女性とのデートで絶対に(!?)外さない食事とは?~ディナー編277 views

女性をデートに誘うなら、ディナーにしますか?それともランチにしますか?女性への好意を示すならストレートにディナーに誘った方が良いでしょう。絶対に外さない食事はイタリアンがオススメ。リーズナブルでもお洒落なレストランを探してみましょう。

https://www.shutterstock.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性とのデートで絶対に外さない食事とは何だと思いますか?ランチ?それともディナー?どんな風に誘ったら良いのか悩んでいる人もいるかもしれませんね。

どんな場所を選んだら良いのか、女性が喜ぶのはどんなデートなのかなどを一挙にご紹介します。

女性に聞きました。初デートで行きたいのはディナー?ランチ?

休日ランチならちょっと特別だけどその後が大事

https://www.shutterstock.com/

https://www.shutterstock.com/

初デートなら休日のランチでも、ちょっと特別な感じがしますよね。わざわざ休日に出かけるんですから、興味のない人とは会いません。それにランチなら、普段は行かないようなフレンチやイタリアンなど、ディナーでは手が出せないレストランもお得に楽しめるので嬉しいですよね。

でもその後の予定が大事です。ランチが終わった後のプランによって、初デートの命運を分けます。

公園デートで散歩するのもまったりして良いですし、水族館などもロマンチックかも。そのまま夕方に少しだけ飲みに行って、早めに帰るのも初デートならアリかな。

デートならやっぱりディナーでしょ!

https://www.shutterstock.com/

https://www.shutterstock.com/

デートならやっぱりディナーがいいですね。夜会うというのが、そもそも特別な感じがします。アメリカなどでは、ランチが軽いお付き合い。ディナーが男女の関係に発展する可能性を示しています。

初デートだからといって気張りすぎる必要はありませんが、それなりにお洒落なレストランを選ぶことで、あなたのセンスがわかります。いきなり大衆居酒屋に連れて行かれたら、女の子としては「なめられてる」と思ってしまうかもしれません。

ディナーならお酒メインか食事メインかしっかり決めて

夜のデートにお誘いするなら、お酒がメインのデートなのか、食事がメインのデートなのかしっかり決めた方が良いかもしれません。

お互いにお酒好きならもちろんお酒メインがグッド!でも女性があまりお酒を飲めないのなら、初デートはレストランでディナーが良いでしょう。

やっぱり初デートは、女性の好みに合わせてあげるのが大人の男としてのマナーです。食べ物の好みもリサーチしておいた方が良いですね。女性が我慢しているようだと、2回目のデートは実現できないかもしれません。

初デートでディナーのメリットとは?

お酒を飲むので、リラックスしやすい

https://www.shutterstock.com/

https://www.shutterstock.com/

初デートでディナーに行くメリットは、お酒を飲むことが多いのでリラックスできることです。初デートはお互いに緊張しますから、ちょっとお酒が入った方が話しやすい雰囲気になるはず。でも飲み放題コースでベロベロになるなどの失態をさらすのは絶対にNG。

ダイニングバーなどでしっとりと飲むのならOKです。お酒が好きな女性でも、自分よりもお酒に弱い男性は、頼りなく感じてしまうことが多いです。くれぐれも飲み過ぎには注意しましょうね。楽しいお酒で、会話が弾む程度がベストです。お酒の勢いでそのまま……というのもナシです。

会話の時間がゆっくりとれる

https://www.shutterstock.com/

https://www.shutterstock.com/

初デートでディナーに行くメリットは、会話の時間がゆっくりとれることです。ランチ時は回転が速いので、あまりお店に長居することができませんよね。仮に長居してしまったら、周りのひんしゅくをかってしまう場合も。

だからディナーに誘った方が、ゆっくりとお互いを知ることができるでしょう。レストランを選ぶ時は、隣の席との距離がある程度離れているお店の方が、周りを気にせず会話を楽しむことができます。あまり隣の席と距離が近いと、気になって楽しめない可能性があります。

夜の方がデートという雰囲気を感じやすい

初デートでディナーに行くメリットは、夜の方がデートという雰囲気を感じやすいことです。ランチでは「そこまで深い関係を望んでいないのかな?」と女性に思わせてしまう可能性があります。でも夜のデートなら、一緒にいるだけで特別感があるでしょう。

