まさか!既婚者を好きになったときアナタはどうする?2,764 views

既婚者を好きになることなんて絶対にない!…本当にそう言い切れるでしょうか。好きになってしまうことも、実際にあり得ることなのです。ではそういう時にはどうしたら良いのでしょうか。既婚者を好きになった時の対策や行動の仕方について、一緒に考えてみましょう。

まさか!既婚者を好きになったときアナタはどうする?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既婚者を好きになることなんて絶対にない!…本当にそう言い切れるでしょうか。好きになってしまうことも、実際にあり得ることなのです。ではそういう時にはどうしたら良いのでしょうか。
既婚者を好きになった時の対策や行動の仕方について、一緒に考えてみましょう。

告白をするかどうか考える


出典:http://weheartit.com/

既婚者だと分かっている場合、告白をするかどうかもかなり悩むのではないでしょうか。告白をすることさえ許されないような気がして、言えないままでいることもあると思います。
でもここで告白をすることにより、けじめをつけることが出来る場合もあるのです。心がモヤモヤした状態で辛い時には、告白をすることを考えてみるのも良いかもしれません。既婚者に告白をしてはいけない、というような決まりは本来は無いからです。
告白をしただけで、もう満足というように思うかもしれませんので、告白だけはしておくということも、良いかもしれません。

相手の家庭について知っておく

例えば、夫とあまりうまくいっていないなどの愚痴を言っているところを見たり、実際に聞くこともあるかもしれません。もしも本人が自分に向けてその話をするのなら、こういう状態から救いだしてほしいというサインかもしれません。
気持ちが辛くてもう限界…というようなこともあるのです。でもそれをはっきりは言えないので、夫の愚痴になっている場合もあります。逆に夫のことを好きという思いがあって、ストレス解消として愚痴を言っているだけの場合もあるでしょう。
こういう時には相手に対して、夫への思いを聞いてみる必要があります。ここで本当のことを言ってくれるかは分かりませんが、離婚を考えているというようなことを言われる可能性もあります。そういう時には支えてあげたいと思うかもしれないですね。

相手とどういう関係になりたいかを考える

ただ一度の過ちでも良いから…というような思いなのか、普通の恋人のように付き合っていきたいのか、自分が相手とどういう関係になりたいかを、よく考えてみることが必要です。
ただ見守っていられたらそれで幸せということもあるでしょう。ここで気を付けたいのは、本能だけで行動をしないということです。本能だけで行動をしてしまうと、もう少しちゃんと考えれば良かった…と後から思うことにもなりかねません。
既婚者に対して、どういう関係になりたいのか、そしてそのためにはどうするべきなのかをしっかり考えてみましょう。リスクのある恋愛と分かっていても、付き合いたいのか、一時的な気の迷いの可能性があるので、様子を見たいのか、その時に出した答えを大切にしてみると良いでしょう。

既婚者を好きになった事実を受け止める

自分なりに既婚者を好きになったという事実を受け止めることは、とても必要なことなのです。これをきちんと受け止めないと、結果として辛さが増えてしまうこともあるでしょう。そして自分自身を見失うことにもなりかねません。
既婚者を好きになったという事実を受け入れてから、その後どうなっていくのかが決まっていくのです。ここをずっと無視し続けると思いが募り過ぎて、衝動的な行動をしてしまうかもしれませんので、気を付けたいですね。

本来は好きになるはずの無い既婚者を好きになったということは、その人にかなりの魅力があるというケースが多いです。そのため、友達としての付き合いをしてみるのも良いかもしれません。人生の先輩として学ぶことも多々あるはずです。


出典:http://weheartit.com/

また、もしあなたに彼女がなかなかできないのであれば「彼女ができない原因とイケメンでなくてもモテる男の特徴」もあわせて読んでみてください。
彼女ができなかった原因がわかって、今までの人生が大きく変わるきっかけになるかもしれません。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

香月 みほ

香月 みほ

B型の好奇心旺盛なライターです。
恋愛や男女の心理についての文章を書くことが好きです。
日々様々なことを吸収しながら、お役に立てる情報をお届けしていきたいと思っています。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る