彼女との喧嘩・・・思わず言った経験も?修復不可能な発言とは834 views

異性と付き合っていくと、楽しいことばかりではなく、時には喧嘩してしまうこともあるでしょうが、その時に修復不可能な発言をしてしまわないように気を付けておきたいところです。 ちょっとした口喧嘩ぐらいであればかわいいものですが、頭に血がのぼり過ぎて興奮してしまうと、修復不可能な発言をしてしまうことがあるものです。

出典:http://weheartit.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異性と付き合っていくと、楽しいことばかりではなく、時には喧嘩してしまうこともあるでしょうが、その時に修復不可能な発言をしてしまわないように気を付けておきたいところです。
ちょっとした口喧嘩ぐらいであればかわいいものですが、頭に血がのぼり過ぎて興奮してしまうと、修復不可能な発言をしてしまうことがあるものです。
言葉と言うのは相手を傷つけることがありますが、言った時だけでなく、一生傷つき続けることもありますから、十分注意しておくことが大切です。

口がくさいからしゃべるな

出典:http://weheartit.com/

出典:http://weheartit.com/

喧嘩の時と言うのは、冷静な判断ができなくなって、修復不可能な発言として悪口を言ってしまうことがあります。その時に気を付けたいのは、体のことに関する悪口です。
例えば、口喧嘩をしている時に「口がくさいからしゃべるな」などと言ってしまったら、傷ついてしまう人もいるでしょう。
他にも「肌の汚い奴とは話したくない」など、無茶苦茶な物言いも、修復不可能になりがちですし、相手を深く傷つけてしまうことがあります。

これだから高卒は困る

出典:http://weheartit.com/

出典:http://weheartit.com/

人には色々なコンプレックスがあるもので、そういった部分を突かれてしまうと傷つきやすいものです。
例えば、頭の回転が悪いことや物覚えの悪さが原因で喧嘩になってしまった時に「これだから高卒は困る」と学歴のことについて指摘されて乱暴な物言いをされてしまったら、傷ついてしまうものです。
なお、すぐに直せることであれば深刻度が低い場合もありますが、学歴のようにカバーしにくいものの場合には、やりきれない気持ちになってしまうものです。

前の彼女とはこんなことなかった

いくら喧嘩の時とは言え、言わない方が良いセリフと言うものがあります。それが「前の彼女とはこんなことなかった」と言うものです。
前に付き合っていた人の話をされるのが嫌な人は多いです。普通に話をされるだけでも嫌なのに、前の彼女と比較されて、前の彼女の方が良かったような言い方をされてしまったら、ショックで悲しい気持ちになってしまうものです。
人の能力や性格はそれぞれ違いますから、優劣はあるでしょうが、それをストレートに伝えるのは良くありません。

彼女の名前を呼び間違える

修復不可能発言の定番とも言えるのが、名前の呼び間違えです。普通の会話の時にも気を付けるべきですが、喧嘩のように頭に血が上っている時には、頭が上手く回らず、うっかり前の彼女の名前を言ってしまう恐れもあります。
最悪なのは、喧嘩して、少しお互いの状態が落ち着いて、何とか仲直りの方向に向かっている時に、名前を呼び間違えることです。
嫌がらせのつもりか、と思われてしまう恐れもあり、正に修復不可能な状況に陥ってしまうでしょう。

喧嘩が始まると、冷静さが失われて、普段気になっていることを言ってしまったり、別に気にもしていないことを嫌な言い方で伝えてしまうことがあるものです。
お互いの仲が険悪になってしまった時でも、感情的にならず、落ち着いて行動をして真剣に相手に向き合っていることが大切です。
そういった姿を見れば、相手も大人になってきちんと話ができるようになり、お互いが修復不可能な発言をしてしまうようなこともなくなるものです。

また、もしあなたに彼女がなかなかできないのであれば「彼女ができない原因とイケメンでなくてもモテる男の特徴」もあわせて読んでみてください。彼女ができなかった原因がわかって、今までの人生が大きく変わるきっかけになるかもしれません。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ORETTE.jp 編集部

ORETTE.jp 編集部ORETTE.jp編集部

女心を掴みたい男性を応援するメディアです。自分を磨いて、パートナーとの楽しい時間を過ごせるリアルで価値ある情報を提供していきます。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る