アラサーで結婚するのは早い?遅い?自分の結婚適齢期を知りたい338 views

アラサーの年齢で結婚する人は多いですが、正直「それってちょっと早くない?もっと仕事で落ち着いてからの方がいいんじゃない?」と思う人がいるはずです。 その人にはその人にあった、“結婚する時期”があります。ということで今回は、アラサーに該当する独身男性が知りたい「自分の結婚適齢期」についてご紹介します。

eye
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アラサー(27歳~35歳くらい)の年齢で結婚する人は多いですが、正直「それってちょっと早くない?もっと仕事で落ち着いてからの方がいいんじゃない?」と思う人がいるはずです。

もしくは「いやいや、もうアラサーで結婚は遅いよ。もっと20代前半で結婚しておかないとダメだよ」みたいな人もいます。考え方はそれぞれ違いますよね。

もちろん、「早く結婚したからいい」というわけではありませんし、「遅いからと言って何か問題がある」ということでもありません。

その人にはその人にあった、“結婚する時期”があります。ということで今回は、アラサーに該当する独身男性が知りたい「自分の結婚適齢期」についてご紹介します。

男はアラサーから楽しい時期に入る

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

正直、20代前半なんて、お金はないし忙しいし、遊びたい。いろんなことが目まぐるしく変化し、“自分が何者か、本当は何をしたいのか”みたいなことが、さっぱりわからなかったと思います。

もちろん、アラサーになったからと言ってそれらの答えが出るわけではありませんが、20代前半と比べると、お金にも時間にも若干の余裕がでてきたのではないでしょうか。

女の場合は、20歳でババアと言われ、あとは劣化していくだけですが(本当はそうではないけど、世の中は女のことをそういう目で見ている気がする)、男性は30代以降、脂がのってくる時期。

最初は乗りなれなかった車も、癖を理解して上手に乗りこなせるようになると、遠出したくなります。自由に遠出したくなる、ということは「結婚に縛られたら、この自由が奪われてしまう」ということです。

後悔するくらいなら結婚するな?

もともと結婚願望の強い人であれば、いつ結婚しようが、良い相手が見つかったときに結婚すればいいんだと思いますが、問題なのは“いつ結婚したらいいかわかんないし、そもそも結婚したほうがいいの?”みたいな人。

自分から強く「結婚したい!」と望んでいるわけではないので、周囲に「結婚したら?」と言われてする場合や、彼女から強くせがまれて結婚する場合、もしくは周囲の空気に押されて「結婚せざるを得ない空気」に流された場合など。

本人は「どうしよう」に対して結論を出せないまま結婚するので、多くが後悔します。さっさと離婚する人もいますし、浮気したり別居生活する人も多いです。

“人に言われてした結婚”は、ほぼ100%、後悔します。しかも、アラサーという「楽しくなってきた時期」にしてしまうので、「結婚しなければもっと遊べたかもしれない!」という悔いが残ります。

ということで、あなたがアラサー独身男子で、この時期楽しくなってきている自覚があるのなら、周囲の空気に押されてなんとなく結婚を決めるのは危険です。

男はいいけど女はね

今付き合っている彼女はいくつですか?もし同じくらいの年齢だったら、彼女は十分結婚適齢期です。というか、女性の場合、子供を産むということを考えたら、アラサーのうちに結婚して出産しておかなければいけないでしょう。

そのため、今付き合っている彼女に結婚願望があり、出産願望があるのに対し、自分にはまだ結婚の意欲が沸いてこない、というのであれば、お別れした方が「彼女のため」です。

そのまま飼い殺してしまいますか?男女で年齢は同じとは言え、彼女の“女性としての機能”は確実に衰えてきます。一方、男性の場合は質は落ちたとしても子孫を残す機能は健在です。

付き合っている彼女がまだ若いのであれば、時期をずらして、遊びを優先してもいいでしょうが、彼女の年齢を考えるのなら、「結婚する」か「別れる」の二者択一であることは念頭に置いておかなければなりません。

20代と30代、40代の違い

男性は、各年代ごとに結婚に対してどのような考えを持っているのでしょうか。ここでは、結婚願望がそれほどない、独身男性の各年代のつぶやきを記してみます。

20代の男

20代の男は、遊び方を知って楽しい時期です。お酒を飲んで、女を知って、仕事の厳しさ難しさ、面白さがわかって、まだまだ不安もあるけれど、未来は明るい時期です。

結婚に憧れは抱くこともあるけれど、今はまだ早い!第一、家族を養っていくお金もなければ、精神的な器もできていない。きっと30代になれば、自然と器の大きい大人の男になれるんじゃないかな。

今はただ、自分の目の前のことに集中して、いっぱい遊んで、いっぱい仕事して、好きなことができるように頑張るだけ!結婚はその後!

