初2人飲み!日程を決めるなら平日。 ~いきなりの休日はNG理由~5,337 views

初めての2人飲み、アナタなら平日と休日のどちらを選びますか。 女性と男性ではまた意見が分かれそうなところですね。 今回は、初めて2人飲みをするなら平日が良いという点をご紹介していきます。 女性の心理を理解しながら、相手を誘う際に失敗しないようにして頂きたいです。

初2人飲み!日程を決めるなら平日。 ~いきなりの休日はNG理由~
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初めての2人飲み、アナタなら平日と休日のどちらを選びますか。
女性と男性ではまた意見が分かれそうなところですね。
今回は、初めて2人飲みをするなら平日が良いという点をご紹介していきます。
女性の心理を理解しながら、相手を誘う際に失敗しないようにして頂きたいです。

初飲みするなら、まずは2~3時間がベスト!


出典:http://weheartit.com/

気になる女性と初めて2人で飲む事になったら、相手の事を知るためにも休日にゆっくり飲みたいと普通は考えると思いますが、これは間違っています。
そもそも、初めて誘う2人飲みに休日を選ぶなんて断られるリスクが高まるだけなのです。
相手の休日を最初から奪ってはいけません。
逆に平日の短い時間ならちょっと付き合う程度なら良いかなと相手も思い、良い返事をもらいやすくなります。
また休日に飲むとなると、時間に余裕があるので帰るタイミングが曖昧になりますし女性は早めに帰りたくても帰れないかもと不安に思い断るケースが多くなります。
まずは、短い時間で早めに切り上げることが初飲みのポイントです。

休日に予定があるのか確認する


出典:http://weheartit.com/

これは最初に相手の予定を聞いているかという問題です。
休日は女性にとっても体のメンテナンスをしたり、趣味があったりと予定は様々です。
男性のように体力もありませんし、休日はゆっくり休みたいというのが本音。
そんな事を考えているときに休日の予定も聞かずに、飲みに誘われたらちょっと嫌な気分になるのは当然です。
仕事で毎日すごく疲れているなんて言う女性は特に休日は出かけたくないでしょう。
よほど最初から好意をもっている男性でなければ普通はお断りしてしまいますね。
休日の予定をまずはさりげなく確認し、むりそうなら平日に少しだけ飲まない?と軽く誘ってみましょう。

休日より平日の方が静かに飲める

2人で初飲みをする際は雰囲気も当然大事です。
居酒屋が混むのはご存知の通り、金土日ですよね。
混んでいる中で飲んでもゆっくり話が出来ませんし、雰囲気も全くありません。
休日は個室にしても周りがうるさいことも多いですよね。
平日を選ぶことで、出来るだけ静かに話しながら飲めるようにセッティングすることも大切です。
最初は静かな場所で2時間程度飲み、すぐに切り上げるように心がけましょう。
まだ飲み足りなかったな、もう少し話したかったなと飲み終わった後に女性に思わせる事が次に繋がるポイントです。

女性は初飲みで疲れないかを気にする

女性が初飲みをOKする理由で1番大切な事かもしれません。
女性側が相手に好意を抱いている場合を除いてですが。
初めて2人で飲みに行かない?と誘われると、女性は必ず少しは迷うものです。
例えばこれが休日に行こうと誘われた場合、「まだ相手の事もよく知らないし、とくにタイプでもないのに長い時間付き合いたくないな」と思う場合があります。
平日に誘われると、「相手のことはまだよく知らないけど、平日に軽く飲むくらいなら付き合っても良いかな、少しの時間なら疲れないし」とこうなります。
このようにネガティブな考えからポジティブな考えになる場合があるのです。
こうなると誘ったときの成功率は確実に上がりますし、相手もポジティブな考えのまま会ってくれるので初飲みが成功しやすいのです。

まとめ

あまり平日も休日も関係ないと思っていた男性は、考え直すきっかけになりましたでしょうか。
最初から長い時間会う事で相手をよく知るというのは、実はあまりメリットがないのですね。
休日ではなく平日に2人飲みをし、まずは次のデートに繋がるようにしましょう。
平日なら相手も気兼ねなく楽しんで飲んでくれるに違いありません。

また、もしあなたに彼女がなかなかできないのであれば「彼女ができない原因とイケメンでなくてもモテる男の特徴」もあわせて読んでみてください。
彼女ができなかった原因がわかって、今までの人生が大きく変わるきっかけになるかもしれません。

それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ORETTE.jp 編集部

ORETTE.jp 編集部ORETTE.jp編集部

女心を掴みたい男性を応援するメディアです。自分を磨いて、パートナーとの楽しい時間を過ごせるリアルで価値ある情報を提供していきます。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る