ちょっと怖い?束縛がキツイ彼女とうまく付き合うためには942 views

出典:http://weheartit.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

好きな人のことなら何でも知りたい!という女性は意外と多いものです。初めの頃は可愛く見えていたけれど、度を超えてしまうと束縛がキツイ彼女にしか見えません。このままの状態が続いたら、彼女のことを嫌いになってしまいそうですよね。そうなる前に、うまく付き合うためのポイントをご紹介していきます。

自分から先に連絡を入れてしまう

出典:http://weheartit.com/

出典:http://weheartit.com/

束縛がキツイ彼女は、「今どこで誰と何をしているのか」が気になるわけですから、先にそれを連絡してしまうのです。だから数時間は連絡が取れないとあらかじめ言っておくのです。でも束縛がキツイ彼女の場合は、そんな理由では納得してくれないものです。
だから困っているのですが「それ以上は耐えられない」とハッキリ言ってしまった方が良いのではないでしょうか。これ以上は耐えられないという限界を伝えておけば、別れたくないと思っている彼女は、きっと改善する努力をしてくれるはずです。

逆転の発想?「あんまり心配させないで」と言う

出典:http://weheartit.com/

出典:http://weheartit.com/

束縛のキツイ彼女は、あなたがいつ帰るかわからないのに、家の前で待っていたりすることもあるでしょう。もし終電がなくなって帰れなくなったら困りますし、夜中に彼女が一人で玄関の前にいるなんて心配ですよね。
そのような時は怒るのではなく、「あんまり心配させないでくれ」と優しく言うのです。そう言われると彼女は、自分のことを心配してくれているのだと安心しますので、案外素直に聞き入れてくれることでしょう。

もう少しゆっくり進みたいと言う

束縛がキツイ彼女は、付き合った瞬間から「あなたは私だけのもの」という感覚になります。だから何から何まで知らないと気が済まないですし、自分以外の女性と話しただけで怒り出すのです。でもちょっと極端ですよね。
いきなり関係を深めるのではなく、もう少しゆっくりと関係を進めていきたいと申し出てみましょう。それまでは、部屋に私物を置いたり、家の前で待ったりするのはやめにして、ちゃんと約束したデートで会うようにするのです。焦ると良いことはないと伝えましょう。

結婚を考えられる彼女なら一緒に暮らす

束縛がキツイ彼女は、あなたと一緒にいない時の行動が気になって仕方ないわけですから、いっそのこと一緒に暮らしてしまった方が逆に束縛が少なくなるかもしれません。そんな彼女と一緒に暮らしたら大変だと思うかもしれませんが、安心感を与えることができますので、少し落ち着くと考えられます。
ただし結婚する気が全くない場合は、一緒に暮らすのはやめた方が良いでしょう。もし別れることになった場合に、しつこく復縁を迫ってくると考えられるからです。彼女の気持ちを大切にしながら、自分の自由も確保できるように話し合うことが何よりも重要だと言えるでしょう。

何か一生懸命になれることを探してもらう

女性は男性と違って、仕事に人生をかけている人はあまりいないものです。男性は仕事に打ち込みたい時は、彼女に会えなくても心の支えになって欲しいと思うものですが、女性はそばにいることがすべてなのです。彼氏が一番なのは変わらないでしょうが、何か他に打ち込めることを探してもらうのです。
カルチャースクールに通うのも良いですし、独学で何かを勉強するのも良いでしょう。「何かを一生懸命頑張っている人が好き」などと言えば、何かを始める気にもなるのではないでしょうか。

彼女のことが好きで付き合ったのに、束縛がひど過ぎて嫌いになってしまうのは悲しいですよね。束縛のインパクトが強すぎて、あなたも彼女の良い所が見えなくなってしまっている可能性もあります。
もっと彼女のことを知るためにも、あなたも彼女に対して興味を持って、色々と観察してみましょう。意外な一面が見えたりして、束縛というマイナスポイントがプラスになるほどの魅力を見つけられるかもしれませんよ。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

【5年以内に作家になるライター】壇条 美智子

【5年以内に作家になるライター】壇条 美智子

学生時代に心理学を専攻し、20代には女優を目指して舞台や映画に出演。その後は美容・健康系の資格を取得し、ライターとして始動。元格闘家の夫の食事管理やマッサージなどの経験を活かして、皆様に有益な情報を提供したいと思っております。

現在は、健康、自己啓発、夫婦関係、成功哲学などの記事を執筆しながら作家を目指しています。

ブログ:http://www.danjyomichi.net/

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る