9月も楽しみたい!彼女と行きたい全国の花火大会3,129 views

花火大会は夏のデートでの鉄板!でも花火大会って9月も沢山行われてるんですよ!少し先の話ですが、今から花火大会の予定を立てて、アレコレ話をするのも楽しいんではないでしょうか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花火大会が好き!行ける限りの花火大会に駆けつける、というマニアの方から、初心者の方までいらっしゃると思いますが、やはり“夏は始まったら終わる”、これ必然。

花火大会開催のピークが8月ですが、9月の「ラスト花火」や「今年の見納め」を忘れてはいけません。何事も、終わりよければすべてよし。

ということで、9月に開催される全国の花火大会から、「これ!」というものをピックアップ。今年のラスト花火大会、あなたはどこに見に行きますか?

長野県諏訪市【第34回全国新作花火競技大会】


出典:http://travel-navi.biz/

まずはこちら。全国の精鋭の花火師による“新作”の花火が楽しめる、全国新作花火競技大会。諏訪市上諏訪温泉諏訪湖畔で9/3の開催です。

約1万8000発の花火が競われるこの大会、しんみり夏を終えるのではなく、熱く燃え上がって終わるにはうってつけ!

「どれが優勝するのかな?」と予想をつけながら見るのも、また楽しみのひとつ。彼女と盛大に打ち上がる新作花火に酔いしれてみては? 公式サイトはこちら

新潟県小千谷市【片貝まつり浅原神社 秋季例大祭奉納大煙火】


出典:http://www.youtube.com

世界最大の4尺玉花火が見たい!!!という方はこちらの花火大会がおすすめ。9/9~9/10開催の新潟県小千谷市、片貝まつり。

毎年、世界最大の4尺玉が打ち上がる、ということでそれを目当てに訪れる人も多いようです。打ち上げ数は約1万5000発。

人気花火大会ランキングにも名を連ねていて、近県にお住まいなら是非とも足を運びたいところ。今年の夏の終わりを4尺玉で締めてみませんか?

群馬県沼田市 【第4回沼田花火大会】


出典:http://www.youtube.com

群馬県、沼田市運動公園で行われる、沼田花火大会。9/10開催です。夜の花火は、打ち上げ数が約1万発。音楽に合わせて打ち上げられる花火パフォーマンスは圧巻!

それも大変楽しみなのですが、昼の部のイベントも大変好評だそうです。彼女を連れて行くのもよし、家族を連れて行くのもよし! 公式サイトはこちら

インターネットでライブ中継もあるそうなので、直接足を運べない方は、ネット動画で花火を楽しむこともできるようです。彼女とお部屋で花火デート、というのもいいかもしれません。

群馬県伊勢崎市 【いせさき花火大会】


出典:http://sp.jorudan.co.jp/

同じく群馬で9/10開催なのが、伊勢崎市のいせさき花火大会。広い駐車場が用意されているので、車で行く人には好都合。(ただし、当日は会場周辺で交通規制アリ)

打ち上げ数は約1万発。広い会場で間近に花火を体感できるので、お近くの方は是非!公式サイトはこちら

愛知県田原市 【田原まつり・五町合同花火大会】


出典:http://www.taharakankou.gr.jp/

「今年のラスト花火、どうする?」9月になると、もう夏のムードは終わって秋の気配。大規模な花火大会は減ってしまいます。

そんな中、9/18に開催の愛知県、田原まつり。渥美半島で、見応え充分の約4000発が楽しめます。お近くの方も、遠方からの方も、夏を締めるには充分の大迫力です。

神奈川県横浜市金沢区 【花火シンフォニア】


出典:http://www.youtube.com

最後はこちら。「やっぱ関東圏じゃないと行けない!」「忙しくて日程が合わない!」「あっというまに夏が終わってしまった!」とお嘆きの方は、是非こちらへ。

八景島シーパラダイスで行われている花火大会「花火シンフォニア」。開催日時は、9月17、18日ですが、なんと10月30日にも開催。夏に行けなかった!という人もご安心ください。

打ち上げ数は各日、約2500発。昼間は八景島シーパラダイスでデートをして、夜は花火、というコース。彼女も大喜び間違いないですね!公式サイトはこちら

ということで、6箇所の花火大会をご紹介してきましたが、名残惜しい9月、夏の最後の花火。彼女を連れて、花火デートをロマンチックに演出できるかどうかは、あなたの腕次第です。悔いの残らない2016年夏にしましょうね!

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る