女が二股に走る時…不誠実な彼女の気持ちの裏側161 views

彼氏がいながら、または夫がいながら、二股・不倫をする女性。あまり表沙汰にはなりませんが、裏ではよく耳にする話題です。「え?あんな大人しそうな女性なのに?」ってこともよくあります。なぜ女性は二股に走るのでしょうか?

orette
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彼氏がいながら、または夫がいながら、二股・不倫をする女性。あまり表沙汰にはなりませんが、裏ではよく耳にする話題です。「え?あんな大人しそうな女性なのに?」ってこともよくあります。

なぜ女性は二股に走るのでしょうか。その人は不誠実で、それぞれの男性を騙してほくそ笑んでいるのでしょうか。それとも、秘密を所有する罪悪感に酔いしれているのでしょうか?

今回は、なぜ女性が二股するのか。そして、二股をしている女性の深層心理から、浮気の兆候を探ってみたいと思います。

女が二股する理由…そういえば女には風俗がない

https://www.shutterstock.com/

https://www.shutterstock.com/

女性にも性欲があります。個人差が大きいですからなんとも言えませんが、中には男性のそれを上回る絶倫の女性も…きっといるんでしょう。それを、「お前は女だから彼氏だけで我慢しておけ」っていうのも酷な話です。

女には風俗がないんだぞ!

男性はお金さえ払えばそういうサービスをしてくれるお店があっていいですよね。ちょっと羨ましく思います。だって女性専用に、そういうお店はありません。もしあったとしても、世間体があるのできっと行けないでしょう。

ということは、もし性欲が有り余って「ほかの男と一発やりたい」と思った女性がいても、お店のサービスではなく身近にいる知り合いの男にお願いする…ということがあるかもしれませんよね。

気持ちの問題?寂しいとほかの男に行く

また、女性は性欲だけでなく、精神的に満たされない場合もほかの男に気持ちが向く傾向があります。彼氏が忙しくて構ってもらえないとき、ほかの男性に優しくされたらそっちに行くでしょう。

これは、おなかが空いて「ご飯まだ?」と待っているとき、「お菓子でも食べて待っていなさい!」という親に背いて、ほかの家でご飯を食べる…みたいなことに似ています。

つまり、上記の「風俗店がない」ということや、精神的に寂しくなった、ということもあわせて、「女性が不誠実になるのには、何か理由がある」ということです。

男を騙して楽しんでいるのか?

https://www.shutterstock.com/

https://www.shutterstock.com/

不誠実であることを楽しんでいる女性…というのも、少数ながら存在します。男の気持ちを弄ぶ人ですね。このような人の場合、「そういう人なんだ」と割り切るしかありません。

性格が良い悪い、ということではなく、「人を傷つけて楽しむ人」というのはいます。矯正することもできません。このような人にあたってしまった場合は、諦めるしかありません。

浮気や二股をする女に共通する欲求

では、浮気や二股をする女性には、どのような共通点があるのでしょうか。そこに恋愛はあるのでしょうか。男の気持ちは無視しているのでしょうか。

いっぱい愛が欲しい…共通する欲求

https://www.shutterstock.com/

https://www.shutterstock.com/

浮気・二股する女性たちに、話を聞いたことがあります。私は二股したことがないので、(というか恋愛って面倒だからしたくない)どんな気持ちなのかわかりません。

彼女たちの話に共通するのは「私だけを見てくれる複数の人の存在」でした。簡単に言うと、過去何かあったのか、もしくは生まれながらにそうなのか、「愛がたくさん欲しい」のです。

母親からも愛されたい。父親からも。祖父母からも。学校の先生も。友達も。みんな私のことを愛して!私に注目して!褒めて!認めて!構って!

このように、自分から何かを愛しに行くスタンスではなく、「みんなに注目されたい、愛されたい」というタイプの人が二股や浮気をする傾向にあるなあ、と感じました。

彼氏の気持ちは無視していない

二股とは、今の恋愛相手を裏切る行為かもしれませんが、満たされていない女性からすれば、「お腹がすいたからコンビニ行ってくる」くらいの感覚かもしれません。

つまり「裏切ってやる!へへへ…」ということではなく、「なんか物足りないなあ…しょうがない、ほかにも食べるか」って感じです。そのため、「彼氏を傷つけたい」わけではないことが多いです。

