忙しい彼氏に対して引いてしまう…女性心理を理解しよう!1,379 views

忙しい彼氏と知っていて付き合うパターンと、付き合ってから分かるようなことがあります。実際にこんなに忙しい彼氏だと分かっていたら、付き合わなかった…ということもあるでしょう。

出典:http://www.shutterstock.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

忙しい彼氏と知っていて付き合うパターンと、付き合ってから分かるようなことがあります。実際にこんなに忙しい彼氏だと分かっていたら、付き合わなかった…ということもあるでしょう。

忙しい彼氏に対して応援したい気持ちもあれば、引く気持ちもあるのが、女性心理です。ではなぜ女性は忙しい彼氏に引く気持ちになるのでしょうか。その心理についてお伝えしていきましょう。

アピールしてくることが嫌だから

出典:http://www.shutterstock.com/

出典:http://www.shutterstock.com/

忙しい彼氏が、忙しい!ということをアピールしてくるようなことがあります。「俺は仕事の出来る男なんだ」というつもりかもしれません。でもここでなぜそのようにアピールしてくるんだろう?と女性としては引くことがあるのです。

忙しいということがあっても、それをあまり表に出さない男性の方が、本当は仕事の出来る男性だと、女性としては思う場合が多いでしょう。なぜここでアピールされなきゃいけないの?と思うと、その男性に対して引く気持ちを抑えることが出来ずに、嫌になってしまうこともあるでしょう。

付き合わない方が男性のためかもしれないから

付き合うことにより、忙しい彼氏の負担になっているのでは…と思う女性もいるのです。もしもここで自分が彼氏から引くことが出来れば、彼氏はもっと楽になるのでは…と思うと、女性としては出来るだけ彼氏を自由にさせたいと思ってしまうのです。

男性としては、なぜ突然別れを告げられたのか分からなくて驚くこともあるでしょう。でも女性としてはかなり悩んで考えた上でのことかもしれません。こうならないようにするためには、忙しいというような日々であっても、大切にしたい女性への配慮を精一杯する必要があるでしょう。

連絡を待って疲れてしまったから

忙しい彼氏だと分かっていても、連絡がほしいと思うのが女性心理でしょう。忙しい彼氏が、わざわざ時間を割いて電話をしてくれた!と思うことにより、女性はとても嬉しい気持ちになるものです。

でもあまり連絡をくれない彼氏に対して、思い切って電話をした時に男性がとてもそっけない態度を取ることもあるでしょう。これをされてしまうと、女性としては引くことになります。

せっかく勇気を出したのに…と悲しい気持ちにもなるでしょう。こういう時には「もっと私を大切にしてくれる人を探そう」と女性は思うものなのです。

普通の付き合い方が出来ないから

遠距離恋愛なら仕方が無いと思えることでも、この距離なのにどうして会えないの?と女性としては思うのです。そしてそれに対して聞いてみた時の彼氏の返事が「忙しいから仕方が無い」というような冷たいものだとしたら、女性はその男性に対して、引く気持ちになるのです。

もうこの人とは無理だ…と思ってしまうでしょう。普通の付き合い方の「普通」というものは人それぞれです。でもそこでの考え方があまりにも違うと、女性は引いてしまい別れたくなってしまうでしょう。

淋しくなるのは嫌だから

忙しい彼氏と感じただけで、もう別れたくなってしまう女性もいます。きっと辛くなるだろうと思い、自分を守りたい気持ちになるのです。以前に忙しい彼氏と付き合い、それが理由で別れたことがある女性もいるでしょう。

今度はうまく付き合えると思っていたけれど、それが出来そうもないと感じることもあるのです。忙しい彼氏というものに対してトラウマになっていることもあるでしょう。そのため忙しい彼氏に対して引く気持ちになるのです。

まとめ

忙しい彼氏に対して、なぜ?と思うことはあってもそれ以上に気持ちが持たずに、引くような女性は多いのです。普段から忙しい男性は、出来るだけ忙しいということを理由にしないで、彼女を大切にする努力を怠らないようにしないと、大切なものを失うことになってしまうでしょう。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

香月 みほ

香月 みほ

B型の好奇心旺盛なライターです。
恋愛や男女の心理についての文章を書くことが好きです。
日々様々なことを吸収しながら、お役に立てる情報をお届けしていきたいと思っています。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る