恋人と長続きする秘訣は実はコレだった!6,442 views

恋人と長続きしなくて悩むのは男性だけではなく女性も同じなのです。そのためどちらに原因があるということが、はっきりしているわけではありません。でも恋人と長続きする秘訣を男性が知ることが出来れば、女性の悩みも一緒に解決することが出来るのです。 恋人と長続きするためには、どのような秘訣があるのでしょうか。

出典:http://weheartit.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恋人と長続きしなくて悩むのは男性だけではなく女性も同じなのです。そのためどちらに原因があるということが、はっきりしているわけではありません。でも恋人と長続きする秘訣を男性が知ることが出来れば、女性の悩みも一緒に解決することが出来るのです。
恋人と長続きするためには、どのような秘訣があるのでしょうか。

出典:http://weheartit.com/

出典:http://weheartit.com/

常に変化をしていくようにする

マンネリになってしまっても、結果としては二人の関係は長続きしないでしょう。そのため、マンネリにならないことが必要なのです。そのためには、お互いに常に変化をしていくようにすることが必要です。
外見や内面などについて、今までの自分よりも魅力的になるように努力や工夫をすることが必要でしょう。それが出来れば、この人とずっと一緒にいたい!とお互いに思うことが出来るのです。いつまで経っても変化の無いような相手を見ていると、つまらない…と感じることも多いですよね。
そのように思われないために、出来るだけ変化をしていけるように自分なりに考えることが大切なのです。そんなに難しく考えずに出来ることから始めてみましょう。

相手に甘え過ぎないようにする

付き合いが続くことにより、つい相手に甘えてしまう気持ちが出てきます。これが多少のものなら、かわいいと思えたり愛しいと感じることになるでしょう。でも相手が甘え過ぎるようなところを見ると、なんだかとても面倒に思えてきてしまうのです。
なぜこんなに甘えてくるの?と思い、もっとしっかりしてほしい!と思うこともあるでしょう。時には頼れる存在であることを見せる必要があるのです。それが出来ないと、甘えてくるばかりの相手に、段々と嫌気がさしてしまうことになるでしょう。
恋人と長続きをする秘訣は、適度に甘えて頼れる存在でいることです。それが出来れば、相手と楽に付き合う事が出来るでしょう。相手も「私もそういう存在になろう!」と思うようになることもあるのです。

マメさは必要!

連絡頻度だけではなく、相手が求めているものを与えてあげること、それがマメな男として必要なことなのです。それが出来れば自然に相手から求められる存在になるでしょう。マメであることが続けば、関係も自然に長く続くことが出来るのです。
逆にマメが欠如してしまうと、長続きは難しくなるでしょう。マメではなくなることは、相手に対しての甘えや安心感もあるでしょう。でも女性はマメな男性をずっと好み続けることが多いのです。
最初はあんなにマメだったのになぜ?と思うと、急に淋しくなってしまうでしょう。そして、もう無理かもしれない…と思ってしまうのです。「もっとマメな人を探そう!」と思うようになるのです。
たまたま近くにマメな男性がいた場合は、そちらにフラッとしてしまうこともあるでしょう。

「ありがとう」と「ごめんね」

恋人で長続きをするほど言えなくなるのがこの二つの言葉です。でもこれらの言葉はとても大切なものです。逆に言うと、これを言えなくなってしまうのは長続きが難しいことになるのです。
ありがとうという言葉をただ言うのではなくて、笑顔で心を込めて言うようにしたいですね。面倒…と思うかもしれませんが、これをちゃんと言い合えることが出来れば、自然に長続きすることが出来るのです。
非を認めないようなことをしてしまうと、ごめんねが言えなくなります。これに対しても、必要不可欠な言葉だと言えるでしょう。「どうしてここで、ごめんねが言えないの?」と心の中で思うようになってしまうのです。

まとめ

恋人と長続きする秘訣についてお伝えしてきました。そんなに難しいものはありません。自分にとってプラスになることが多いですから、ぜひ試してみてほしいと思います。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

香月 みほ

香月 みほ

B型の好奇心旺盛なライターです。
恋愛や男女の心理についての文章を書くことが好きです。
日々様々なことを吸収しながら、お役に立てる情報をお届けしていきたいと思っています。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る