「いい人」から「あの人の種が欲しい!」と言われる男になる方法3,472 views

巷の女性たちのあいだで流行った「おフェロ顔」という言葉。 女性誌の表紙にその言葉を初めてみた時「おフェラ顔」かと思って思わず二度見した、ラブコラムニストのラヴィンみやです。 「おフェロ顔」「おフェラ顔」ほら、似てる。

抱いて欲しい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巷の女性たちのあいだで流行った「おフェロ顔」という言葉。
女性誌の表紙にその言葉を初めてみた時「おフェラ顔」かと思って思わず二度見した、ラブコラムニストのラヴィンみやです。
「おフェロ顔」「おフェラ顔」ほら、似てる。

■あの人いい人なんだけどね、の正体

いい人どまり、という人がいます。
男性はそれを「顔」のせいにしたがりますが、それは違います。全ての女性が「イケメン」に必ずしも心ときめくわけではないからです。
では、財力か。一理ありますが、それが全てではありません。顔も財力も、一因になり得るけれどその要因にはならないのです。

じゃあ、一体「いい人」どまりの人は一体どうしたらいいのか。

■いい人はどうでもいい人

「好き」と「嫌い」は表裏一体です。好かれることがあるのならば、嫌われることもある。「いい人」になる人はこの「嫌われること」を恐れます。
だから、表面的にしか人と関わらないし、振る舞いも、とても小さくなる。自分の意見も言わないし、自分の意志を表明することが少ない。

自分の意志を言わないことは、楽なことではあります。いつも、誰かが決めてくれるし、何かが起こっても対岸の火事でいられます。それすらも、自分のかっこわるいところをみたくない、という防衛なのかもしれません。
また、嫌われる恐れからではなく、自分の意見よりも人の意見を尊重するやさしさを持つ人というのが存在します。もうそれは才能という名の個性なので素直に愛しますが、そんな人でも、自分の意志が出てしまうときがあります。

■セックスは理性を凌駕する

それがセックスの時。
どんなにいい人でも、セックスとなれば話は別です。勃つものは勃つし、出したいものは出したい。普段は抑えて過ごしていても、セックスのときは「意思」が明確になる。
「やさしい人」はセックスのときも、もちろん優しいですが、理性を凌駕する欲に素直になった時、「やさしさ」を越えて「オス」になるんです。
それを女は見ている。

そのセックスの時に見せる「意思」を、明確な意志を、嫌われることや優しくない自分を見ることを恐れずに出してみればいいんです。
たまには人の意見に同調せず、自分の思っていることを素直に口にする。
どうしても行きたいお店にみんなを連れて行く。
そんな些細なことの積み重ねが、いつかあなた、という個性を花開かせる。

■まとめ

日本人の男性は、言葉にしない優しさを持っていることを知っています。
だけど、同調せずに「自分の意志」を貫いている姿、それこそが女性の中の「メス」を呼び覚ますのです。
「メス」が呼び覚まされているのは男性の中の「オス」に反応している証拠。いい人から「オス」になったからです。

わがまま放題オレ様もだめ、いい人もだめ。
どうしたらいいんですか?
答えはひとつ、「好かれようとするのをやめ、波風立てないようにするのをやめ、自分を貫け。」です。

あなたが優しさを重視するのなら、それを貫けばいいし、自分のやりたいように生きるんだ!と決めるのなら、それを貫けばいい。
内容がどうであろうと、その「自分自身」を貫いた結果、男性は輝きを放ち、メスたちがざわめきだす。
ざわめきたい。

いい人から「オス」になる。
あなたの中のオス、眠ってませんか?

ラヴィンみやでした。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ラヴィン みや

ラヴィン みや

1日で97000PVを集める人気の性愛コラム、「東京ラブコラム」を執筆するラブコラムニスト。
女性の性や生を表現する水彩画家でもあり、30年に渡り、絵や文章で自分を表現し続けている。女性が、自分らしい女らしさに目覚めて 幸せにキモチよく生きていくことは 男性にとっても歓び。女として生きること、そして セックスが 女性と男性をつなぐものであり 心と体を満たすものであるように日本のセックスが悦びだらけになりますように。

【活動履歴】
◆日刊ゲンダイ「私のヰタ・セクスアリス」掲載
◆東京ときめきアカデミー恋愛セックス担当講師
◆「Rebirthing〜Love My Vagina」を花と絵のコラボ展として、代官山のUPSTAIRS GALLERYにて開催
◆個展「密やかな戯れ」を東京雑司ヶ谷のBar Tsujiyaにて開催
◆「聖なる性の性教育講座」のためのイラストを提供。
◆女性向けセクシャルセミナー「女神のたしなみセクシャル講座」開催
◆女性向け恋愛セミナー「女神のたしなみラブ講座」開催
◆女性向けセミナー「魅たされ女子のつくり方」コラボ開催

カウンセラー メンタルケア心理士 恋愛/セクシャル講座講師 インナーチャイルドワーク アートWS講師

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る