いいセックスができる男~セックスはサーフィンと同じ~5,815 views

当然のことながら興奮して気持ち良いセックスをしたいものです。男の場合、主導して女性をコントロールしがちですが、テクなどにこだわりすぎても女性の心と体は案外開かないものです。大事なのは、女性の波を読むこと。それはさながらサーフィンのようだと言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ラブコラムニストのラヴィンみやです。
世の中にいい男はたくさんいらっしゃるけれども、「いいセックス」をできる方は少ない、かな。
「いいセックス」っていうのは、「女をイかせられるセックス」ではなくて、「ス○ーセックス」でも「カーマスートラ」に基づくセックスでもなく(それもいいけど)「女性を許しているセックス」。
本当はいい悪いはないけど、今回は敢えてそんな表現で。

「エロい女性がいい」とは言うけど

まれに耳にする「この間ナンパした子がエロくてさ~」的な男性武勇伝は「エロ」の基準が曖昧で私にはよくわからない。
すべての女性はエロいのです。
性は生命力であり、表現に値する授かりものだから。
女性が男性の言うところの「エロ」さを開くには「経験」が必要。
それは肉体的に悦びを覚えるための時間と経験だけではなくて、「男の前でエロを出しても大丈夫」という安心の経験。
口では「エロい女が好き」と言いながら、いざセックスした時に、女性のエロさの前に引いたり肩を落としていたりすればそれは女性に伝割ります。
そうすると女性の心の安全装置が降りて「この人の前ではエロを発揮できない」と体を閉ざすことになるのです。

自分の性欲を許していないと女性のそれも許せない

男性はよく、性欲を「処理する」というけれど、性欲は生きる糧なので「処理」なんて言い方をしたらもったいないです!
「性欲」を肯定したからといって、「性犯罪者」にはなりえません。
性犯罪者が欲しいのは、性欲を満たすことではなく、自分の力を誇示することや、支配力をぶつけること。性欲はおまけみたいなもの。
ありあまる性欲は「生命力」の証で、生きたい!という発露の一部。
安心して自分の「性欲」を肯定して欲しいと願います。
自分の性欲を肯定できると、女性の性欲も受け入れられるようになります。
風俗嬢やAV女優さんに対して「汚れている」と感じる男性は自分の性欲をきちんと肯定できていないだけの話で
実際にセックスする相手の「性欲」もコントロールしようとすることにつながります。

セックスをコントロールしようとしない

男性は理性的だと言われているけれど、プライドの高い生き物であり、プライドはどこで引っかかるかというと結局「感情」が波立つ出来事で、男性だって立派に感情的な生き物。
そんな感情を波立たせないように、男性は気がつかないうちにセックスを「コントロール」しようとしています。
それが「普通」だと、AVやエッチなマンガなどから受け取ってきたから。
男性から寄せられる質問の多くは「一緒に分かち合うこと」という視点が抜けていて、多くは「どうしたら〇〇できますか?」というコントロールの話です。
男だから仕方がない?
そうではなくて、「コントロールしないと認めてもらえないかもしれないから不安」なだけではないでしょうか。

だけどセックスは、コントロールするものではなく、サーフィンのように、流れに乗っていくこと。
(サーフィンやったことないけど)
その流れは、お互いの奥底から溢れてくる「欲情」
さらにそれを超えて「相手と奥底から一つになりたい」というエクスタシー。
そこには「うまくやろう」という我はなくなっていくのです。

いいセックスしよう

女性にとって「いいセックス」は「コントロール」されない、安心して自分の内から湧き出るエクスタシーを表現できること。
フェラチオがうまい、とか、イくイかないにこだわる、とか、そういうことも楽しいけど内から溢れだす慟哭のような「性欲」に身をまかせることができたら、それは必ずいいセックスになる。
舞うようにするセックスには、それを許し、受け入れてくれる相手の大きな器が必ず必要。
華麗に踊るには軸がいる。女性は自らには軸を持たない生き物だからあなたを軸に舞うのです。
レズビアンの場合は、互いに舞い合う美しいダンスがある。受け入れあう美しさ。
ゲイの場合は、軸を持つもの同士のダイナミックで繊細なダンスがあります。

セックスはエロだけではなく、生命力を表現する、生きている証を表現し合う、こと。
巷にあふれる劣情的なものだけではなく、あなたの性欲、そして、女性の性欲を許し合い、認め合うことがお互いの悦びの源になっていくのです。

頭を空っぽにして、湧いてくるエクスタシーに身を任せてみてはいかがでしょうか。
舞うようなセックスがあふれますように。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ラヴィン みや

ラヴィン みや

1日で97000PVを集める人気の性愛コラム、「東京ラブコラム」を執筆するラブコラムニスト。
女性の性や生を表現する水彩画家でもあり、30年に渡り、絵や文章で自分を表現し続けている。女性が、自分らしい女らしさに目覚めて 幸せにキモチよく生きていくことは 男性にとっても歓び。女として生きること、そして セックスが 女性と男性をつなぐものであり 心と体を満たすものであるように日本のセックスが悦びだらけになりますように。

【活動履歴】
◆日刊ゲンダイ「私のヰタ・セクスアリス」掲載
◆東京ときめきアカデミー恋愛セックス担当講師
◆「Rebirthing〜Love My Vagina」を花と絵のコラボ展として、代官山のUPSTAIRS GALLERYにて開催
◆個展「密やかな戯れ」を東京雑司ヶ谷のBar Tsujiyaにて開催
◆「聖なる性の性教育講座」のためのイラストを提供。
◆女性向けセクシャルセミナー「女神のたしなみセクシャル講座」開催
◆女性向け恋愛セミナー「女神のたしなみラブ講座」開催
◆女性向けセミナー「魅たされ女子のつくり方」コラボ開催

カウンセラー メンタルケア心理士 恋愛/セクシャル講座講師 インナーチャイルドワーク アートWS講師

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る