一途な男性はモテる!その理由はコレだった!1,753 views

女性は自分だけをきちんと見てくれる人を選ぶもの。本当に幸せでありたい人は一途であるべきなのは言うまでもなく。なぜ女性は一途な男性を求めるのでしょうか?

出典:http://www.shutterstock.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一途な男性を好む女性は多いです。世の中には一途な男性が案外多く存在します。ではなぜ一途な男性は女性にモテるのでしょうか。その理由について、一緒に考えていきましょう。

安心感があるから

出典:http://www.shutterstock.com/

出典:http://www.shutterstock.com/

一途な男性なら、浮気をする可能性が低いと女性は思うのです。そのため一途な男性となら付き合っても安心と女性としては、穏やかな気持ちでいることが出来るでしょう。そのため、一途な男性はモテるのです。

一途な男性になろうと思い、モテようとしてもそれが出来ない場合もあります。それは仮面をかぶったような一途な男性の場合ではないでしょうか。この辺りを見抜くことは女性は得意ですから、本当に一途な男性なのかそうではないのかは、すぐに分かるものです。

一途な男性のフリをしていても、そうではなくて他にも女性の影があるようなことは、女性としては気が付きやすいので、一途な男性になるのなら、本気でそれを目指した方が良いですね。

特別感を得られるから

一途な男性は「○○ちゃんだけが好きだよ!」と言ってくれるようなことが多いです。そこに女性は、特別感を得ることが出来るのです。女性としてはこういう気持ちを持つことがとても好きですから、そういう思いを与えてくれる男性に対して好意を抱くでしょう。

そして自然にそういう男性はモテることになるのです。一途な男性がモテる理由としては、特別感を女性に与えることが出来るから、ということもあるのではないでしょうか。女性は特別感が得たくて、自分なりに向上をする傾向があります。

他には代わりはきかない、君だけしか好きになれないと言われるような女になるために、努力をしているような女性もいるのです。その思いが報われた!と思うのは一途な男性から好かれた時でしょう。

そのため自分の頑張りが報われたという理由でも、一途な男性から好かれると女性は嬉しい思いを持つことになるのです。

結婚を考えることが出来る

一途な男性と付き合うことにより、結婚を意識することも出来るでしょう。恋人の期間というのは楽しいものですが、結果として別れが待っている場合もあります。そのことに対して疲れてしまったような女性は、一途な男性との結婚を夢見るようになるのです。

「こういう男性となら結婚しても、きっと幸せになれる」そう確信をすることが出来るでしょう。「こんな人と結婚しても幸せになれそうもない。結婚はまだまだいいわ。」と思うことも女性にはあるでしょう。

でもそうは思いながらも、そろそろ婚活でもしないと…という焦りを持つこともあるのです。でも一途な男性と出会うことが出来れば、結婚を意識することが出来ます。そして結婚してもいいかも…と真剣に思うことが出来るのも、一途な男性がモテる理由なのです。

自分に自信が持てる

一途な男性から好かれる時には、とても熱いアプローチがあることが多いでしょう。「この人は、こんなにも私のことを愛してくれている」と感じることもあるはずです。この思いを感じることにより、女性は自分に自信を持つことが出来るようになるのです。

人を愛することにより得る自信もありますが、人から愛されることにより得られる自信はとても大きなものでしょう。この自信を持つことが出来るのも一途な男性が相手だからこそです。

そして、この男性にもっと好かれる自分でいたいと思うようにもなるでしょう。自分を高めてくれるという理由からも一途な男性は女性からモテるのです。

まとめ

一途な男性が女性からモテる理由はたくさんあります。そのため、女性からモテることを望むのであれば、出来るだけ一途な男性を目指してみましょう。少しの努力と工夫で案外簡単になれるものですから、今日からでも意識をしてみると良いですね。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

香月 みほ

香月 みほ

B型の好奇心旺盛なライターです。
恋愛や男女の心理についての文章を書くことが好きです。
日々様々なことを吸収しながら、お役に立てる情報をお届けしていきたいと思っています。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る