【連載コラム】こんな男性はお断り♡結活パーティに見たセックスしたくない男性たち2,818 views

ラブコラムニスト ラヴィンみやです。 年が明けましたね!今年もどうぞよろしくお願いいたします。 さて、みなさま? 今年もしあわせで気持ちいいセックスをしていきましょう。 お悩み等ございましたらお気軽にラヴィンみやまでメールなどくださいませ。 こちらのコラムでお答えいたします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラブコラムニスト ラヴィンみやです。
年が明けましたね!今年もどうぞよろしくお願いいたします。
さて、みなさま♡ 今年もしあわせで気持ちいいセックスをしていきましょう。
お悩み等ございましたらお気軽にラヴィンみやまでメールなどくださいませ。
こちらのコラムでお答えいたします!

さて最近、「婚活パーティ」に潜入してきました。
そこで、こんな男性には抱かれたくない★と女性に思わせる男性たちに出会いました!
今まで出会ってきた方も含めて、ご紹介します♪

1.会話が刺々しい人

出典:https://www.pakutaso.com

出典:https://www.pakutaso.com

どうしたの?というくらい刺々しい男性。
男性には打ち解けて話しているようなのに、女性には攻撃が始まる男性。
普段のうっぷんや男性同士の中でのいらだちや自分の自信のなさを女性(=自分より弱いもの)へぶつけているかのようです。
女性の方はただ会話をしているだけなので悲しくなってしまいます。
女は何もわかってない。女はラクでいいよね。と自分だけが大変だという気持ちとどこかで女性を卑下しているかの態度にときめく女性はいません。
まぁ、彼らにとって自分より価値の低い女性という生き物に好かれる気もないのでしょうけれど。

地球はいろんな人がいて廻ってるんだよ♡そしてみんな対等なのだ!と伝えたくなる衝動に駆られます。

2.「男らしいオレ」を演出する男性

出典:https://www.pakutaso.com

出典:https://www.pakutaso.com

かっこいいか、かっこわるいかを判断するのはそれを受け取る相手によりますが「オレ、男らしいっしょ?」の圧が強いとまいります。
裏を返すとかっこわるさを必死に隠している状態です。
そんな男性は「やたら理論武装する」「上から目線」「弱みを見せない」
自分の頭の中ではじき出した「男らしさ」を必死に演じている。
例えば、女性を前に緊張していることやうまくやれるか自信がないことを隠したいんですね。
隠そうとして、上から目線だから女性との会話もはずまない。
もちろんそんな男性とセックスしたい女性はまれ。

「この体位は、この角度で結合するのがいいんだよ」と理屈を言われても嫌だし、
「男らしさ演出」から生まれた「上から目線」の勘違いドS発言にこっちのカラダが乾きそう。
男らしいオレ演出の果ての激しいピストン運動なんて目も当てられません。

3.「イジれてるオレ最高」な男性

「好きな子をいじめちゃう小学生男子」のまま大人になっている方。
男性はいつまでも「少年の心をもつ」といいますが、少年と小学生は似て非なるもの。
デリカシーがない、嫌がることを平気で言う。です。
テレビの影響なのか「いじる」と笑いがとれて盛り上がると勘違いししている男性に多く見られます。
本人は「イジれてるオレ最高」なのかもしれませんが、いじられる方はうれしくありません。
しかも盛り上がってもない場合は気まずさしか残りません。
誰も芸人的なことを期待していませんし、そんな盛り上げ方しかできないのならできなくてもいい。

ただただデリカシーのない男性としてしか女性の目には映らず「恋人候補」からは外されていきます。
もちろんセックスもいやでしょう。

「剛毛だね」とか「お腹でてるね」とか言われたくないこと言いそうと思われちゃいます。

4.ネガティブだだ漏れな男性

「仕事つまんなくてさ」「もうやめたいんだよね」「自由になりたいわー」と言う男性。
やめちまえー。
その愚痴は人生を自分のチカラで切り開くことができない、諦めたように映ります。
ネガティブな方と一緒にいてもつまらないと感じるのは男性も女性も一緒です。
人間ですから、ネガティブな時もあります。
それでもやはり自分の人生に活路を見出していくのは自分しかいない。
その自分自身を諦めてしまっているのは誰よりも自分。
外因を言い訳にして、自分の人生の責任を他のことに押し付ける男性に魅力を感じる女性はいません。

抱かれたらネガティブエネルギーが自分の中に入ってきちゃいますから断固お断りです。

「抱かれたくない男性」はつまるところ「自分のことしか考えていない男性」+「防御力が高い」と言えます。
「自分のことしか考えていない」のが悪いのではなく、完全に受け入れる度量がない、と誰も入っていけません。
人と人は心を開いたコミュニケーションを心地よいと思うもの。
心を開いて話ができるかどうか、というのは初対面でも付き合いがながくなっても大切です。
そこがおろそかな男性とはセックスしたくないと思うのも無理はない話。
人間同士ですからね。
上記にあげた特徴のある方も、本質的に魅力のない男性はいませんのでこれからたくさんの女性と関わって磨かれていくのでしょう。
ベクトルを「自分」から「相手」に向けることができたとき、また他者に対して心を開ける度量をもったときに素敵に変わっていきます。
人は成長していきますから♪
なので「この人伸びしろ大きいな~」っていうだけなのですけどね♡

結活パーティ潜入取材なのに、ちゃっかりペアになったラヴィンみやでした。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ラヴィン みや

ラヴィン みや

1日で97000PVを集める人気の性愛コラム、「東京ラブコラム」を執筆するラブコラムニスト。
女性の性や生を表現する水彩画家でもあり、30年に渡り、絵や文章で自分を表現し続けている。女性が、自分らしい女らしさに目覚めて 幸せにキモチよく生きていくことは 男性にとっても歓び。女として生きること、そして セックスが 女性と男性をつなぐものであり 心と体を満たすものであるように日本のセックスが悦びだらけになりますように。

【活動履歴】
◆日刊ゲンダイ「私のヰタ・セクスアリス」掲載
◆東京ときめきアカデミー恋愛セックス担当講師
◆「Rebirthing〜Love My Vagina」を花と絵のコラボ展として、代官山のUPSTAIRS GALLERYにて開催
◆個展「密やかな戯れ」を東京雑司ヶ谷のBar Tsujiyaにて開催
◆「聖なる性の性教育講座」のためのイラストを提供。
◆女性向けセクシャルセミナー「女神のたしなみセクシャル講座」開催
◆女性向け恋愛セミナー「女神のたしなみラブ講座」開催
◆女性向けセミナー「魅たされ女子のつくり方」コラボ開催

カウンセラー メンタルケア心理士 恋愛/セクシャル講座講師 インナーチャイルドワーク アートWS講師

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る