【連載コラム】女性の官能に火をつける見つめ方♡3つのステップ4,238 views

前回は、セックス以外の場面での「見つめること」について書きました。今回は、「セックスで相手を見つめること」。デート中、食事中、たっぷりと見つめることができたなら、セックスの際にも見つめてみましょう!

【連載コラム】女性の官能に火をつける見つめ方?3つのステップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラブコラムニスト、ラヴィンみやです。
女性の官能に火をつけるには、「見つめること」。
前回は、セックス以外の場面での「見つめること」について書きました。
今回は、「セックスで相手を見つめること」。

デート中、食事中、たっぷりと見つめることができたなら、セックスの際にも見つめてみましょう!
あなたがどんな手順で彼女の服を脱がし、彼女に愛撫したとしても、おさえどころは3つ。
この3つをおさえる、プラス、あなたの腕の見せ所です!

ステップその1♡


出典:http://weheartit.com/

男性の力が強いのは、女性をはじめとする他者をしあわせにする力が備わっているから。
大切な人を守り、愛する力。男性が年齢を重ねて輝いていくのはそのため。
自分の力で愛する人、愛する家族を守り、「俺が、彼女の、家族の役に立っている」と感じることにより
「男」としての力を自覚し、自信がつく。その「男としての力」に女性が吸い寄せられる。
「男」としてのそのチカラを自分自身が持ってうまれていることに気がついていないと、
なかなかメンタル童貞を卒業できず、自己承認欲求ばかりが強くなります。
その欲求は底なしの欲求なので、満たされることはなく、無力感だけを高めていきます。

【なんでオレが??】
まず一つ目は、キスをする前。
さらりとキスをする前に、彼女の目をみつめます。
しっかりと、しっとりと、うっとりと。
できれば、やさしく、彼女の頬に手を添えて。
人差し指を耳のあたりに置くイメージ。
指先が首に触るか触らないかくらいがときめくポイント。
この軽いホールド感が、女性をきゅん、とさせます。
ここは少しクールにみせて、余裕感を演出。
もうその時、あなたの股間が爆発しそうなくらい興奮していたとしても!
こうすることは彼女の興奮を高めること以外にも利点があります。
それは「余裕のあるように見えること」「愛されてると感じられること」。
女性にとってとても大切なことである安心感も伝えられます。

ステップその2♡


出典:http://weheartit.com/

2つ目は愛撫中。
服を脱がしながらの愛撫であっても、お互い裸の愛撫であっても同じ。
ここはかなり肝になります。
あなたが彼女の全身に触れて、愛でて、大切にしている間も、彼女のカラダを、そして目を見つめます。
そして「君を見つめているよ」ということをこんな言葉で表わしてみて。
「きれいなカラダだね」「○○のカラダが大好きだよ」「裸見てるだけで興奮しちゃう」。
カラダを見ているからこその思いを言葉にする。
それを受けて女性は「ああ、彼は私の裸を見ている」と認識します。
すると、「恥じらい」が湧いてきます。

興奮ポイントは「恥ずかしい」
女性の「恥ずかしい」は興奮ポイントです。
同時に男性にとってはその「恥ずかしがる姿」が興奮ポイントでもある。
女性の恥じらいを引き出すことで、ふたりのセックスがより気持ちよくより深いものになる。
興奮によって女性のカラダが開くことで、受け入れることの準備が整います。
愛撫中、女性が目を閉じていることはよくあることだと思いますが、
彼女の視界に入る位置で、愛撫してるときに「こっちを見て」と誘導するのもいいですね。
もちろん、その時は、あなたも彼女の目を見つめましょう。

ステップその3♡

そして、最大の見つめるポイント。
それは「挿入している時」。
「女の瞳は性感帯。」
体位にもよりますが、バックだったら鏡越しに見つめるのもアリ♡ですよね。
体位はなんであれ、お互いの目を見つめあうことは、より深いセックスを味わうために本当におすすめ!!
特に、フィナーレを迎えているとき。
あなたが懸命に腰を動かしている時に見つめあうことは興奮を高め、親密度を高めます。
キス、愛撫、挿入。
まぁ結局、どのタイミングでも見つめることは
セックスの大きな鍵になる、ってことですね♡

日本ではセックスのことを「まぐあい」と言っていたそうです。
まぐあいとはこう書きます。「目合い」。
性に対しておおらかだった日本人。
目と目を合わせることで、お互いの気持ちと深い悦びを感じられること、
そして、ひとつになる、という感覚を強めることを知っていたのでしょうね。

そんなDNAを持っている日本人は、
深い深い安らぎのような心地よく、キモチいいセックスを楽しめる民族なのかもしれません!
やったね♡

あなたの視線で彼女ととろけさせちゃってください。




それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ラヴィン みや

ラヴィン みや

1日で97000PVを集める人気の性愛コラム、「東京ラブコラム」を執筆するラブコラムニスト。
女性の性や生を表現する水彩画家でもあり、30年に渡り、絵や文章で自分を表現し続けている。女性が、自分らしい女らしさに目覚めて 幸せにキモチよく生きていくことは 男性にとっても歓び。女として生きること、そして セックスが 女性と男性をつなぐものであり 心と体を満たすものであるように日本のセックスが悦びだらけになりますように。

【活動履歴】
◆日刊ゲンダイ「私のヰタ・セクスアリス」掲載
◆東京ときめきアカデミー恋愛セックス担当講師
◆「Rebirthing〜Love My Vagina」を花と絵のコラボ展として、代官山のUPSTAIRS GALLERYにて開催
◆個展「密やかな戯れ」を東京雑司ヶ谷のBar Tsujiyaにて開催
◆「聖なる性の性教育講座」のためのイラストを提供。
◆女性向けセクシャルセミナー「女神のたしなみセクシャル講座」開催
◆女性向け恋愛セミナー「女神のたしなみラブ講座」開催
◆女性向けセミナー「魅たされ女子のつくり方」コラボ開催

カウンセラー メンタルケア心理士 恋愛/セクシャル講座講師 インナーチャイルドワーク アートWS講師

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る