ドタキャンする女性の心理はどんなもの?1,224 views

ドタキャンを女からよくされる…と悩む男性も多いのではないでしょうか。なぜドタキャンをするのか、せっかくのデートなのに、ドタキャンをされると辛いものですよね。ではドタキャンする女の心理について、少し考えていきましょう。

出典:https://www.pakutaso.com
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドタキャンを女からよくされる…と悩む男性も多いのではないでしょうか。なぜドタキャンをするのか、せっかくのデートなのに、ドタキャンをされると辛いものですよね。ではドタキャンする女の心理について、少し考えていきましょう。

自分のペースを守ろうとする

出典:https://www.pakutaso.com

出典:https://www.pakutaso.com

自分のペースが一番大切と思う女性はドタキャンをすることが多いのです。相手のペースに合わせるのが嫌!と思ったり、面倒と思うことにより、約束をしてもドタキャンをすることになります。
自分のペースを守ることが出来ないようなことはしたくないので、結果としてドタキャンにつながるのです。でも約束をしたのに…と男性は思うかもしれません。約束をした時には、そう思ったという気持ちがあるのです。
でも当日になってみると、なんか気持ちがのらないなと思い、ドタキャンをすることになります。つまりは自分のペースを守ることを重視していて、相手のペースをあまり考えていないことになるでしょう。

気分屋の場合も

自分の気分で行動をすることが多い女は、結果としてドタキャンをすることが多いです。まさかまたドタキャン!?と男性は思うかもしれません。でも自分の気分で動いている女にとっては、ドタキャンくらい当たり前のように思っていることもあるのです。
でも、男性にとってその女性が大切な存在の場合には、どうしても別れられないこともあるかもしれません。そのため、こういう女性に対してはドタキャンが出来ないように、家まで迎えに行くように決めておくと良いかもしれません。
ドタキャンをしたら、何か罰を与えるというようなことは決めない方が良いですが、相手にとって、ドタキャンは良くないことということを、分かってもらうようにすることが重要になるでしょう。

こちらがドタキャンしたとしたら?

それなら、こちらがドタキャンをすれば、よくドタキャンをする女はどうするのでしょうか。この場合は怒るようなことが多いはずです。というのも自分は今日は会うというつもりでいるため、そのペースを乱されることになるからです。
でも、一度はこういう目に遭ってみないと、ドタキャンをされる方の辛さを分かることは無理でしょう。ドタキャンをする女は想像力に欠けていることが多いのです。そのため自分がドタキャンをしたら、相手はどうなるのか、そしてどう思うのかが分かりません。
そうなると、一度こちらからドタキャンをして、その上で相手に気持ちを聞いてみるようにすると良いですね。それによって今後のドタキャン率が減ることも考えられます。

自分に自信が持てない

今日はデートという時になって、肌の調子が悪いことに気が付いたり、最近太ったかも…と思うと、途端にデートをすることが不安になってきます。こんな姿では会いたくない!という思いが出てくるのです。
女性はデートの時には出来るだけ万全の態勢で男性に会いたい思いがあるものです。そのため、自分で納得出来ないようなことがあると、ドタキャンをしてしまうこともあるのです。
たったそれだけの理由で?と男性が思うような理由でドタキャンをする女もいます。でも自信を普段から持たせてあげるようにすれば、肌の不調くらいではドタキャンをしないでしょう。自信を持たせてあげるためには、女性を普から褒めてあげるようにして、愛の言葉も伝えるようにしておくと良いですね。

まとめ

ドタキャンする女の心理について、お話してきました。元々時間にルーズな女性は約束にもルーズです。でもこれはデートだけではなく、その他のことにも悪い影響が出ることが多いでしょう。そのため今のうちに、女性のドタキャン癖を直してあげるように協力するのも、彼氏としての役目と言えるのかもしれません。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

香月 みほ

香月 みほ

B型の好奇心旺盛なライターです。
恋愛や男女の心理についての文章を書くことが好きです。
日々様々なことを吸収しながら、お役に立てる情報をお届けしていきたいと思っています。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る