マッチアラーム

女の気持ち

女性からの脈ありと脈なしのLINEの違いを知ろう!

投稿日:2016年7月31日 更新日:


女性からのLINEの文面から、脈があるかを見極めることは比較的容易にできます。では、どのようなLINEのメッセージが脈ありなのか、その女性心理と合わせてお伝えしていきたいと思います。

返事が遅い

返事が遅いと、こちらに対して脈なしなのかな…と思ってしまう男性もいるでしょう。でも好きだからこそ返事が遅れることもあるのです。すぐに返すと脈ありがバレると思い、あえて返信を遅らせることも。ですから、女性からの返事が遅いからと脈がないと判断するのはまだ早いのです。そういう女性は自分からあまり早く返事をすると、相手に気持ちがばれちゃうと思っているのです。

でも好きではない相手にもLINEを返したく相手に自分の気持ちがない女性の心理もあるでしょう。では脈ありなしが分かる方法はあるでしょうか。ここで脈ありか脈なしかを判断するには、返信の内容によります。「返事が遅れてごめんね」と書いてくるようなら、脈ありと思っても良いでしょう。遅れたことをちゃんと謝ってくるメッセージがあれば可能性が高いです。

でも謝るような言葉が無い場合は、脈なしの可能性が高いです。謝る必要は特にないかなと思うのは、脈なしだからでしょう。脈ありならそれなりの思いや配慮が文面に表れるものです。内容もそれほど意味のあるものではなく、日常生活のネタなど当たり障りのない話で終わります。

スタンプが多い

スタンプが多いと、脈ありと思うかもしれませんが、その逆が多いのです。スタンプで返事をするのは、とても簡単なこと。文を考えることに比べたら手間もかかりません。なんとなくそれっぽいスタンプを選択して送信するだけです。そのため脈なしの相手に対してはスタンプで返事を済ませてしまう女性も。

スタンプは「これで今日のやりとりは終わり!」ということを伝えたい場合もあるのです。もう話を打ち切りたいという思いですね。それに気が付かずに、何度も男性からもスタンプを送っていると、女性は辟易してしまいます。スタンプは受け取る方も送る方も結構気楽なものですよね。

ですが男性の方から調子に乗ってスタンプを送りまくると、その場の空気の読めない気の利かない男、配慮のできない男の烙印を押されてしまいそうです。
そうなると、もうこの男性とはLINEのやりとりはしたくないという心理になってしまうでしょう。

スタンプの種類にもよりますが、脈ありの場合には愛情を込めたものを送ることが多いでしょう。でも脈なしの場合は、あまり意味の無いような内容のものを送ることが多いのです。どんなスタンプを送ってくれたかも脈あり脈無しの判断材料になるので、スタンプの種類は要チェックです。

メッセージが長い

男性に対して長文のLINEメッセージを送る場合、脈ありのケースが多くなります。長文を打つことに時間を使うわけですから、脈なしの相手にわざわざそのような手間のかかることはあまりしません。

男性に対して長文を送るということは、自分の気持ちを少しでも多く伝えたいという表れ。長文を考えながら打つのはなかなか手間がかかるものです。女性からの思いや愛がこめられているのです。そういったメッセージに対しては、せめてその半分の量でも長文で返すようにしたいところですね。せっかく頑張って長文を書いてくれてるのですから、一言で返事を済ませたり、スタンプだけで返すようなことをしてはいけません。

男性は長文を送るのが苦手な人が多いですが、女性からの内容に対して、返事を返してあげるように話をもっていけば大丈夫です。話を聞いてくれて、きちんと反応してくれる男性はモテるのです。

それなりに長い文章で返してくれれば、女性にとっても嬉しい気持ちになるでしょう。脈ありだと思う女性に対しては、配慮をしたいところです。心のこもった言葉がつづられていれば、かなりいい感じになるはずです。

頻度が多い

LINEの頻度が多いことは、脈ありの中でも特に分かりやすいサインですよね。どうでも良い相手にわざわざLINEの頻度を多くしようとは思わないものです。そのため、LINEの頻度が多いのなら、脈ありと思っても良いでしょう。

やりとりの頻度が高くなれば親密度も高くなります。いやじゃなければ、毎日のように連絡を取り合ってもいいのではないでしょうか。職場でのちょっとした出来事や、日常のなかでの出来事などをやり取りしているうちに生活の一部になってしまうかもしれません。

でもやりとりがあまりにも増えてきて、返信が追い付かない!というときは、予め「〇時から〇時の間は返信が遅くなるかもしれない」と伝えておくと、女性も理解をして安心ができるので、不安を抱かせたりすることもないですね。気のある相手にはぜひ伝えておきたいもの。一言そえるだけで、女は安心するのです。

淋しいと書いてくる

淋しい・・・というLINEのメッセージ。この女性は大丈夫なんだろうか・・・と考えてしまう人もいるかもしれませんが、脈ありの相手だからこそ、淋しい気持ちを分かってほしくて、そのような言葉を送ってくるのです。こんな時はしっかり返信してあげましょう。

もしもこういう言葉をメッセージに見つけたのなら、甘えさせてあげるようにすると良いでしょう。甘えることが苦手な女性にとって、淋しいという言葉は精一杯のサイン。そのサインを見つけたら、脈ありのサインです。あなたからの愛情を求めているのです。

淋しいという言葉を放置せずに「どうしたの大丈夫?何でも言って」と書いてあげると、通話をするようになるかもしれません。こういった女性心理は理解しておきましょう。そのうち2人で会って話そうか、となってデートすることになる可能性もあります。

まとめ

LINEで脈ありと脈なしは、少し冷静に見ることによりかなり分かるものなのです。LINEの脈ありと脈なしが分からずに、焦ってしまう気持ちはあるかもしれません。でもここで焦らずに、相手の様子を穏やかに見るようにしましょう。異性との間では焦りは逆効果です。

それにより、脈ありと脈なしがかなり分かりやすくなってくるのです。相手の様子から、脈ありということがわかってきたら、こちらからもそれなりの文章を書いて伝えたいところです。そして会う約束をとりつけたいですね。人は会うことでさらにお互いの気持ちが深まっていくものなのです。

LINEが脈なしだったアナタは…


恋愛したい!彼女が欲しい!そんな方は、「彼女欲しい!!と思ったとき、「出会いの場」どうしてる??」を読んでみてください。

出会いは作る時代!少し意識を変えるだけであなたの求める恋愛はスタートできるんです!

合わせて「こりゃダメだ…彼女ができない人とイケメンじゃないけどモテる人の違い」も読んでみると女性が男性に対して求めている理由がきっとわかりますよ!これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

あなたにおすすめの他の記事



-女の気持ち
-

Copyright© ORETTE.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.