意外とわかりやすい、男性が好きな女性にとる態度とは?11,660 views

男性が好きな女性にとる態度は、ほとんどがわかりやすく単純なものです。何故なら男性は女性に比べると感情的な衝動に対する思考パターンが単純だからです。例えば、メールやLINEの頻度が増えてきたとしたら、そこにはどのような意図があると思いますか。

出典:https://www.pakutaso.com
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性が好きな女性にとる態度は、ほとんどがわかりやすく単純なものです。何故なら男性は女性に比べると感情的な衝動に対する思考パターンが単純だからです。例えば、メールやLINEの頻度が増えてきたとしたら、そこにはどのような意図があると思いますか。男性は基本的に、メールやLINEは事務的な連絡にしか使いません。もちろん最近は中性的な男性が増えているので、全員がそうだとは言い切れませんがそれでもほとんどの男性にとって、メールやLINEは待ち合わせ場所の決定や連絡事項を共有する手段でしかありません。決して女性のように感情を共有するものではないのです。その男性が「元気?」や「疲れたよ~」みたいな感情的なメールを送ってきたとすれば、好意を持っている可能性が高いと言えるでしょう。このように男性が好きな女性にとる態度は、わかりやいものがいくつもあります。そこで今回は、男性が好きな女性にとる態度をわかりやすいものをピックアップして紹介します。

照れる仕草をする

出典:https://www.pakutaso.com

出典:https://www.pakutaso.com

男性が好きな女性にとる態度の一つ目は照れる仕草です。基本的に照れる仕草には良く見られたいという深層心理が隠されています。その証拠に何の魅力も感じていない女性を目の前にしても男性が照れることは決してありません。ところが相手がモデル級の美女となると、男性が照れる割合は高くなります。好きという感情までいかなくとも、この人に良く思われたいと考え始めると男性は途端に照れはじめます。だから赤面や視線をそらすなど照れる仕草を男性がしている場合は、何かしらの行為を抱く女性がその場にいる可能性が高いといえるでしょう。

目線を合わせようとする

出典:https://www.pakutaso.com

出典:https://www.pakutaso.com

男性が好きな女性にとる態度の二つ目は目線を合わせようとすることです。男性は好きな女性ができるとそれを目で追ってしまいます。例えば学校であれば、休憩中でも授業中でも好きになった女性のことを目で追っています。それは直接見ることもあれば、周辺視野を使ってぼんやりと追いかけていることもありますが、とにかく目で追っているのです。しかしながら、これはあくまで視界に入るところに好きな人がいる時のみの話です。目の前からいなくなれば、基本的には好きな女性のことを思い浮かべることはほとんどありません。厳密には思い出すのですが、それ以外のことに意識を向けている時間がほとんどなのです。何故なら男性は女性のようにタスクを並列処理する能力が優れていないので、好きな人のことを考えながら仕事することや、勉強することはできないのです。逆に女性は好きな人のことを考えながら、家事や仕事に取り組めるわけですが、ほとんどの男性にその能力は備わっていないのです。つまり視界に入る時に限り、男性は好きな人を追いかけることに夢中になりやすいのです。

ストレートに誘ってくる

男性が好きな女性に取る態度の三つめはストレートに誘ってくることです。特に体育会系の男性であれば、躊躇することなくストレートに食事やデートに誘ってくるでしょう。草食系男子であればこういった態度には出ませんが、ストレートに誘いたいという願望は必ず心の奥底に秘めています。だから体育会系で女性をストレートに誘える男性はそうではない男性から憧れを持たれ、称賛を浴びやすいのです。

ここまで男性が好きな女性にとる態度についてお伝えしましたが、いかがでしたか。男性が女性を好きになった時はわかりやすい態度になることをご理解いただけたのではないでしょうか。これらのサインを理解して様々な男性を観察すれば、男性がどの女性に好意を寄せているのかを客観的に把握できるようになります。こういった好意の見極め方を理解しておくと何かと日常生活に役立ちます。何故なら、身近にいる男性が自分に対して好意的なのか、そうでないのかをわかりやすくなるからです。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ORETTE.jp 編集部

ORETTE.jp 編集部ORETTE.jp編集部

女心を掴みたい男性を応援するメディアです。自分を磨いて、パートナーとの楽しい時間を過ごせるリアルで価値ある情報を提供していきます。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る