夜景の見えるスポットに立ち寄るなど、ロマンチックな要素を取り入れた方が相手にも伝わりやすいです。レストランから夜景が見えるなら最高ですね。女性はそういうお洒落なデートが大好物です。

ディナーへの自然な誘い方と攻略法

初デートでディナー派の人はあなたに興味がある証拠

https://www.shutterstock.com/

https://www.shutterstock.com/

ディナーへの自然な誘い方は、「今度、食事にでも行きませんか?」などが自然かなと思います。そして相手がディナーを選んだら、あなたに興味がある証拠と言えるでしょう。それほど興味がない男性と食事に行くなら、なるべく夜は避けたいと思うのが女性の本音です。

仕事後に会うとなると、必然的に夜になることが多いですが、その場合はそもそも誘いに乗るかどうかという所から女性は迷うものです。だからOKした時点であなたに少なからず興味があるのかもしれません。

ただしお茶を飲みに行く程度なら、それはあまり特別に思っている対象ではないと考えられます。お酒を飲みに行くか、ディナーを食べに行くというレベルのデートにこぎつけたら、それはあなたに興味があると思ってほぼ間違いありません。

相手の反応をしっかりとチェックして、自分に引き込むことが大事

ディナーへの自然な誘い方は、相手の反応をしっかりとチェックしながらも、自分に引き込むことが大事です。「今度ディナーに行きませんか」と誘った時に、女性がちょっと迷っているようなら間髪入れずに次の言葉を準備しておくことです。

たとえば「この前オープンしたばかりのレストランで、行ってみたいと思ってるんだ」などと、「二人で出かける」ことにフォーカスするのではなく、「そのレストランに行きたい」ということにフォーカスするのです。そんな風に誘われたら、「まぁ、食事くらい良いかな」と思ってOKしてくれる確率が高くなるでしょう。

そして食事の時にも、二人についての会話よりも、お店の雰囲気や料理についての話から始めると良いですよ。そうすれば話しているうちに緊張感が解けて、次第にお互いについての会話を自然とすることができるでしょう。

雰囲気の良いレストラン選びが何といってもキモ!

https://www.shutterstock.com/

https://www.shutterstock.com/

初デートでディナーに誘うなら、雰囲気の良いレストラン選びが重要です。定番であり鉄板なのは「夜景の見えるレストラン」ですが、いかにも過ぎてちょっと恥ずかしい…と思う人は、違う路線から攻めましょう。たとえば有名シェフの店とか、女性に人気のお洒落な一軒家レストランなどがおすすめ。

気候の良い季節なら、テラス席を予約しておくと開放感を味わえます。店内では何となく緊張してしまうけれど、屋外ならリラックスして会話を楽しめるでしょう。でも高級レストランである必要はありません。雰囲気の良いお店なら女性は喜んでくれるはずです。

食事のジャンルで言えば、イタリアンが無難でしょう。イタリアンなら嫌いな人はほとんどいないですし、リーズナブルだけどお洒落なレストランなども探せばたくさんあります。フレンチのフルコースでは慣れていない女性だと恥をかかせてしまうかもしれませんので、一般的にはイタリアンの方がおすすめです。

まとめ

https://www.shutterstock.com/

https://www.shutterstock.com/

女性を初デートに誘うなら、レストラン選びがかなり重要になります。またランチなのか、それともディナーに誘うのかは勝負どころですね。もちろんあなたは彼女のことが好きでデートに誘うのですから、ディナーに行きたいと思いますよね。

でも女性は、初デートはちょっと警戒してしまうもの。だからまずはランチからというのもアリだと思いますよ。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

【5年以内に作家になるライター】壇条 美智子

【5年以内に作家になるライター】壇条 美智子

学生時代に心理学を専攻し、20代には女優を目指して舞台や映画に出演。その後は美容・健康系の資格を取得し、ライターとして始動。元格闘家の夫の食事管理やマッサージなどの経験を活かして、皆様に有益な情報を提供したいと思っております。

現在は、健康、自己啓発、夫婦関係、成功哲学などの記事を執筆しながら作家を目指しています。

ブログ:http://www.danjyomichi.net/

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る