男は黙って食べ放題!男の食欲を満たすトレンド食べ放題516 views

彼女とのデートでおしゃれなお店に連れていくのもいいけど、ちょっと物足りなくないですか?だったら、彼女と一緒に食べ放題♪食べっぷりのいい男は女性もキュンときちゃいます!そこで彼女と一緒に行ける食べ放題をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

草食系や中性的な男子が好きだという女性は少なくありませんが、男性に男らしさを求める女性は決して少数派ではありません。では一体女性は男性のどのようなところを見て男らしさを感じるのでしょうか。その一つがご飯の食べ方です。女性は男性が勢いよくご飯にがっついている姿に男らしさを感じるのです。だから実は食べ放題はデートコースにもぴったりなのです。そこで今回は男の食欲を満たすトレンドとなっている食べ放題を紹介します。

焼肉食べ放題は高級路線がトレンド


出典:pic.non117.com

食べ放題の定番といえば焼肉ですが最近のトレンドはただの焼肉食べ放題ではありません。安い肉を大量に食べるのではなく少し高い金額を出したとしても上質な肉を食べることに人気が集まっているのです。これは冷静に考えれば理にかなったトレンドともいえます。食べ放題が流行り出した頃は一定の料金で大量に食べられることそのものが新鮮で人気を博しました。しかしながら最近は人々の健康意識の変化があり上質な肉ほど健康には良く、そうでない肉は動脈硬化などのリスクが高いという情報が一般化されています。だから焼肉食べ放題のトレンドは徐々に高級路線となってきているのです。そして食べ放題は高級路線といっても少しレベルを上げる程度でも構いません。普段の食べ放題から1000円~2000円程度アップグレードさせるだけで充分上質なお肉を食べることができます。そして狙い目はランチタイムです。ディナーの食べ放題はお酒を飲むので比較的高額になりがちですが、焼き肉店はランチタイムであれば、比較的リーズナブルな値段で上質なお肉を提供している場合が多いのです。だから安く上質なお肉を大量に食べたい場合、ランチタイムが狙い目です。

ローストビーフの食べ放題を楽しもう

食べ放題のトレンドを考えた時に外せないのがローストビーフです。ローストビーフは以前から食べ放題で安定的な人気を誇りますが特に注目すべきはホテル内にあるレストランの食べ放題です。ホテルでの食べ放題は基本的には宿泊客向けに用意されています。しかし一般客にも開放しているホテルは実は以外と多いのです。しかもこれは実際に調べてみればわかることですが値段もそこまで高くありません。また肉汁滴るホテルのローストビーフは一流のシェフがこだわりを持って調理しています。上質な食べ放題を求めるならホテルの食べ放題はうってつけなのです。

スイーツの食べ放題はデートコースの鉄板

男だけで食べ放題に行くのであれば、スイーツ食べ放題が選択肢の一つとして選ばれることはほとんどないかもしれません。しかし女性とのデートそしてトレンドを考えるのであればスイーツ食べ放題は選択肢として外すことはできません。それにスイーツ食べ放題を甘く見てはいけません。スイーツ食べ放題のお店でもスイーツ以外にカレーやパスタなど充分に男のお腹を満たす料理が用意されている場合が多いからです。スイーツ食べ放題の魅力はそこに訪れてみてはじめて分かることが多いのです。彼女とのデートで渋々スイーツ食べ放題を選んだとしても、実は彼女を喜ばせながら自分自身の空腹を満たすことができるのです。

最大53%OFF!レストラン予約も一休.com!

まとめ

ここまで男の食欲を満たすトレンド食べ放題について紹介しましたが、いかがでしたか。食べ放題はトレンドを追いかければお店選びは失敗することはありません。また通うお店のバリエーションを増やせばデートコースとしても使えることをご理解いただけたのではないでしょうか。食べ放題で思いきり食べたいものを食べることはスタミナ確保だけではなくストレス解消にもつながります。今より少しでも元気が欲しいと思った場合、もしくは思いきり美味しいものを食べたいと思った場合はトレンドの食べ放題へ出かけてみてはいかがでしょうか。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ORETTE.jp 編集部

ORETTE.jp 編集部ORETTE.jp編集部

女心を掴みたい男性を応援するメディアです。自分を磨いて、パートナーとの楽しい時間を過ごせるリアルで価値ある情報を提供していきます。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る