【連載コラム】彼女をエロくする方法37,064 views

s_彼女をエロくする方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラブコラムニスト ラヴィンみやです。
うちの彼女、あんまりエロくなくてさ~なんて、場末のスナックでつぶやいているそこのあなた。
今日はそんなあなたへ、彼女や奥さんをエロくする方法です。

真からエロくなる

女性が真からエロくなるには時間がかかります。雰囲気エロならたくさんいるでしょう。そんなものは、いかようにも作り出せますから。女子高生だって上辺だけのエロなら作り出せます。
あなたがほしいのは、「真のエロ」ですよね。セックスの際の、または後ろから襲いたくなるほどのエロ。

彼女がエロくない理由

あなたの彼女があなたにエロを許さないのは、あなたをはじめとする今まで彼女のセックスの相手とのセックスがイマイチだったからです。
女性の官能はじっくりと目覚めていきます。体も少しずつ目覚めていきます。
ちょっとおっぱいさわって、ちょっと性器をいじって、挿入して、ピストンであんあん言わせて射精しておわり。

そんなセックスしてません?
それでいつ女性は官能を開けばいいのでしょうか。ものたりないセックスをしている女性はたくさんいます。

あなたの彼女の性感帯はどこですか?

全身くまなくさがしてみてください。本当に感じて震えてしまう場所。
女性が早くセックスを終わらせたいから「もう、挿れて」ということはありますが、そうではなく、もう体が求めすぎてたまらなく欲しいから「挿れて」って懇願されてください。
潤んだ瞳で「挿れて」って言われてください。

背中だって、顔だって首だって、足だって手だって腕だって、触れればそこは性感帯になります。
彼女が刺激的なセックスしか知らないのであれば、マッサージと称していろんなところに触れてみてください。
やさしくやわらかく。性感帯を開けるのは、他人の手からだけ。体はどこもかしこも性感帯なのです。
そんな性感帯を開いてくれる男性が現れたら・・・。女性は安心してエロを発揮できるでしょう。

身を委ね悶えること

また、丁寧に扱われることで、女はやっとあなたに身をまかすことができるんです。
胸と性器だけが性感帯ではありません。感じることに身を委ね、悶えて、彼女のエロは少しずつ開いていきます。
そこで大切なのはあなたの心の器。
どんな感じ方をしようとも、引かないで彼女を愛し続けることができなければ、女性の真のエロを引き出せるオトナの男にはなれません。

特に、セックスに抵抗があったり、恥ずかしい思いが強い女性ほど自分の体で感じて、快楽に身を委ねることができて初めてセックスに積極的になれます。
こんなに気持ちいいんだ、セックスって!を心と体で知ってから初めて、セックスに前向きになれます。そしてやっと「自分の中のエロス」を認めることができるのです。
女性がエロを開けないのには文化的な背景があり、女性のセックスは否定されている部分が多くありました。女性は性欲をないものとされてきました。
今も、女性からセックスを誘うことを良しとしない男性がいます。女性のオナニーを認められない男性がいます。女性に処女を求める男性がいます。そうやって抑圧されてきたものがあります。
男性が、性欲が強くないと男じゃない、と言われてしまうように。

女性の体は年齢と共にどんどん感じやすくなり(個人差があります)、どんどんセックスを楽しめるようになります。
といっても、セックスは一人でするものではないのでそこにはやはりパートナーの存在があります。
せっかくセックスをする仲になったのですから一緒に楽しんでください!

また、女性が欲求に素直になったら男性をしのぐものであるとも言われています。
エロを引き出したいのであれば、その覚悟もお忘れなく。

また、もしあなたに彼女がなかなかできないのであれば「彼女ができない10の原因とイケメンでなくてもモテる男の特徴」もあわせて読んでみてください。
彼女ができなかった原因がわかって、今までの人生が大きく変わるきっかけになるかもしれません。

男性がエッチしたくなる!フェロモン香水の効果を信じますか?

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ラヴィン みや

ラヴィン みや

1日で97000PVを集める人気の性愛コラム、「東京ラブコラム」を執筆するラブコラムニスト。
女性の性や生を表現する水彩画家でもあり、30年に渡り、絵や文章で自分を表現し続けている。女性が、自分らしい女らしさに目覚めて 幸せにキモチよく生きていくことは 男性にとっても歓び。女として生きること、そして セックスが 女性と男性をつなぐものであり 心と体を満たすものであるように日本のセックスが悦びだらけになりますように。

【活動履歴】
◆日刊ゲンダイ「私のヰタ・セクスアリス」掲載
◆東京ときめきアカデミー恋愛セックス担当講師
◆「Rebirthing〜Love My Vagina」を花と絵のコラボ展として、代官山のUPSTAIRS GALLERYにて開催
◆個展「密やかな戯れ」を東京雑司ヶ谷のBar Tsujiyaにて開催
◆「聖なる性の性教育講座」のためのイラストを提供。
◆女性向けセクシャルセミナー「女神のたしなみセクシャル講座」開催
◆女性向け恋愛セミナー「女神のたしなみラブ講座」開催
◆女性向けセミナー「魅たされ女子のつくり方」コラボ開催

カウンセラー メンタルケア心理士 恋愛/セクシャル講座講師 インナーチャイルドワーク アートWS講師

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る