彼女が出来ない…そういう男性にはこんな特徴があった!1,583 views

この年になってもどうしても上手く恋愛ができない・・・そんな人には特徴があります。決してその人が悪いわけでなく、自ら踏み出せない人はこういう特徴があるのではないでしょうか?それを意識して克服することで、次のステップに踏み出せるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彼女が出来ないのはなぜだろう?そう思いながら月日が経つこともあるのではないでしょうか。実は彼女が出来ない男性には特徴があることが多いのです。そしてその特徴に気がついていないこともあるでしょう。では、その特徴がどのようなものかについて一緒に考えていきましょう。

恋愛に興味が持てない

恋愛というものが面倒で興味をあまり持つことが出来ない…という男性もいます。彼女がいないことはまずいような気がするけれど、恋愛自体に興味がないのだから仕方がないと思っていることもあるでしょう。
でも恋愛に興味を持っていたこともあるはずです。いつから自分は恋愛に興味を持てなくなったのだろうと、一度考えてみる必要があります。そうなる理由が何かあるはずです。その理由を明確にすることが出来れば、恋愛に興味を持つことが出来てくるかもしれません。 そして彼女をつくりたい!という思いを持ち動くことが出来るようになるでしょう。

人見知りをする

あまり人づき合いが得意ではないタイプもいます。特に異性に対しては、やりとりが難しいと思うこともあるでしょう。そうなると彼女が出来にくくなることもあるのです。こういうタイプの男性は、最初から会うような恋愛よりもネット恋愛からのスタートが向いているかもしれません。
ネットでの恋愛なら、自分の思いや考えもメッセージにしやすくなります。そして内面から知っていくことが出来るので、相手との距離も縮まりやすいのです。人見知りをするタイプだから、恋愛は難しいと思い込まずに、ネットでの恋愛をしてみることをお勧めします。案外恋愛が簡単だと思うことが出来るかもしれません。

出会いがない

出会いがないということになると、どうしても彼女が出来にくくなるでしょう。でも出会いは待っているものではなくて、自分で作るものなのです。自分で出会いの機会を作るようにしてみれば、自然に彼女候補に出会うことが出来るようになるでしょう。
出会いがないと嘆いているよりも、出会うためには何が出来るのかを考えてみることが必要です。出会いにもたくさんの種類があります。出会いがない時には、友達に相談をして合コンを設定してもらったり、グループデートが出来るように計画をするというようなこともできるかもしれません。
自分の知り合いに相談をすることも、出会いを得るための行動として大切なことですから、出会いを得るために動いてみると良いですね。

恋愛トラウマがある

恋愛で辛い経験をすると、もう恋愛なんてしたくない…と思うこともあるでしょう。でも恋愛トラウマのようなものを持っている人は、実はとても多いのです。ほとんどの人が持っているだけで、それが目に見えないだけということもあるでしょう。
でも、これを無理に乗り越えようと思うと、さらに辛くなってしまいます。それよりも世の中には異性は星の数ほどいるというように割り切ることが出来れば、いつのまにか恋愛トラウマを克服することもできるのです。
恋愛の傷は恋愛で癒すというような説もあります。そのため、恋愛トラウマを少しでも軽減するために、出会いの場には積極的に参加をしてみるようにしたいですね。

モテ方がわからない

モテたいという思いを持っていても、それが見えるようでは女性から引かれることが多いでしょう。それよりももっと自然体でいるような男性の方が魅力的なものです。どうすればモテるんだろう?と考えている人に限って、女性からはウケが良くないことも多いのです。
それよりも自分らしく、正直でいるように心がけることが大切です。カッコよく見せたいとカッコをつけることが逆にカッコ悪くなることもありますので、それよりももっと気楽に過ごしてみるようにしましょう。

まとめ

彼女が出来ない男性の特徴についてお伝えしてきました。少し変わる努力をするだけで、彼女が出来ることは多々あることです。以上のようなことを参考にして、少しでも意識してみることをお勧めします。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

香月 みほ

香月 みほ

B型の好奇心旺盛なライターです。
恋愛や男女の心理についての文章を書くことが好きです。
日々様々なことを吸収しながら、お役に立てる情報をお届けしていきたいと思っています。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る