彼氏は年下! 彼氏には言えないがアラサー女性が思っていること2,746 views

アラサー彼女の本音、気になりますよね。相手が年上の場合はどこまで本気で好きでいてくれてるのか、とか何を考えているのだろうと悩みも多いと思います。では実際にアラサー女性が年下彼氏に思っていることをご紹介します。

彼氏は年下! 彼氏には言えないがアラサー女性が思っていること
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アラサー彼女の本音、気になりますよね。
相手が年上の場合はどこまで本気で好きでいてくれてるのか、とか何を考えているのだろうと悩みも多いと思います。
では実際にアラサー女性が年下彼氏に思っていることをご紹介します。

本音では彼氏にもう少し落ち着いて欲しいと思っている

アラサー女性の心理は意外と複雑です。
仕事はある程度上手くいっていても恋愛に自信が持てないと精神的に不安定になりやすく、 女性はいつでも恋愛も仕事も安定していたいと思っているのです。
彼氏にいつでも頼る事ができ、落ち着いた行動を普段からとってくれていると安心できるのですが、年下彼氏ではやや難しい点も。
どんなところから落ち着きがないと思われてしまうのか。
例えば夜遅くまで飲んでいたり、記憶を失くすまで飲んだり連絡が頻繁に取れないと怒り出したりと、こんな行動が年下彼氏の不安な要素です。
もちろんそんな部分も可愛げがあって良いのですが、普段からそういう行動を取っていると、いざ頼りたい時に彼女は頼れなくなってしまいます。
なので、自分の行動が大人で落ち着きのあるものか一度考えてみて下さい。
いざという時にちゃんと頼りになる男性を女性は最後に選ぶ事が多いですよ。

夢について語り過ぎる年下彼氏にウンザリしている

これは人によって違う場合もありますので、あくまでこういう考えの女性もいるという事で捉えてください。
夢について彼女に話すことはとても大切ですし、良い事だと思います。
彼氏が年下のサラリーマンであったとしても「将来はこんな事をしてみたい」と仕事に熱意を持った方もいるでしょう。
ですがアラサー女性は精神的にも大人ですし自立もしているため、相手の夢を素直に受け止められないことがあります。
言葉では「そっか、応援してるね。頑張ってね。」などと言いますが実際は自分も疲れているし、何回もその話をされても困ると考えています。
なので、自分の夢は普段は内側に秘め、2人で旅行に行ったときなどにゆっくり語るようにした方が良いでしょう。
そういう場合、女性には「素敵な彼氏だな」と違った見方で映るものです。
女性は自分の話を聞いてもらいたい生き物なので、自分の夢の話は少し減らして彼女の話を多めに聞いてあげると好かれます。

年下彼氏とのお金の使い方の違いについて悩んでいる。

アラサー女性の悩みに必ず出てくるのがこの問題。
年下彼氏と付き合うと必ず金銭面で頭を抱えているものです。
問題はデート代を女性側が奢るのか、割り勘なのか、年下彼氏がお金の事で甘えてきたらどうしたら良いのかなどです。
お会計の時に気を使うと毎回本当に疲れます。
こんな時に年下の男性は面倒だなと女性は思ってしまいます。
ですからお会計の時は、スマートに男性が奢るか、女性に奢られた場合は「次は自分に出させて下さい」と一言いってほしいのです。
何も言わずに「ご馳走様でした」では、次会った時も私が払うのかな、なんて思ったりして会いにくくなります。
そんな男性は少ないと思いますが、アラサー女性は金銭面でもシビアに考えている事が多いのでデートの際は気をつけましょう。

結婚について常に意識している

意識していないアラサー女性ももちろんいますが、半数以上は意識しているという事です。
これはもう仕方のない事で、アラサーになると結婚を意識できない男性とはやはり長く付き合いたくはありません。
年下彼氏は出来るだけ曖昧にせず、自分に結婚の意志があるのか、ないのか早い段階で彼女に伝えてあげて下さい。
彼女は自分が意識していると思われたくないので、なかなかその話題を出しにくいものです。

以上がアラサー女性の本音です。
いかがでしたか?ドキッとした点もあるのではないでしょうか。
年上女性の事を今以上に理解して頂けたと思います。
これからも良い関係が築けるように頑張って下さい。

また、もしあなたに彼女がなかなかできないのであれば「彼女ができない原因とイケメンでなくてもモテる男の特徴」もあわせて読んでみてください。
彼女ができなかった原因がわかって、今までの人生が大きく変わるきっかけになるかもしれません。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ORETTE.jp 編集部

ORETTE.jp 編集部ORETTE.jp編集部

女心を掴みたい男性を応援するメディアです。自分を磨いて、パートナーとの楽しい時間を過ごせるリアルで価値ある情報を提供していきます。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る