出会って結婚するまでのベターな順序と期間が知りたい!634 views

結婚している人たちは、どのような手順で出会って、恋愛して結婚しているのでしょうか。結婚した経験のない人は、そのへんがよくわからない!ということで今回は、出会い、そして結婚までの“ベターな順序と期間”についてご紹介いたします。

shutterstock_265528205
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普通、結婚している人たちは、どのような手順で出会って、恋愛して結婚しているのでしょうか。自然に出会って結婚した場合も、婚活して出会って結婚した場合も、手順は同じのような気がします。

結婚した経験のない人は、そのへんがよくわからない!学校では教えてくれなかったし、みんなに聞いてもハッキリ教えてくれなかったり、「人それぞれだよ」とお茶を濁されたり。

ということで今回は、出会い、そして結婚までの“ベターな順序と期間”ということで、どのような手順で、どのくらいの期間を要して結婚すればいいのか、についてご紹介したいと思います。

とりあえず1年は付き合ったほうがいい理由

最近はスピード婚も珍しくありませんが、やはり平均的に1年以上3年未満の交際の後、結婚している人が多いです。なぜでしょうか。

「とりあえず1年くらい交際してみて」というのには、きちんと理由があります。まあ、ビビビっときたらすぐ結婚してもいいのでしょうが、手順がわからない人はここをきちんと理解しておくべきでしょう。

交際期間=お試し期間である

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

交際期間とは、なんのためにあるのでしょうか。楽しい期間?遊ぶための期間?もし結婚を目指しているふたりなら、そうではありません。

交際期間は、結婚後の生活、どのように耐えて生活していけるかの、お試し期間です。お互いの性格はもちろん、生活や考え方、セックスについてもそうでしょう。

様々な経験を通して、「この人でいいのかな?」を見るための期間です。そのため、春夏秋冬の季節ごとのイベントを一緒に経験し、いろんな場所へ行き、様々な困難に直面する必要があります。

“とりあえず1年”のうちに、お互いの全部を知ることはできませんが、このくらいの期間であれば、ダメだったらお断りできますし、改善点も見えてくるかもしれません。

「この人どうかな?」とお互いに思っている、手探りの状態なのですから、心の中ではすでに決定していたとしても、1年のお試し期間…車で言うところの試乗期間というのは、大変重要です。逆にお試し期間なしに即決するのは、リスクの大きな賭けと言えるでしょう。

プロポーズは最初にしておくべし

shutterstock_363261710

http://www.shutterstock.com/

「結婚しようと思って付き合っていた彼女に、プロポーズしたら断られた上にフラれた」なんて悲しい話も聞くことがあるのですが、では、ベターなプロポーズのタイミングはいつなのでしょうか。

また、新婚カップルに「いつプロポーズしたんだよ」と聞くと、「なんとなく」とか「いつのまにか」という答えが返ってきますが、実際のところどうなんでしょうか。

結婚の意思は最初の段階で告白しておく

低リスク高リターン、という意味では、「付き合い初めの段階で結婚の意思を伝えておく」ということがベターなやり方です。

なぜろくな交際期間も経ぬまま、最初の段階で?と思われるかもしれませんが、結婚というのは「好きだから、愛してるからするもの」ではありません。

条件や相性のマッチングが一番の目的です。もし、結婚したい人と、結婚したくない人が交際していても、お互いの目的は達成されないでしょう。

そのため、「もしうまく行ったら、いつかは結婚したいとは思っている」とか「結婚を前提にお付き合いしたい」ということは、最初の段階で明言しておく方が、自分のためにもなります。

結婚はナマモノ…機会を逃すな

shutterstock_143109649

出会って一年くらいで、おそらく彼女は結婚を意識し始めるのかもしれませんが、多いのは「彼女は結婚したいのに、彼が乗り気でない」というパターン。

もちろん、結婚というのは自分だけの問題ではありませんし、お金もかかります。そこになかなか決断を下せない男性も多いことでしょう。とは言え、結婚はナマモノです。時間が経てば、新鮮さがなくなるものです。

結婚のタイミングは女が知っている

「女ってのはどうして結婚したがるんだ?」と思う男性もいるかもしれませんが、結婚の良い機会(タイミング)をよく知っているのは、女性です。それに男性は従った方がいいでしょう。

というのも、女性にとって多くは結婚=出産と関連してきます。中にはこどもを望まない女性もいますが、こどもを望む女性にとっては「肉体が若いうちに産んでおきたい」というのが、本心。

実際、男性と違って女性は生まれたときからお腹に卵を持っているため、時間が経てば劣化していきます。とは言え、あまりに若いうちに出産しても育てることができず、良いパートナーに巡り合わなければ、これまた満足に育てられないかもしれません。

ということで、結婚するタイミングに関しては、女性のほうがよくわかっています。なるべく早い段階で、かと言って焦るでもなく、ベストなタイミング…というのであれば、彼女の意思に従って間違いないでしょう。

