「友達をやめて」親友と縁を切って欲しいと願う彼女の気持ちとは?1,490 views

ある日彼女から「あなたの親友の〇〇・・・あの人と縁を切って」と言われたりしたことありませんか?独り占めしたい嫉妬心からなのか?それとも?彼女の立場からすれば色々な思惑があるようです。これを知ることで、縁切りを回避できるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「男友達と縁を切って」「貴方の親友嫌い」というような言葉を彼女から言われた経験ありませんか?
こんな言葉を言われると、自分が否定されたような機がして、イライラしたりする人もいるはず。
でも、女性にはちゃんと根拠や不安があってこのような言葉を口に出しているんですよ。 それは一体どういう心理なのでしょう。
今回は、「友達をやめて」親友と縁を切って欲しいと願う彼女の気持ちとは?をお届けします。

貴方といる時間を邪魔する男友達に嫉妬している

女性が、貴方の友達に対して色々言ってくるというのは「嫉妬」という気持ちが作用しています。
嫉妬と聞くと、異性に対してするものだと思っている方も多いかもしれません。
でも、けして異性にだけ感じる気持ちでは無いのです。
自分の大切なものが、取られてしまうという感覚は、同性にも感じるもの。
男性にも、覚えがあるかもしれません。
例えば、自分の彼女が貴方の約束よりも、自分の女友達との約束を優先してばかりいる時、「俺のことは放って置くくせに」なんて小さな嫉妬をした事はないでしょうか?
その気持ちが、男性より女性のほうが強いと考えるとイメージが沸き易いでしょう。
男性は、主に自分の好きな女性が、違う男に取られないかヤキモキする気持ちが大きいのかもしれません。
でも、女性はそれと同じくらい彼と一緒に居られる時間を邪魔する男友達に嫉妬しているのです。

男友達の性格に貴方が影響されないか心配している

男性同士でつるむと、どうしても悪い事しちゃいたくなっちゃいますよね。
彼女がいるのに、合コンや出会いの場所に行ってしまったり。
貴方の親友や友達に、彼女が居ればまた話は違うのですが、彼女が居なく出会いを求めている場合、友達に付き合って飲み会に参加し、新しい女性を選んでしまうのではないかという不安が常に付きまとってしまうわけです。
「お前だけだよ」と口でいっても、行動が違うなら説得力はゼロに。
男性にとって、男友達は彼女よりも優先される事項だという事を女性は何となく理解しているので、自分が行かないでといっても行くことくらい解っているもの。
だからこそ不安になってしまう気持ちを理解してあげましょう。

どうしたら彼女を安心させる事ができるのか

彼女に「男友達と縁を切って」と言われた所で、本当に縁を切る人なんていないはずです。
親友の縁を切るなら、彼女との縁を切るよと思っている人もいるかもしれません。
そうなれば、喧嘩になり本当にお別れという事態に発展するケースも。
どうしたら、彼女の不安を取り除き安心させ、今までどおりの関係を両方と保っていく事ができるのでしょう。
それには色々な方法があります。
1つ目は、彼女を友達に合わせる事。そして友達と彼女と一緒に遊ぶ時間を作る事です。
女性は、彼氏の友達に紹介してもらえると自分を認めてもらえたような気持ちになりとても嬉しいものです。
回りの男友達の連絡先などを1人でも教えておくとより信用度は高まります。
2つ目は、男友達と遊んでいる時にやましい事が無ければ、遊んでいる最中に彼女に連絡をして写真や動画を送る事です。
自分との時間よりも友達を優先された不安と、異性がいるかどうかの不安の2つを抱えている彼女に、異性はいないよというアピールをする事で1つだけでも不安を取り除いてあげることができます。

いかがでしたか?
今回は、「友達をやめて」親友と縁を切って欲しいと願う彼女の気持ちとは?をお届けしました。
特に、お付き合いしたては、相手のことが良く解らない状況なので強くも言えず、不満や不安を一人で抱え込んでしまう女性は多いもの。
ちゃんと彼女に信用してもらえる行動を取りることで、自分も動きやすくなります。
1度信用を得てしまえば、それほど口うるさく言わなくなるので、最初が肝心ですよ!

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

亀ぱんだ

亀ぱんだ

朗らかおおらかいつもニコニコ!亀ぱんだです。
色々な人と知り合うことで人生をジェットコースターのように生きてきました。
色々な考えを持つ人がいて、だからこそステキな出会いが会って。人間っていいなって心から思います♪貴方の心を癒せるようなそして、ステキな恋に導けるようなそんなライターになりたいなと思います。よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る