逆にピンチ!彼女の浮気の追及は手順を間違えると大怪我をする!961 views

彼女に浮気が発覚したらあなたはどうしますか?証拠を並べて追及しますか?女性が有責の浮気の場合、問い詰めて追及するだけでは、却って自分の身が危うくなることがあります。よく彼女の行動も考えて慎重に動いた方が良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彼女がまさか…浮気!いやいや、そんなことはない!きっと見間違いだし、あれはたぶん昔の同級生とかだ。きっとそうだ。

「彼女に浮気された」という男の話は結構聞きますが、みんな最初は疑いつつも現実逃避するそうです。

あとは「俺が知らなければ、それでなかったことになるんじゃないか」という人も。知らぬが仏、というやつですね。

ぶっちゃけ、女だって浮気します。許せとは言いませんが、男だって浮気するんですから、「ありえない」ってことはないですよね。

では、そんな愛する彼女のまさかの浮気疑惑。「おい、お前浮気してないよな」と直接追求すると、とんでもないことに…!

今回は、彼女の浮気の追求の手順、ということで、“正しい追求の仕方”と間違えてはいけないポイントについてご紹介します。

1、正しい浮気の追求(許したい場合)

彼女の素行が怪しい。ってかもうこれ完全に浮気してるだろ!でも、彼女のことは愛しているので別れたくない。できれば戻ってきて欲しい。

この場合は、「彼女にちゃんと謝ってほしい」というのが目的です。罪を認めてくれれば許すから、もう二度とやらないって約束して、って感じです。(まあ、二度あることは三度も四度もありますが)

ここで、証拠を突きつけて「お前浮気しただろ!」と追求してもダメです。逆ギレされてしまうかもしれません。

この場合は、優しく「ねえ、浮気とかしてない?」と語りかけてみましょう。彼女は「してないよ」と言うかもしれません。そこで「俺見ちゃったんだ」と、それだけでいいでしょう。

そして「●●ちゃんのこと好きだから、俺は嘘をつかれると辛い」とか言ってみましょう。「浮気を責める」のではなく、あくまで「嘘をつくこと」に重点を置きます。

彼女が謝ってくれる保障はありませんが、少なくとも彼女の現在の愛の深さを計ることはできるでしょう。

2、正しい浮気の追求(別れたい場合)

彼女は浮気している。しかも、本人はバレてないと思っている。この女に泣いて謝罪させて、別れてしまいたい。今までプレゼントしたものを全部返してほしいし、なんだったら慰謝料請求してやりたい。

しかし、彼女に謝罪させるのは難しいです。いくら証拠を突きつけても、「やってない」の一点張りになるでしょう。

また、彼女が「じゃあいいよ!別れてやるよ!」と逆ギレして去っていく可能性は濃厚です。穏便に別れることは難しそうです。

この場合は、彼女を理詰めで追い詰めるといいでしょう。たとえば、証拠の写真や、友人の目撃証言などを正確に記録して提出する感じです。

逃げられない状況を作り、「これでもやってないと言うならやってないんだろうけど、俺はもう信用できないから別れる」と冷静に言ってやりましょう。

感情的になると、相手も感情で返してきますから、冷静に対応することで、彼女に「自分が何をやったのか客観的に知らしめる」ようにしましょう。

3、浮気する彼女

女性だって浮気する、と言いましたが、すべての女性が浮気するわけではありません。浮気する女性の多くは、感情に流されるタイプです。

自分の置かれた立場や状況、人生の計画などを一瞬忘れて、その場の雰囲気に流されてしまうタイプの女性です。

このタイプの女性は、厄介なことに男性には魅力的に映るので、大変女性らしく、性的魅力もあり、さらに性格が良さそうで積極的です。

しかも、「結婚すれば自分のものになる」と勘違いしている男性も多い中、このタイプの女性は結婚しようが出産しようが浮気します。

以前、“浮気する妻と、それに気がつかない夫”のご夫婦とお話したことがありますが、夫は「いやあ、うちの妻本当に完璧で。実家の母も喜んで」なんて話をしてて、「すげーな!」と思ったことがあります。

女だって人間ですし、浮気するのが好きな女性も中にはいます。それは犯罪でしょうか。そして、浮気を追求する側の人間は、善人なのでしょうか。

もし彼女に浮気を追求するような場面があれば、「俺は正しくてお前が間違っている」という白黒はっきりつけた態度よりも「そういうこともあるよね」という理解する心を見せていくと、案外解決するかもしれません。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る