心と体の準備が整ったときこそ結婚の機会が巡ってきた証拠。「彼女が結婚したいと思ったとき」が機会、チャンスと捉えて間違いありません。

話合いができる関係であること

shutterstock_220537465

http://www.shutterstock.com/

以前、知人が「長く交際していて、いつか結婚するつもりだったけど、お互い40歳を過ぎてしまって、あるとき彼女が子供ができた、って言ったから一瞬喜んだら、子供の父親は別の男で、彼女はそいつと結婚した」という話をしてくれました。

結婚はナマモノ…長く寝かせたから成熟する、というものでもありません。必ず、「いまだ!」というタイミングがあります。そこから逃げてはいけません。

また、このような上記の事案のようにならないためにも、日頃から彼女が自分の意見を言いやすい雰囲気を作って、オープンに結婚について話をする関係であることが、機会を逃さない方法とも言えます。

どのくらいでキスしてもいいの?

shutterstock_359366072

http://www.shutterstock.com/

すごく初歩的な話ですが、「付き合い始めてから、どのくらいでキスをして、どのくらいでセックスするのがいいの?」ということに関して、知識がない人もいると思います。(実際、私の知り合いにもいた)

結婚という目標に向かっている関係であれば、「キスまで3ヶ月、セックスまで半年」をおすすめします。また、中には「結婚するまでセックスはしないと決めている」という人もいますが、それはおすすめできません。

やはり、それら一連の行為も、結婚する前に経験しておくべきでしょう。ただ、彼女の反応もありますので、様子を見ながら調整する必要もあります。

セックスしたらこっちのもんだ?

男性の場合、とくに体の関係がメインになってしまう交際になる、という「目的と手段が入れ替わる問題」を抱えている人も多いようです。

「好きじゃないけどセックスができるから付き合ってる」とか、「このままセックスさせてくれるなら結婚しなくていいや」とか、逆に「毎日セックスできるから結婚する」みたいに考える人もいます。

そのため、この“出会いから結婚までの手順”の話になると、「どのくらいの時期になればセックスさせてくれるんだ、女は」という質問も受けます。残念ながら、女性にとっては、キスもセックスも過程でしかありません。

男性の「セックスしたら俺のもの」「セックスさせてくれたら結婚したも同然」という考え方では、良い機会には恵まれません。そのため「いつセックスするか」は、結婚にとってはさほど重要ではありません。ただし、急いでも焦ってもいけない、ということだけは記しておきます。

パートナーシップを築くこと

shutterstock_157454435

http://www.shutterstock.com/

ほぼ結婚が確定した段階で、「お互いの親との面談する機会」があるわけですが、低リスク高リターン、という点で言えば、やはりここでも手順を間違えてはいけません。

よく「結婚するかどうかわからないけど、とりあえず親に紹介しておこう」みたいなパターンで失敗する人が結構いるからです。

結婚とは、チームワークです。信頼関係の築かれていないふたりが、親のもとに殴り込むのは危険なことです。なぜなら、ここではふたりの「誰が味方なのか」を試されるからです。

結婚するにはパートナーシップが大事だよ

結婚する上で、最も大事なのは“パートナーシップ”だ、と私は断言します。愛でも思いやりでもなく、第一は“信頼関係”だからです。

親に紹介するために、彼女を家に呼んでみたらどうでしょう。親との信頼関係が勝っている場合、どちらを優先するでしょうか。彼女より親とばかり仲良くしてしまうのではないでしょうか。

また、彼女の家に挨拶に行った際、彼女が両親とばかり話をしていてはアウェイ感ハンパないはずです。これは、結婚するふたりの信頼関係より、親との信頼関係が勝ってしまった証拠です。

結婚、その前に親に紹介する、その前に信頼関係を築くこと。この順番を間違えては、あらゆる場面でボロが出ますし、結婚できたところで「失敗だったかも」に繋がるかもしれません。

男女ではなく人としての信頼関係を

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

男女が性的な繋がりで一緒にいる、ということも確かに大事ではありますが、結婚という面から見れば、それよりも「一緒に戦う上で背中をあずけられる相手かどうか」の方が重要です。

よく「セックスすれば仲直りする」みたいな人がいますが、そんなふたりは、セックスしなくなったら、人としての関係も終わることを公言しているのと同じです。

お金で雇われている関係でもないのですから、ギブアンドテイクで、支え合ったり、助け合ったり、男女の垣根を越えて付き合っていける骨太な関係でなければ長くは続かないでしょう。

ということで、出会って付き合って結婚するまでの期間は、約1年を基準として、そのお試し期間のうちに人としての信頼関係を築くべく、楽しいことも苦しいことも、ふたりで色々経験するといいんだと思います。

あと、プロポーズの仕方によって結果は左右されません。もしそこでフラれたのなら、日頃の行いの方に原因があるので、プロポーズの方法で悩む必要はないと思います。結婚を目指す男性の皆さん、頑張ってくださいね!

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る