お酒が入れば許される?女性から見る男性のOK行動1,047 views

お酒が回れば、多少は理性のタガが外れて、素面の時にはしないような大胆なことをすることがあります。お酒の席だから、と女性に許されると思っていると、後でとんでもない目にあいます。 お酒は飲んでも飲まれるな!を心に刻んで楽しむようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性が少し行き過ぎた行動をとったり言葉を発しても、お酒が入っているから仕方がないかな…と女性が許せてしまうようなものがあるのです。でもだからといって、お酒が入った時の行動なら全てOKというわけではありません。
どのような行動ならOKなのかを分かっておく必要があるでしょう。それが分かれば女性への迫り方も変わってくるかもしれませんね。

肩に手をまわす

何気なく肩に手をまわしてくるような男性に対して、お酒が入っているからいいかなと思う女性は案外多いのです。ただ、これは関係性にもよるのです。元々が友達以上恋人未満のような関係なら、お酒の力を借りて更に仲良くなれることもあるでしょう。
でも、職場関連の人ならその行動はちょっと行き過ぎとうことになります。肩にまわした手をすっとうまくほどくような、そんな余裕を持てる女性は魅力的ですね。「何するんですか!」と言ってその場の雰囲気を台無しにしてしまっては大人の女とは言えないのです。
そのため、肩に手をまわされた時には、その相手が自分にとってどういう存在なのかを考えてみましょう。その行動により、それが分かることもあるかもしれません。

シモネタを言ってくる

お酒が入るとシモネタを言う男性は少なくありません。これは普段なら恥ずかしくて言えないことが、お酒の力で言えてしまうケースでもあるのです。女性としては「あまりシモネタは好きではない」と思うことも。
でも男性が楽しそうにシモネタを話すので、その行動に対して相槌ぐらいは打つしかないと思うかもしれません。でももしも聞かれたくないような失礼な質問が始まった場合には、「いくらお酒が入っているからって許せない!」と女性が激怒してしまうこともあるかもしれません。
男性としては、お酒が入っているからといって、あまり調子に乗らないようにした方が良いですね。

陽気になる

普段はギャグなんて言わない男性が、お酒が入ったら時にギャグを言うようなこともあります。それが面白いものなら良いのですが、明らかに寒いことも。そんな時に女性としては、それを寒いものだと気がつかせてあげるか、仕方がないから流してあげようと思うのかで悩むでしょう。
でも、女性にとって困るほどのギャグではないのなら、これぐらいの行動は許せると思う場合もあるでしょう。程度によっては可愛いギャグと思い、女性が許してくれることもあるのです。
普段はとても真面目でクールな会社の男性が、お酒が入ると陽気になり明るくなるようなことなら、そのギャップが素敵だと思われることもあるのです。モテる人はそのことに気が付かず、自然にそういった行動をしていることもあるでしょう。

愚痴が多い

お酒の席で出来れば聞きたくないのが、愚痴や悪口ですが、お酒が入ったことにより、つい愚痴が増えてしまう男性もいるでしょう。普段はとても穏やかで優しい男性なのに、酔うと愚痴が止まらないことも。
でも女性から見れば、「この人、相当たまっていたのね」と温かい目で見てくれることもあるのです。でもこれが度を超すと絡み酒のようになってきます。こちらはあまりお酒を飲んでいないのに、勝手に絡んでこられても女性にとっては迷惑です。
多少の愚痴や悪口を言う行動なら、まだ仕方がないかなと許せますが、絡まれるというのは女性としては嫌なものでしょう。そして、それまでは「この人と付き合ってもいいかな」と思っていたとしても、その姿を見て恋愛対象外にされてしまうかもしれませんので、気を付ける必要がありますね。

まとめ

男性はお酒が入ると気が大きくなることがあります。そして普段はしない行動をすることも。これにより女性との距離が近くなることもあれば、逆に遠くなる場合も。気になる女性と飲む時には、お酒にのまれないようにしないと、女性から去られてしまう可能性が高いでしょう。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

香月 みほ

香月 みほ

B型の好奇心旺盛なライターです。
恋愛や男女の心理についての文章を書くことが好きです。
日々様々なことを吸収しながら、お役に立てる情報をお届けしていきたいと思っています。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る