男友達から恋愛対象に昇格!思わず友達に恋してしまった瞬間1,329 views

「友達としか見れない、ゴメンね」と言われてフラれてしまった経験、ある人いると思います。普通、恋愛感情を持てない人とお付き合いはできないものですが、ふとした瞬間に男性を感じたりすると、友人感情が恋愛感情に変化することもあるようです。

出典:http://www.shutterstock.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

告白しても「友達で居よう」と断られてしまった・・・ショックですよね。でも、諦めなくて大丈夫!女性は男友達だと思っていた男性をある日急に好きになってしまう瞬間というのがあるんです。

一種の慣れの効果だと心理学では言われているのですが、好きになってもらえたら何だって良いですよね(笑)上手に付き合いさえすれば、友達から昇格して恋人になる事だってできるということ。

まだまだチャンスはありそうですね!今回は、恋愛対象に昇格!女性が思わず男友達に恋してしまった瞬間とは?をお届け。

意外な優しさを感じた時

出典:http://www.shutterstock.com/

出典:http://www.shutterstock.com/

全く意識していない男性を意識する瞬間は以外にも簡単な優しさみたい。

  • 一緒に歩いている時に車道側に立ってくれた
  • 人とぶつかりそうな時手を引いてくれた
  • 人ごみで手を繋いでくれた
  • 飲み物を買って渡してくれた
  • 何気ないプレゼントをくれた

というような小さな優しさが女性にとって「ドキ」ポイントになるんです。女性として守られている、優しくされている、大切にされているという感覚を味わうと、女性は急に相手を意識してしまう事もあるんですよ。

友達だから友達っぽくする必要はありません。一緒に居るときは、自分だけは恋人のように接すると、少しずつ相手の気持ちをやわらかくする事ができるかもしれませんね。

知らない女性と仲良くしているのを見た時

女性にも独占欲というのがあります。不思議ですよね。貴方から告白されて「友達」と返事をしたのに、貴方が違う女性を見るとなんだかモヤモヤした気持ちになるのが女と言うもの。

「何よ!私に告白してくれたのに・・・他の人にもう気持ちが移っちゃってさ」とイライラに似た感情を持つ事もあります。でも、そこで「あっ。私こんなにイライラして、彼の事好きだったのかな」なんて気が付く人も多いんですよ。

ある程度の嫉妬なら上手に使うことで恋愛を発展させる事ができそう。でも、やりすぎると「あっそうですか」と二度と友達も続けられなくなってしまう事もあるので注意が必要です。

貴方が落ち込んでいる所を見た時

母性本能ってヤツですね。女性は、弱いものを放って置けない気持ちが生まれながらに備わっているんです。強いはずの男性が、弱って「もうダメだ」なんて愚痴を言っていたりすると、なんだか急にキュンとしてしまうなんて女性も多いんです。

まあ、やりすぎると、愚痴ばかりのダサ男のレッテルが貼られてしまうだけなので、良くないのですが、1年に1,2回ならこの手を使ってもOKでしょう。女性は、同情心と愛情を混ぜて考えてしまう所があります。

かわいそうという気持ちが好きに変わってしまうんですよね。彼女の母性本能を上手にくすぐって友達から恋人に昇格していきましょう。

意外な一面を知った時

これは、男性でも同じ経験があると思います。ギャップ萌えですね。自分が考えていた○○さんがある日意外な一面を見せるとドキドキしますよね。例を挙げるなら、おとなしそうな女性が、ある日とてもセクシーな服で登場してきたりすると男性は心をつかまれる人も多いはず。

これ、女性だって同じなんですよ。真面目そうに思われて要るのであれば、スポーツが得意な一面や、ちょっと冗談を交えたトークなどで意外な部分を見せたり。逆に冗談ばっかり言ってというイメージが付いている人なら、彼女の相談に親身になって乗ってあげるなんていうのもギャップ萌えを誘います。

いかがでしたか?

今回は、恋愛対象に昇格!女性が思わず男友達に恋してしまった瞬間とは?を見て行きました。男性は、女性を視覚で捕らえますが、女性は聴覚や言語覚で捕らえるので恋愛するのに少し時間がかかるんです。

友達というステップにいる貴方は、いってしまえば恋人まであともう少しの段階なのかも。少しずつ彼女との距離を詰めて、夏までに恋人に昇格できるように頑張っていきましょう。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

亀ぱんだ

亀ぱんだ

朗らかおおらかいつもニコニコ!亀ぱんだです。
色々な人と知り合うことで人生をジェットコースターのように生きてきました。
色々な考えを持つ人がいて、だからこそステキな出会いが会って。人間っていいなって心から思います♪貴方の心を癒せるようなそして、ステキな恋に導けるようなそんなライターになりたいなと思います。よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る