日本人の男性の後ろ姿は?1,180 views

「カチカチッ」 パソコンを使ってのお仕事が増えている 今の世の中。 1日の中でパソコンを使う時間が多い方に出る症状が猫背です。日本人に多いです。 そんな方が増え続けている現代。そこで私は背中のトレーニングをお勧めしております。 背中のトレーニングを2回やっただけで、猫背が治ります。

日本人の後ろ姿
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「カチカチッ」

パソコンを使ってのお仕事が増えている 今の世の中。
1日の中でパソコンを使う時間が多い方に出る症状が猫背です。日本人に多いです。

猫背の方が本来なら身長170cmあるとします。周りからみたら10cmも小さく見えます。
そしてヨワヨワしくも見えます。
肩こりも出てきます。

猫背になると、体が自然にパソコンなどの 画面に近づき、いつの間にか画面との距離が握りこぶし2個分まで近ずいているかもしれません。

視力も低下します。
そして、目が疲れ、仕事が進まなくなります。
そんな方が増え続けている現代。そこで私は背中のトレーニングをお勧めしております。

いい人で効果は4日で出ます。

背中のトレーニングを2回やっただけで、猫背が治ります。

集中的に背中のトレーニングをしただけです。

「え、嘘でしょ。」

「だまされない!」

っていう方もいるかも しれません。

私のクライアントさんは4日で治りました。
自分では気づかなかったそうです。

周りの方に

「あれ。姿勢良くなった?」

と言われたそうです。これは自信にもつながります!
やればやるほど良くなり、猫背改善の 為だけにやっていたつもりが、いつの間にか逆三角形に!!

ありえます。

トレーニング自体もマシンを使ったり、ダンベルを使ったりして負荷をかけていきます。

そしてそこで一番大切なことが一つ一つのフォームです。
私は必ず胸を張ってくださいと言います。
何回も言います。
そのおかげで、日頃生活にいい影響が現れ、猫背になってると自分で気づくたんびに胸を張って姿勢を調整する癖がつきます。
そして、胸を張る癖がつき猫背は改善されます。
と同時にトレーニングで筋力もUPし、肩の骨や肩甲骨が筋肉で引っ張られ自然のコルセットとなるのです。

猫背矯正バンドなどはいりません。

筋肉で100%改善できます。

男性もですが、女性も巻き肩が多いです。肩が内側に行き、背中が丸まっている状態。
それも背中のトレーニングで改善できます。
猫背を治しただけで、まずは見違えるほどの 人になります。

本当です。

身長も高く見えます。

普段より高く見えます。

猫背が気になる方は是非トレーニング で改善しましょう。
ゴムチューブなどをつかい、負荷をかけたりできます。
家でも鍛えることは可能です。

最後に

【癖】を治す方法は【癖】

癖は癖で治ります。

いい癖、悪い癖。いい癖をつければいいのです。是非試してみてください。

TRAIN ONESELF公式メルマガ始めました! もっと詳しく肉体改造の仕方、筋トレの方法、 私の食生活などを配信しております。
興味のある方はこちらより登録できます。
→ http://nomadiater-style.jp/url/lnk/train-oneself/

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

儀保幸哉

儀保幸哉パーソナルトレーナー

儀保幸哉 沖縄県出身 1994年9月生まれ(20歳)

《「諦めない」「継続」「正しい情報」「健康」「男女の美ボディ」「食事」》

自分の体格が醜いと思っている方は、世界中にたくさんいると思います。
男性も女性も。

男性なら厚い胸板、広い背中、バキバキの腹筋、シルエットのある腕、がっちりとした脚。

女性なら、美しいボディライン、美尻、美脚、クールな腹筋、正しい姿勢、カッコイイ体。

男女それぞれの目標としている理想なボディを、パーソナルトレーニングと僕のブランドで、必ずや手に入れて欲しい。そのためにお客様に全身全霊をかけてサポートします!

その手に入れたボディで素晴らしい人生を送ってほしい!
カッコよく、健康的であってほしいです!

それをふまえて決して曲げれない夢

「世界No1シェアを誇るプロテインブランドを作ること!」
質もよく、コスパもよく、肉体改造、健康維持、老若男女に貢献できるブランド。

「世界のフィットネス界で有名なトレーナーになる!」
正しいトレーニング、ストイックに、お客様が最高の体を手に入れるまで完全サポートします。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る