【連載コラム】女性が離れたくなくなる♡三種の神言葉の使い方♡3,337 views

こんにちは!ラブコラムニストのラヴィンみやです。 日本人の男性というのは世界有数の「闘争心のない、分ち合いでみんながしあわせになる遺伝子」を持つといいます。 それはなんとすばらしいことなのだろうと思うのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!ラブコラムニストのラヴィンみやです。
日本人の男性というのは世界有数の「闘争心のない、分ち合いでみんながしあわせになる遺伝子」を持つといいます。
それはなんとすばらしいことなのだろうと思うのです。
やさしさって、いいよね♡
奪い合うのではなく分かち合い、みんなで満たされる。最高♡
そんなあなたのいい男っぷりを発揮して女性と楽しく幸せに生きられる3つの神言葉があります。
今日のテーマは女性を満たしてあなたも満たされる神言葉?

感情を満たすこと♡

3種の神言葉は女性の感情を満たしてくれる大変喜ばしい言葉です。
それは男性にとっても、女性が優しくなる、魅力的になる、受け入れてくれる、という嬉しい言葉。

それが「かわいい」「きれい」「愛している」。

例えばパートナーの女性に対して長く一緒にいると
「言わなくても一緒にいるんだからそういうことでしょ。」と考える男性は多いみたいですが、そうじゃないのです。伝わらないんです、声にしなければ。
一緒にいるだけじゃ伝わらない。
愛していると何度も何度も、死ぬまで言い続けてくれないとわからない。
そもそも男と女は違う生き物。
どんなときに何を感じているかなんて、伝え合わない限りわからない。
だからおもしろく、だからこそ関係を築いていく楽しさがある。
お互いにとって心地いい関係を築いていく楽しさ。

「ありがとう」は違うのです

「いやぁ、ボクの彼女はわかってくれてると思う。」「うちの嫁はわかってくれてる」
なんてあまい!
わかってたとしても聞きたい、言われてたいのが女です。
いつまでも乙女心を忘れません♡
ちなみに、「ありがとう」では女性の感情は満たされない。
「ありがとう」は違います。「ありがとう」は違います。
大事なことなので2回言いました。
ありがとうの言葉はあふれているでしょう?
男から女に言う言葉じゃないでしょう?(言いますけど)
あくまで、「男」から「女」への言葉が大切。
あくまで「私という女」への言葉が大事。
ありがとう、も大事だけど、その言葉もいいんだけど「きれい」「かわいい」「愛している」の方が女性は嬉しい。
とっても嬉しい。

神言葉はパートナーになってからが最も効果的

つきあい始めは「かわいい」も「きれい」も伝えやすいでしょうけれど、だんだんと言わなくなってくる・・・。
しかしながら、神言葉は付き合いが長くなればなるほど、その真髄を発揮します。
特にセックスレスのおふたりには大変効果が高いです。

男性にとってはかかせないセックスは、パートナーとの関係においてもかかせません。

奥様や彼女がセックスしたくなるのは「相手の男性を愛しているから」だということは見逃せない事実。
セックスの動機が女性と男性は違う。ここは決定的に違う。
女性は愛しているから触れたくなる。愛おしいと感じるから触れたくなる。
だけど、相手が自分を愛していないのならそれはまたイヤ。

愛しているけど愛されていない男性と交わることは、事後にむなしさやさみしさを感じるから。
パートナーとのセックスで一度でもむなしさやさみしさを感じたなら、2度と抱かれたくないと感じるかもしれない。
そうなったらセックスはただの義務になってしまうのです。
本当の意味であなたを受け入れることはなくなってしまう。
彼女が感情を押し殺すタイプの、物わかりのいいタイプならなおさらです。
パートナーがあなたに感情の爆発を見せたことがないのなら、あなたのパートナーは感情を吐き出せずに自分の心のなかにしまい込むタイプかもしれません。
「私さえガマンすれば円満に過ごせる」と。
本当はセックスに不満があっても、暮らしに不満があっても、悲しくても寂しくてもあなたに助けを求めずに自分の中に溜め込む女性は男性が思うよりも多いんです。

それはその女性が好きでやってるんだから関係ないと言えばないけど、そんな女性の心のさえも解きほぐせる可能性が高い。
セックスレスの女性は「愛されてる」とわかると抱かれてもいいかなと思ったりします。
「きれいだよ」「かわいいよ」と言う言葉は、君を魅力的に感じているよ、という言葉です。
何年経ってもいくつになっても、女は女、男は男。
言葉でそれを表現してみましょうよ~?

まとめ♡

言うだけならタダ。言うだけならタダ。

言っちゃいましょうか。
最初はお酒のチカラを借りてもいいじゃない。
ただただその言葉を言えば、それだけでいい。他にはいらない。(いるけど)

日常的に言う「きれい」「かわいい」「愛している」。
これを言うだけで女は確実にきれいになるし、かわいくなる。
あなたという「男」がそこにいるから。

あなたという男の言葉を聞かせてください。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ラヴィン みや

ラヴィン みや

1日で97000PVを集める人気の性愛コラム、「東京ラブコラム」を執筆するラブコラムニスト。
女性の性や生を表現する水彩画家でもあり、30年に渡り、絵や文章で自分を表現し続けている。女性が、自分らしい女らしさに目覚めて 幸せにキモチよく生きていくことは 男性にとっても歓び。女として生きること、そして セックスが 女性と男性をつなぐものであり 心と体を満たすものであるように日本のセックスが悦びだらけになりますように。

【活動履歴】
◆日刊ゲンダイ「私のヰタ・セクスアリス」掲載
◆東京ときめきアカデミー恋愛セックス担当講師
◆「Rebirthing〜Love My Vagina」を花と絵のコラボ展として、代官山のUPSTAIRS GALLERYにて開催
◆個展「密やかな戯れ」を東京雑司ヶ谷のBar Tsujiyaにて開催
◆「聖なる性の性教育講座」のためのイラストを提供。
◆女性向けセクシャルセミナー「女神のたしなみセクシャル講座」開催
◆女性向け恋愛セミナー「女神のたしなみラブ講座」開催
◆女性向けセミナー「魅たされ女子のつくり方」コラボ開催

カウンセラー メンタルケア心理士 恋愛/セクシャル講座講師 インナーチャイルドワーク アートWS講師

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る