彼氏じゃない男からはできれば誘われたくないスポット2,254 views

いくら相手の女性が好きだといっても、デートに誘う場合でも相手の気持ちが分からないうちは、恋人同士が行くようなスポットを選ぶべきではありません。あまり先を急ぐあまり、相手に変なプレッシャーや誤解を与えてしまう可能性もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたがその女性のことを好きであろうと、単なる友達だと思っていようと、女性からすると彼氏じゃない男からは誘われたくないスポットがあります。あなたはその女性のことが好きだからこそ誘いたいのかもしれません。でも女性からすると「そんな所に誘われても困る」「気楽な関係だったのに、もう会いたくない」と思ってしまいます。勝負に出たいなら良いですが、もし関係を保ちたいなら気をつけたいスポットをご紹介します。

①遊園地などのテーマパーク

彼氏じゃない男に誘われたくないスポットは、遊園地などのテーマパークです。彼女が好きなテーマパークだと知って誘ったのでしょうが、彼氏じゃない男と一緒に行くつもりはありませんし、行ってもつまらないでしょう。
そもそも明らかにデートという感じになってしまうような誘いに女性はのりません。脈ありならそれもアリですが、それは少しではなくかなり脈ありの場合に限られます。ですので彼女じゃない女性を誘うのには向かないスポットでしょう。

②海などのちょっとした遠出

彼氏じゃない男に誘われたくないスポットは、海などのちょっとした遠出です。車で一緒に移動するなら密室状態になりますし、電車だとしても旅行感があって恋人同士みたいです。近場で飲みや食事なら平気でOKするとしても、遠出となると話は別です。
車で移動することに関しては、何の抵抗もない女性と密室に二人きりなので抵抗がある女性に分かれます。車に乗るのは抵抗がない女性でも、遠出となると困るという人もいるでしょう。

③日帰り温泉

彼氏じゃない男に誘われたくないスポットは、日帰り温泉です。アウトドアなどの帰りに汗を流したいと思う男性は多いですが、女性の場合はいきなり日帰り温泉に行くという選択肢を持っていないことがほとんどです。せっかくセットしてきた髪の毛も崩れてしまいますし、メイクもやり直さなければいけなくなるからです。
男性はさっぱりと汗を流した後で飲みにでも行きたいと思っていたとしても、女性にとってお風呂は苦痛でしかありません。もちろん温泉は好きでも、その後が大変なのです。彼氏じゃないし、スッピンを見せる間柄でもないからです。

④あなたの部屋や実家

彼氏じゃない男に誘われたくないスポットは、あなたの部屋や実家です。あなたが一人暮らしをしているとしても、そこへ行く理由がありません。むしろあなたに下心があるのではないかと警戒されてしまいます。
またあなたの実家で両親や兄弟などと食事会のようなものがある場合、いくら友達だと説明されても、何だか「彼女候補」として見られているような気がして嫌です。おまけに彼女でもないのに「何か手伝った方が良いのか」と気を遣わせてしまうことになります。もう彼女は面倒になって、あなたに会ってくれなくなるかもしれませんよ。

⑤高級レストランはOK|ロマンチックなレストランはNG

彼氏じゃない男に誘われたくないスポットは、ロマンチックなレストランです。単なる高級レストランならOKですが、夜景が見えるとか、カップルシートがあるとか、個室とか、その類のレストランに連れて行かれた彼女は「もしや狙われているのではないか」と警戒することでしょう。
高級レストランの場合は、美味しいものが食べられるという目的でOKですが、中には「そんな高級な所に連れて行かれても困る」と思う人もいることでしょう。

まとめ

彼氏じゃない男に誘われたくないスポットは、女性によって多少の差はあることでしょう。でも「何でそんな所に一緒に行かなきゃいけないの」と考える時点で、あなたは彼氏候補でないことは確定です。
でもその言葉をあなたに向かってハッキリ言ったのなら、もしかしたら脈ありの可能性もあります。照れ隠しで言っている場合もあるからです。何だかんだ言って行ってくれたなら脈ありで、本気で断られたら脈なしです。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ORETTE.jp 編集部

ORETTE.jp 編集部ORETTE.jp編集部

女心を掴みたい男性を応援するメディアです。自分を磨いて、パートナーとの楽しい時間を過ごせるリアルで価値ある情報を提供していきます。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る