セフレのいる女の恋愛観とは?付き合うべきか?2,242 views

「良いな」と思った女性にセフレが居た・・・。そんな時、多分男性は、ちょっとガッカリした気持ちになるのではないでしょうか?セフレを作る女性=ヤリマンという考えがどうしても抜けないからかもしれません。

shutterstock_155356055
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「良いな」と思った女性にセフレが居た・・・。そんな時、多分男性は、ちょっとガッカリした気持ちになるのではないでしょうか?セフレを作る女性=ヤリマンという考えがどうしても抜けないからかもしれません。

でも、セフレを作る女性には色々な裏の事情があるようですよ。今回は、好きになった子にセフレがいた!セフレの居る女の恋愛観とは?をお届けします。

寂しいのに耐えられない

shutterstock_280860182

女性は男性に比べて寂しがり屋さんが多いんです。男性は、仕事という大きな目的があるとそこに集中できる生き物ですが、女性は人と人との繋がりを人生のベクトルに置きます。

そのため、どうしても「一人で居るのが耐えられない」とセフレを作ってしまう事もあるようです。寂しいという気持ちを表現するのにも人それぞれ形があり、セフレを作る人も居ますし、友達と毎晩のように飲み歩くという女性も居ます。

もし、貴方が彼女を本気で好きなら、彼女の寂しさを癒す行動を取る事で彼女の気持ちは貴方だけに向くようになりますよ。

断れなくてズルズルと・・・

YES・NOをはっきり言える人間だけではありません。女性の中にも、男性に強引に迫られればNOと言えない女性も居ます。それほど好きな男性じゃなくても飲んだ勢いで強引にセックスを迫られ「断る事が面倒くさい」と体の関係になってしまう人も結構多いみたい。

男性は、1度抱ければ次も出来ると思うものですよね。そうなれば、何度も関係を迫ってくるはず。その誘いも「次は断ろう、次は断ろう」と思っているのに断れない状態になっていることも。

彼女のセフレを断ち切るためには、「大切な人」として貴方が彼女のガード役になる事。「俺を傷つけないでね」「俺のためにNOって言ってね」と言う事で、断る理由が彼女の中で出来上がるのでセフレとの関係を断ち切ることができるようになるかも。

元彼との関係が切れない

セフレはセフレでも相手の男性が「元彼」というパターンも多いです。女性は気持ちが弱いので、自分が好きなのに彼に振られてしまった場合、彼の言いなりになってしまう事が良くあります。

自分でも都合よく使われている事が解っているのに「彼に会えるなら」とセックスを許してしまんですね。この場合は、彼女の気持ちが元彼から離れなければ関係を完全に切ることは難しいでしょう。

彼女が貴方を本気で好きになり、元彼に依存する気持ちが消えた時、セフレ関係やめさせることが出来るかもしれません。貴方の熱意と誠意が彼女の心を動かす事を忘れないで!

スポーツ感覚のセックスを楽しみたい

女性の多くは「愛情とセックス」を結び付けます。セックスは愛している人とするものと思っている人が殆どなんです。でも、中には、それを切り離して考える事が出来る男性的な思考の持ち主も居ます。

そういう女性は、「気持ちよいセックスをしたい」という理由でセフレを作ります。このタイプは、彼氏は彼氏で好きだけど、セックスは○○君の方が良いからそっちとするという風に考えてしまうんですよね。

こういうタイプは、セックスに興味がなくならない限りは関係を断ち切れません。また、1度セフレ関係を断ち切ったとしても、貴方とのセックスが良くなければ直ぐに違う男性と体の関係を持ってしまうタイプ。

こういうタイプを好きになると苦労する可能性大です。

いかがでしたか?

セフレを持つ全ての女性がセックスが好きで、一人じゃ満足出来ないからという理由でセフレを作っているわけではない事がお解かりいただけたかと思います。

女性の寂しい気持ちや、愛されたい気持ちを満足させる事が出来れば、殆どの場合セフレは切ってくれるはず。貴方の真心で彼女の閉ざされた気持ちを開き、本当の愛を教えてあげてくださいね。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

亀ぱんだ

亀ぱんだ

朗らかおおらかいつもニコニコ!亀ぱんだです。
色々な人と知り合うことで人生をジェットコースターのように生きてきました。
色々な考えを持つ人がいて、だからこそステキな出会いが会って。人間っていいなって心から思います♪貴方の心を癒せるようなそして、ステキな恋に導けるようなそんなライターになりたいなと思います。よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る