になってきましたね。
寒い日は、アソコがポークビッツくらいに縮こまるって、男性は言いますけど、一度も見せてもらったことがない、ラブコラムニスト・ラヴィンみやです。

移り変わる女性のカラダと心

ひとくくりにはできませんが、女性の20代のセックスには、心理的な不安定さや焦りや恐れがからみついています。
「男性に愛されるのかわからない」怖さや「自己憐憫」。
「男性に愛されることが女の価値」という文化的教育を受けてセックスを拒むことができない女性も多数。
また、男性にカラダを求められる数を「自己承認」とみなし、セックスの数をただただ重ねていく女性も。
そんな風に不安定なのが20代女性のセックス。

相手に合わせるセックスばかりしたり、自分をないがしろにすることにセックスをつかったりアダルトビデオで見たままの喘ぎ声をあげてみたり、と対応は人それぞれですが、セックス自体を楽しめていない女性は男性が思うよりも多い。

だけど、男性が見るエッチな画像や動画の中では、ガンガンに突けば若い女性でもみんな喘ぎ、悦びますから「オンナ」はそういうものだと思ってしまうのも無理はありません。
起こる、すれ違い。ガンガン突くと悦ぶと思っている男性と、何も言えない女性。
実は痛い思いをしていて、そんな経験により、セックスが苦痛なものになる女性も多いのです。

濃厚♡30代、40代のセックス

女性のセックスは30代からが本番。
カラダができあがり、20代女性にあった「女はこうでなければいけない」という呪縛が徐々に解けていく年代だからです。
つまり、自分の性的な欲求が明確にわかるようになり、性的な欲求にイエス!と言えるようになりそれを目の前の男性に言えるようになる。
セックスを自分のものとして楽しんでいくことを覚えていく年代になります。

「自分を愛すること」もできるようになれば、鬼に金棒。
充実のセックスライフを味わえるようになるのです。
濃厚で貪欲で天に昇るようなセックスを楽しめるようになる。
30代よりも40代になると、より濃厚なセックスを楽しめるようになる。その官能的な姿に、未知なる女性像を見るでしょう。

セックスレスの原因にも??

だからここで、差異がうまれます。
男性にとっては、20代も30代も40代も同じ。
だけど受け入れる側の女性の心もカラダもちがうもの。
より悦びを感じていけるのが30代過ぎからのセックスなのです。

女性がセックスレスになる理由に「ワンパターンでつまらないから」というのがあるそうで私が女性からの相談を受けても、旦那さん以外とのセックスで目覚めた、という方が圧倒的に多く(ここは心理的なものも深く関わっています)「妻がセックスにあまり興味がないのです」という方にも今一度、自分のセックスについて振り返ってみて欲しい。

「ワンパターンでつまらない」なら男も女も一緒になっておもしろいセックス作ったらいいんですけどね。
言ったけど伝わらない、変わらない、という女性の声も多数。
相手の気持ち、聞けているようで聞けていなくて、コミュニケーションが滞っているのかもしれません。

20代の女性と、30代以降の女性では大きく異なること、伝わったでしょうか。
男性も女性も、恥ずかしいとかプライドとか一端、横に置いてどれだけ二人でより気持ちよくてしあわせでたまらないセックスを作るか、取り組んでみるといいかもしれません。

なんせ、質のいいセックスは男をたたせるし女性を潤わせ優しくしますから♡

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ラヴィン みや

ラヴィン みや

1日で97000PVを集める人気の性愛コラム、「東京ラブコラム」を執筆するラブコラムニスト。
女性の性や生を表現する水彩画家でもあり、30年に渡り、絵や文章で自分を表現し続けている。女性が、自分らしい女らしさに目覚めて 幸せにキモチよく生きていくことは 男性にとっても歓び。女として生きること、そして セックスが 女性と男性をつなぐものであり 心と体を満たすものであるように日本のセックスが悦びだらけになりますように。

【活動履歴】
◆日刊ゲンダイ「私のヰタ・セクスアリス」掲載
◆東京ときめきアカデミー恋愛セックス担当講師
◆「Rebirthing〜Love My Vagina」を花と絵のコラボ展として、代官山のUPSTAIRS GALLERYにて開催
◆個展「密やかな戯れ」を東京雑司ヶ谷のBar Tsujiyaにて開催
◆「聖なる性の性教育講座」のためのイラストを提供。
◆女性向けセクシャルセミナー「女神のたしなみセクシャル講座」開催
◆女性向け恋愛セミナー「女神のたしなみラブ講座」開催
◆女性向けセミナー「魅たされ女子のつくり方」コラボ開催

カウンセラー メンタルケア心理士 恋愛/セクシャル講座講師 インナーチャイルドワーク アートWS講師

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る