30代の男

若い突っ走りも一段落。後輩もできてちょっと落ち着いてくる時期。少しお金も自由に使えるようになってきたし、物事の要領がわかってきて、時間にも心にも余裕が。

20代ではできなかった新しいことにチャレンジしたり、基本以外にプラスアルファでスキルアップもしていきたい。女の扱い方もだいたいわかったし、焦るとカッコ悪いってわかった。

30代になれば家族を養う器の大きさもできるかな、って思ったけど、想像していたより30代の自分ってまだまだ子供なんだよな、って思う。結婚はまだちょっと早いかな?

40代の男

仕事が楽しくなってくる時期。うまく行ってる人は、それがそのまま自分の自信になる。性欲だけで突っ走らない、ある程度コントロールできるようになってくる。ただ、若い女に目が行くけれど、若い女は相手をしてくれない。

周囲では結婚したり離婚したりと、いろいろ噂が耳に入ってくる。結婚しようかな、と思うことは何度かあったけど、自分の自由をおかされることが何より面倒。生活に不自由していないから尚更。

子供がほしい、と思うこともあるし、家族っていいな、と思うこともある。時々寂しいこともある。どこかに若くて、子供産んで育ててくれて、老後の面倒を見てくれる気立てのいい女はいないかな?

自分の幸福だけを考える

上記は、あくまでイメージで、すべての男性を指すわけではないのですが、これを見る限りでは「20代では早すぎて、40代ではちょっと遅い」ということがわかるかと思います。

20代はお金もないですし、自分にぴったりの女性を見つける審美眼も養われていません。勢いで結婚しても、そこからはただひたすら我慢の連続ですから、それに耐えられるかどうかが勝負です。

「20代で結婚したけど、全然遊べなかった。好きなことができなかった。俺の青春を返せ」となっても、後悔先に立たずです。

また、40代ともなると、若くて美人の女に相手をしてもらえなくなります。また、女を追いかけたり、サービスするだけの意欲や情熱、体力が衰えていきますから、若い男には勝てません。

とすると、やはり総合的に30代に結婚するのが理想…ではありますが、30代の男性は「俺は今楽しいんだ!誰も邪魔するな!」の時期ですから、いくら周囲が「結婚しろよ」と言っても、話を聞かないかもしれません。

“自分の幸福だけを考える”と、どうしてもこのように、結婚することそのものにメリットを見いだせなくなりますし、かと言って結婚しないまま年を取るのも寂しい、という結果を招く可能性があります。

ただ、年齢を重ねるマラソンの中で、このことを深く考えていかなければ、「もう遅い、手遅れ」というゴールに向かって自分の足で走っていくことになります。

アラサーになるとわかる結婚向きの人・不向きの人

さて、ここまですっかり迷走してしまったかのように思える「結婚にちょうどいい時期」ですが、そもそも「結婚とは何か」と考えると、答えは自然と導き出されます。

結婚はあなたにとって、「足かせ」ですか?それとも「帰る家」でしょうか。結婚を渋る男性の多くは、結婚によって自分のお金や時間を相手に譲らばなければならないもの、と考えています。

まるで「自分の財産を、半分他人にあげてしまう」みたいな考え方です。しかし、それは間違っています。あなたの時間も、お金も、すべてが自分のものではありません。時間もお金も、自由になることが前提であってはいけないのです。

ロングスパンで考えられない人は結婚に不向き

「自分で稼いだ金だ!これは全部自分のもんだ!誰にもやらん!」と考えている人は、結婚に不向きかもしれません。つまり、どんな年代で結婚しても失敗します。

「みんなの協力があってこそ、今自分はここにいる。みんなに感謝しながら生きる。お世話になった人には、当然手助けしていく。お金も時間も、自分のものだけど、みんなのおかげ」と思っている人は、いつ結婚しても大丈夫です。

これは「明日地球が滅びるかも知れないから、たらふく食べておこう!」と思うのか、「10年後の自分のために、食べ過ぎないでおこう」と思うか、に似ています。

家族を養う時間やお金が無駄だと思ってしまうのは、ロングスパンでの投資ができないことを意味しています。でも、このような人は、今とても多いです。

とくにアラサーという年齢に差し掛かると、この考え方の違いが明確になってきます。つまり、アラサーが終わるまでに結婚する人(または結婚したくなる人)と、そうでない人とで、はっきりと線が引かれるのです。

良い人が現れたら年齢関係なく結婚してしまえ

よく「良い人がいるんだけど、まだお互いに若いし、結婚は後でもいいかなと思ってるんですけど」という相談をされる方がいます。お互いに結婚の話はしているそうです。

正直な話、お互いに結婚の意思があるのなら、年齢関係なく結婚してみればいいと思います。合う合わないは結婚後の話ですし、長く付き合ったから良い結婚になる、交際期間が短いからダメ、ということでもありません。

「案ずるより産むが易し」。あなたにとっての結婚適齢期は、良い人と出会えて「この人と結婚したいな」と思った、その時だと思います。アラサーだから早い、遅い、ということはありません。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る