二股相手の男性にも、迷惑さえかからなければそれでいいと思っているでしょう。悪気がないからやってもいい、ってことではありませんが、少なからず二股をする彼女たちは共通して、“自分を満たすこと”にベクトルを置いていると思います。

恋愛は自由!彼女を尊重する気持ち

https://www.shutterstock.com/

https://www.shutterstock.com/

では、どこからが浮気か?という問題があります。何をしたら二股になるのか?手をつないだら?セックスしたら?どこからが恋愛で、なんだったら遊びなのでしょうか。

もしかしたら、彼女は二股をしている、浮気をしている、という意識はないかもしれません。男の過剰な嫉妬心が、そう見せているだけかもしれません。

騙されるならとことんダマされろ

私の知り合いのAさんは、とても優しい男性でした。彼の妻は仕事をバリバリこなすキャリアウーマンで、結婚しても子供がいなかったのでお互いわりと自由にやっていました。

しかし妻は結婚している身でありながら、職場の後輩と体の関係にありました。それが発覚したのは、妻が後輩との関係で妊娠、堕胎したことからでした。

それでもAさんは怒りませんでした。「彼女は仕事もしていて、ストレスもあったろうと思う。けれど、家でも家事をしてくれていたし、そのストレス発散の方法が浮気だとしても責められない」

Aさんは「自分が彼女を信用しているからそれでいい」と言っていました。つまり、浮気や二股が善か悪か、ではなく、“彼女が妻としての仕事をしっかりこなしているんだから、それ以外は彼女の自由だ”と割り切っていたのです。

ただひとつ、Aさんが言った言葉の中で辛かったのは、「内緒にするなら死ぬまで秘密にしておいてほしかったかもしれない」。人を信用するってことは、騙される覚悟を決める、ということでもあるようです。

心から満たされている幸せな人は浮気も二股もしない

上記のAさんの話で、「不甲斐ないやつだ、俺だったら絶対許さない。女と浮気相手を地獄の果てまで追いかけていってこらしめてやる」と思う人もいるでしょう。

しかし、突き詰めて行くと、女だから浮気してはいけないのか。男は浮気しても許されるのか。どこからが浮気で二股で、本気で遊びなのか。

自分の彼女・妻でいてくれている時間とは別の時間で、彼女が何に夢中になろうが、どんな遊びをしようが、そこまで全部を把握して管理する…ということはできませんし、してもいけないんだと思います。

結果、Aさんの妻は「不誠実な妻」となってしまいましたが、人ひとりの行動を完璧にコントロールすることはできません。きっと自分でもよくわからないまま行動していることもあるでしょう。

心底満たされて、満足しているとき、人は道を踏み外すことはありません。そのような危険の信号、兆候、サインを見逃した責任を逃れて、誰か彼女を責めることができるでしょうか。

浮気の兆候…二股女の深層心理

浮気するかもしれない、二股するかもしれない女性の深層心理はどのようになっているでしょうか。また、二股する彼女から発せられている兆候とは?

イライラ・不安感・空虚感

https://www.shutterstock.com/

https://www.shutterstock.com/

誰にでもあることですが、今後の見通しがつかず、わけもなく不安になったり、無性にイライラしたり、わけもなく空虚感に襲われたり。メンタルの調整が難しいのが女性です。

「よし、二股しよう!」と思ってする女性はいないと思いますが、お酒に逃げたり、タバコで誤魔化したり、過食したり、と同じレベルでセックスや二股に逃げる人もいるんだと思います。

「彼氏とセックスすれば?」と思われるかもしれませんが、自分の弱っているところを好きな人に見られたくない、と思うのは男女共通ではないでしょうか。また、求めすぎて嫌われるのも問題です。

このようなメンタル面から浮気や二股に走る女性は多いので、まずは彼女の普段の行動をよく観察して変化がないかチェックしておくといいでしょう。

妙にそわそわして落ち着かない、話をしても上の空、何かに怯えている、同じ行動を繰り返しているなどなど。予め兆候に気づいてあげて、適切なケアができれば、阻止できるかもしれません。

また、愛情は「行動から読み取ってくれ」「空気を読んでくれ」では伝わりません。言葉にしてはっきりと、常に伝えていかなければ、彼女は愛を疑うでしょう。

心の底から満たされて、その場所に居心地の良さを感じれば、ほかの男に走る確率はぐっと下がります。彼女たちを不誠実にしているのは、“男の不親切”が原因かもしれません。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る