彼氏が居る女子からアプローチをされたら・・・貴方ならどうする?884 views

飲み会や友達の彼女など、彼氏がいるのにも関わらずモーションをかけてくる女性、時々いますよね。先に待っているのはたいてい修羅場なので、いいことはほぼないのですが、こういう場面に出会った場合、あなたならどうしますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彼氏が居る女性からアプローチを受けた。
このパターンに戸惑う男性は多いみたい。
男の人って、相手の男性に気を使う所があるので「え・・・なんか俺がデートとかしたら失礼じゃない?」なんて思って遠慮してしまう人もいるはず。
でも、これってチャンスだと思いませんか?
相手の女性からアプローチが来ているのですから、上手に自分の方に気持ちを向けることを考えるのが利口です。
今回は、彼氏が居る女子からアプローチをされたら・・・貴方ならどうする?と題し、女性の気持ちを交えながら、貴方が取るべき行動を一緒に考えて行きましょう。

どうして彼氏が居るのに違う男性にアプローチをするのか?

ここでは、どうして彼氏という存在がありながら、違う男性にアプローチをするのかその女性心理を考えて行きたいと思います。
女性は基本的に、目の前の男性に自分の気持ちを満たしてもらっている場合浮気は考えられません。
心の中が透けて見えるとした時に、7割8割埋まっていれば、多少不満があっても今の彼を大切にしようと思うのが女性の考えです。
でも、その彼女の満足度が5割程度に減ってしまうと、女性は違う男性を見始めてしまと言われています。
そうなんです!女性が彼氏が居るのに違う男性にアプローチをするというのは心が満たされて居ない証拠なんですよね。

女性の心の不満には2つのパターンが存在する

しかし、ここで大切なのは、相手がどのような気持ちで貴方にアプローチをしているかを見抜くことです。
女性の心の不満には2つのパターンが存在しています。
1つ目は、単純に寂しさから来る不満です。
会えない、話を聞いてくれない、喧嘩ばかりしてしまうなど心のすれ違いからくる寂しさを埋める為に違う男性に頼っている場合です。
そしてもう1つは彼氏に気持ちがあるけれど、セックスレスが続いて体が不満というケースです。
前者の方が圧倒時に多いですが、後者のパターンもよく聞く話。
貴方が彼女をどのような目で見ているのかで自分がこの先とる行動も少しずつ変わってくるはず。
では貴方がこの先どのように行動したら良いのかを考えて見ましょう。

彼女の気持ちが欲しい?体が欲しい?

2つのパターンがある「寂しさ」も、寂しいという気持ちになるのは同じです。
寂しいから他の男性を見るという事は解っていただけたと思います。
貴方が彼女に本気なら、正直今がチャンスだと思います。
彼女は彼氏に何らかの不満があって違う男性を見るわけですから、そしてその相手に選ばれたのが貴方なのです。
次の彼氏候補という言い方をするとなんだかちょっとエゲツナイですが、彼女から選ばれたのには変わりはありませんよね。
彼女の気持ちに出来るだけ寄り添って「俺ならそんな寂しいことなんてしないのに」くらいな甘い言葉をささやいてください。
彼女はどんどん貴方に心を惹かれるはずです。
もし、貴方が彼女の事をそれほど好きじゃなくても、セックスをする事は可能です。
女性は、寂しい気持ちが募ると「誰でも良い」と考える瞬間があると8割以上の人が回答しています。
殆どの女性は寂しくなると誰でもいいから抱いて欲しくなるものです。
自分を大切にされたいと思うからなのでしょう。
その気持ちを逆手にとって、騙して抱くのも貴方次第。彼女をいたわり、心を頂いちゃうのもまたあなた次第なのです。

いかがでしたか?
彼氏が居るのに、違う男性にアプローチをするのは本当ならイケナイ事です。
でも、彼女は彼女なりの理由があって、貴女にアプローチをしています。
その理由をすばやく見つけ対応することで、彼女との未来が少しずつ変わってくると思います。
どんな理由でも目の前の彼女は貴方を頼っています。
優しくフォローしてあげましょうね!

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

亀ぱんだ

亀ぱんだ

朗らかおおらかいつもニコニコ!亀ぱんだです。
色々な人と知り合うことで人生をジェットコースターのように生きてきました。
色々な考えを持つ人がいて、だからこそステキな出会いが会って。人間っていいなって心から思います♪貴方の心を癒せるようなそして、ステキな恋に導けるようなそんなライターになりたいなと思います。よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る