34歳独身女がリアルに考えていることとは17,659 views

30代前半の時には、そんなに意識していなかったけれど34歳になって独身の場合、女としては悩むことも多いのです。 34歳独身女としてはどのようなことを考えているものなのでしょうか。そのリアルな気持ちについて、お伝えしていきましょう。

34歳独身女
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30代前半の時には、そんなに意識していなかったけれど34歳になって独身の場合、女としては悩むことも多いのです。
34歳独身女としてはどのようなことを考えているものなのでしょうか。そのリアルな気持ちについて、お伝えしていきましょう。 

35歳までに結婚がしたい!

35歳というのは女性から見て一つの節目のようなものです。ここで結婚をしている女性は、既に子供がいて、幸せそうに暮らしていることも多いでしょう。でも35歳で独身ということになると、仕事が生きがいのようになっていることもあるのです。

そこで34歳の独身女として思うのは、35歳までには結婚がしたい!ということです。35歳までには、良い人を見つけないと…という思いを持つことになります。これが36歳になると、今度は40までには…という思いが出てくることもあるのではないでしょうか。 

35歳になるとモテにくくなる?

お見合いパーティーに行った場合でも、34歳というのはギリギリのラインということが多いのです。30代限定お見合いパーティーで、モテるのは30代前半女性が多いです。34歳独身女ということになると、モテない場合もあるでしょう。

ということは35歳でお見合いパーティーに行くともっとモテなくなるのでは…と女性としては焦る気持ちを持ちます。そして34歳の今のうちに彼氏を見つけておこうと思うのです。お見合いパーティーでは、残酷なくらい勝者と敗者の差が出てくるものです。

出来ればせっかく時間とお金をかけて、労力もかけたお見合いパーティーだから勝ちたい!と思う女性としては、34歳のうちにお見合いパーティーに出来るだけ多く行こう!と思うものでしょう。

 子供のこと…どうしよう

女性は33歳から卵子の衰えが始まるため、妊娠しづらくなるものです。34歳独身女としては、34歳のうちに子供を授かっておかないと、どんどん妊娠が出来なくなる…と不安に思ってしまうのです。

授かれる人は40代でも授かることは可能ですが、35歳初産ということになると、高齢出産ということになりますので、そう呼ばれたくない願望というものもあるのです。高齢出産の人が多い現代ですから、周りには同じような人がたくさんいます。

でも自分はそうなりたくないような思いもあるのです。そのため34歳には、妊娠して子供を授かっていたいと思うこともあるでしょう。 

結婚出来るか不安

34歳独身女という自分には何があるのかな…と真剣に自分に対して考える気持ちもあるでしょう。自分の持っているものがとても少ない気がして、これでは結婚なんて全然無理…と思うこともあるのです。

貯金がたいしてあるわけでもないし、そんなに美人でもない、スタイルだって人並みだし…と思うと、どうしよう何も持ってない!と思ってしまうのです。そしてこんな私でも結婚してくれる男性っているのかな…と心配になってきます。

仕事だけはなんとかやっているけれど、それを無くしたら私は何もない…と思って、今まで以上に仕事に対して必死に頑張ろうとするのも、このぐらいの年齢なのです。

自分の進む方向が見えないことに対しての不安を打ち消したくて、仕事にはまるようにする場合も多いでしょう。でも職場において仕事がうまくいかない時もあります。そうなると、もうヤケ酒しかない…と思えてしまう、オトナ女子を目指すしかないかなと思う気持ちも出てくるかもしれません。 

今を楽しんでいる余裕なんてない!と思うのが34歳独身女はあるのです。今を楽しめるのは20代後半までと決めている女性もいるでしょう。同じ職場の20代前半女性が輝いて見えるようなこともあるでしょう。

でも何も持っていないと思う人ほど、本当はたくさんの大切なものを得ていることに、理想の男性と出会えれば気が付くことも出来るかもしれませんね。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

香月 みほ

香月 みほ

B型の好奇心旺盛なライターです。
恋愛や男女の心理についての文章を書くことが好きです。
日々様々なことを吸収しながら、お役に立てる情報をお届けしていきたいと思っています。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る