狩られる男、狩る男・・・恋の勝者はいったいどっち?755 views

肉食系女子が増えていると言われている今、男が女性にアプローチするだけでなく、女性からアプローチをするケースも非常に増えてきました。恋愛が長続き、いい恋愛をする上ではどちらからアプローチをかけられる方が良いのでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

狩られる男と狩る男では、どちらが恋の勝者なのでしょうか。本来男性は狩る側の人間です。でも最近は草食系男子も多く、肉食系女子に狩られる男性も多いと聞きます。でも実は、それだけが狩られる男ではないんです。アグレッシブな狩られる男も含めてご紹介していきましょう。

狩る男の特徴

恋の勝者になれるのは狩る男なのでしょうか。狩る男の特徴は、気に入った女性がいると自分から積極的にアプローチをかけます。でも中には落とすまでが目的で、落ちてしまった女性には興味がなくなるという男性もいるようです。それでは何のために追いかけているのか微妙ですね。きっと単なる恋愛ゲームなのでしょう。でも少なからず男性には、そのような狩る本能が備わっているように感じます。

狩る男が好きな女性のタイプ

狩る男が好きな女性のタイプは、控えめでおとなしい女性の場合もあれば、逆に男を振りまわすようなつかみどころのない女性の場合もあります。人それぞれに好みがありますので、タイプは1つではありません。手ごわい女性を「何としても落としたい」と意気込む男性もいれば、従順で自分の言うことをきいてくれそうな女性を選ぶ人もいます。

狩られる男の特徴

恋の勝者になれるのは狩られる男なのでしょうか。狩られる男の特徴は、気弱で嫌と言えない性格の人に多いと思われます。女性に積極的にアプローチして欲しいタイプですね。でも中には、女性から狩られるように仕向ける狩られる男もいます。とくに女性に多いのですが、男性でもそのようなしたたかな人もいることでしょう。

狩られる男が好きな女性のタイプ

狩られる男が好きな女性のタイプは、男性をグイグイ引っ張って行ってくれるような行動力のある女性でしょう。狩られるように仕向けるタイプも、行動力がある女性でないとそもそも仕向けることができませんよね。

狩ったつもりが実は狩られている場合も……

男性の中には自分が狩ったつもりでも、実は女性に狩られている場合もあります。これができる女性はかなりのツワモノですが、ターゲットにされるのは恋愛経験が比較的少なく、嫌と言えない男性に多いと言えるでしょう。 言葉巧みに男性を自分の家などに誘い込み、さも男性から攻めこんだように見せかけるのです。男性としては「自分にもこんな積極的で男らしい部分があったんだ」と喜んでいますが、本当は女性の策略にハマっただけなのです。

さらに交際後も女性が上手に甘えたり、頼ったりしてくれますので、男性は自分がリードしているような錯覚になります。男性としては「自分に頼ってくる可愛い女性」に見えるのです。正当な交際ならば、これも恋の勝者であると言えます。しかしこのようなパターンは、都合のいい男になる可能性が高いとも考えられます。

恋の勝者はどっち?

では狩る男と狩られる男では、どちらが恋の勝者なのでしょうか。狩る男は女性を落とすために積極的に攻めますが、落としたら飽きてしまうような場合は勝者とは言えませんね。また狩られる男は女性に落とされるように仕向けますが、女性の策略で狩られた場合には勝者とは言えないでしょう。 つまり自分の願いが成就して、その後も幸せな関係を築けた男性こそが、恋の勝者と呼ぶのです。自分の意志に反して狩られた場合や、狩った時点で飽きてしまうような恋愛は、幸せとは言えませんからね。

まとめ

狩る男と狩られる男というだけでは、どちらが恋の勝者なのか判断するのがむずかしいです。一番の恋の勝者は、自分の意志で自分の思い通りの結果をつかんだ人ではないでしょうか。しかもそれが幸せな関係につながった人です。遊びの関係や落とすだけの恋愛ゲームでは、いくら思いが通じても恋の勝者とは言えませんよね。つまりあなたが幸せであれば、恋の勝者ということです。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

【5年以内に作家になるライター】壇条 美智子

【5年以内に作家になるライター】壇条 美智子

学生時代に心理学を専攻し、20代には女優を目指して舞台や映画に出演。その後は美容・健康系の資格を取得し、ライターとして始動。元格闘家の夫の食事管理やマッサージなどの経験を活かして、皆様に有益な情報を提供したいと思っております。

現在は、健康、自己啓発、夫婦関係、成功哲学などの記事を執筆しながら作家を目指しています。

ブログ:http://www.danjyomichi.net/

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る