彼女をキスでトリコに!覚えておくべきキスのパターン14,104 views

男が考えるよりも女性はキスを重要視しています。ただやればいいというわけでもなく、キスにもテクニックが必要。今回は女性がトリコになってしまうキスのパターンをご紹介いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性は、セックスよりもキスが好き!と答える人が殆ど。
それはなぜだと思いますか?
女性はシチュエーションに萌えを感じるのでセックス自体よりもキスを重要視するんです。
キスでセックスへのスイッチが入る女性も多く、キスが盛り上がらなければその先は考えられないという人も居るくらいです。
どんなキスをすれば女性をその気に、そして虜にできるか知っておけば確実に女性を落とす事ができるようになるかもしれません。
今回は、彼女をキスでトリコに!覚えておくキスのパターンを5つお届けします。

パターン1:イチャイチャしながらバタフライキス

バタフライキスとは、唇以外にチュッチュッと細かくキスをしていく方法。
このパターンを使える時は、もう仲良しになっている間柄でないと難しいのですが、キスは唇にしかしないものと凝り固まった彼女の意識を変えるのには良いキスになるはず。
おでこや、頬、首筋、耳、手首、背中、いたるところにイタズラっぽくキスを。
セックスの後にも使えるテクニックで、もう1回シタイと思わせる着火剤にもなるでしょう。

パターン2:キスをする前に無言でじっと見つめる

女性は「キスするの?しないの?」という、あの例の間が大好きです。
キスを待つ瞬間は歌になるほど、女性にとって特別なもの。
相手にドキドキ間を与えたい時は、あえてその間を長めに取り女性をじっと見つめ、髪の毛を撫でたりしながら女性を貴方の瞳でその気にさせてしまいましょう。

パターン3:帰り際、電車にの扉が閉まる直前で手を引くキス

漫画でよくあるキスのパターンですが、憧れている女性は多いです。
女性が帰っても帰らなくても良いような状態の時や、強引に今日はお泊りしたいと思った時に使えるテクニック。
電車に彼女を乗せてドアが閉まる直前に彼女の手を引き電車から引き摺り下ろしキスをするという超人技です。
周りに人が居る事もあるので、勇気もかなりいるでしょう。
でも、これをやられて貴方の事が少しでも好きな女性なら落ちない人は居ないはず。
終電でなければ、彼女に帰らなくちゃと言われても引き下がることが出来ますね。

パターン4:不意打ちキスでマンネリ解消

彼女とマンネリ気味になってきたという男性に是非オススメしたいのが、不意打ちキスです。
人は自分が予想していない時に、相手からびっくりするような行動を取られると心拍数が急激に上昇するように出来ています。
いわゆる「つり橋効果」と呼ばれる効果ですね。
つり橋効果とは、何の関係も無い男女がユラユラと揺れるつり橋を二人で歩くと、恐怖から胸がドキドキと波うち、本当は好きじゃないのに「好きなのかもしれない」と脳が勘違いを起こし好きになってしまうという心理効果です。
不意打ちキスもこの効果が十分にあります!マンネリ気味のカップルは試してみるべき。

パターン5:後ろから抱きついてキス

女性は男性に後ろから抱きしめられるのが好きです。
なぜなら、自分より背の高い男性、自分よりもたくましい男性を後ろから抱きしめられる事により感じる事ができるからです。
「女性の中に居る守ってもらいたい私」を刺激する事ができ、キュンキュンさせることができるんですよ!
後ろから抱きつき首つきにキス、そしてゆっくりと横を向かせて唇にキス。
ゆっくり、優しいキスをする事でムードも作る事ができるので流れからベットに持ち込める可能性も高くなります。

いかがでしたか
今回は、彼女をキスでトリコに!覚えておくキスのパターンを5つをお伝えしました。
女性はキスにこだわりや理想を持っている人も多いので、その願いをかなえてあげる事でキュンとさせる事も可能です!
大好きな彼女をその気にさせるステキなキスに貴方もチャレンジしてみましょう♪

259_7

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

亀ぱんだ

亀ぱんだ

朗らかおおらかいつもニコニコ!亀ぱんだです。
色々な人と知り合うことで人生をジェットコースターのように生きてきました。
色々な考えを持つ人がいて、だからこそステキな出会いが会って。人間っていいなって心から思います♪貴方の心を癒せるようなそして、ステキな恋に導けるようなそんなライターになりたいなと思います。よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る