不倫の代償は大きいと知りながら、既婚者が不倫をするワケは?5,035 views

不倫という言葉を聞いてもなんだか特別汚いものという印象が薄れてきている昨今。 とはいっても、不倫の代償はものすごく大きい。それでも不倫をしてしまうのはなぜなのか? 今改めて考えてみたい。貴方してみたいですか?

s_不倫の代償
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今既婚者の不倫が増えていると言われています。
離婚率も2分に一組というハイスピードのようで、バツイチバツニは当たり前の時代。
不倫はまさしく「文化」になりつつあるのでしょうか!?
でも、男性にとって不倫はとてもリスクが大きいもの。それなのにナゼ不倫をしてしまうのでしょう。
今回は、既婚者が不倫に走るきっかけとは?についてお話を進めていきます。

★家庭での夜の営みが上手く行かないから

男性は本能で色々な人に種を残したいという気持ちがあります。
そんな男性にとって、結婚は家族を作るという目的を達成するためだけのもの。
どんなに好きな人と結婚をしても3年すれば「ただの人」です。
セックスをしたいという欲求が薄れ外に気持ちが向かうという人も少なくないよう。
また、女性は母親になるとホルモンの関係や、母性本能から性欲が薄れ旦那さまとのセックスを拒むという理由も挙げられます。
そんな奥様を見ているうちに段々と女性ではなく「母親」という目線でしか見れなくなりよそに女性を作りたいと考える人もいるようです。

★口うるさい奥さんから逃げたい!心の安らぎを求めて

s_夫婦喧嘩

男性は仕事をして上司と部下の間に挟まれ毎日ヘトヘトになって帰ってきます。
でも奥様は、子供の面倒やら家事やらでいっぱいいっぱいになり、そんな自分を労わってくれない。
そうなると不倫をして、その不倫相手に自分を慰めてもらいたいとの思いから不倫をする人もいるようです。
家庭という場所は共同生活の場所であり、夫婦が寄り添い愛を囁く場所ではないのかもしれません。
家に帰れば、奥様から子供の相談や、お金の事などでガミガミ口うるさく言われて家に帰りたくないな・・そんな風に思う既婚者男性もきっと沢山いるはず。
こんな時ふと浮気心が芽生えてしまうのかもしれませんね。

★トキメキをもう一度!恋愛がしたいから

男性の中にもまれに「恋愛が人生の軸」になっている人も居ます。
そういう男性は、家庭に入り奥様が「お母さん」になってしまうと、一気に気持ちが冷めてしまい他の女性と恋愛してくなってしまうのだとか。
恋愛重視型の考えを持つ男性だと、惚れっぽく浮気が本気になってしまうなんて事も。
こういう不倫は一番危険で奥様にバレても「俺は離婚する」の一点張り。
しかし、子供がいれば養育費や、慰謝料などを沢山取られ新しい恋愛が上手く行かない事も多いようです。
責任は忘れずに、本気になるのはまず離婚が成立してからと考えた方が良さそうです。

★自由でいいでしょ?子供が居ないから

子供ができない夫婦は、二つのパターンに分かれます。
1つ目は年をとってもずっと恋人のような夫婦でいるパターン。
もう1つは「お互いに自由でいましょう」というパターンです。
後者のパターンになってしまうと、男性は子供という歯止めがないぶんかなり自由に動き回ります。
お金も子供に掛けなくて良い分余裕もあるため、女性と遊びやすいのも理由かもしれませんね。
自分の友達の夫婦と比べ子供ができないことに罪悪感や、苦しさを抱えている男性もいるようで、その気持ちから逃げたいと不倫に走る人もいるみたい。
でも、奥様だってきっと同じような気持ちでいるはずです。
他の女性に逃げる前に大切な奥様に歩み寄る姿勢をみせましょう。

~まとめ~

男性は、責任感がある反面、女性よりも自由に使える時間が多いのも不倫をする起爆剤になっているのかも。
奥様に絶対にバレない不倫なら人生のスパイスになり良い時間かもしれません。
でも、誰かを傷つけてまで自分の欲のために動く事はけっして良い事ではありませんよね。
本当に大切な物はなんなのか、一度立ち止まって考えて見る時間を作ることも必要なことかもしれませんよ! 

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

亀ぱんだ

亀ぱんだ

朗らかおおらかいつもニコニコ!亀ぱんだです。
色々な人と知り合うことで人生をジェットコースターのように生きてきました。
色々な考えを持つ人がいて、だからこそステキな出会いが会って。人間っていいなって心から思います♪貴方の心を癒せるようなそして、ステキな恋に導けるようなそんなライターになりたいなと思います。よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る