深き歴史を積み重ねてきた京都の紅葉が楽しめるおすすめの観光スポット482 views

四季を体感できる日本では、秋が深まることで紅葉のシーズンを迎えます。1200年以上の歴史を積み重ねてきた京都には、紅葉の名所が多数あり、日本の各地や海外から多くの人々が訪れています。京都には紅葉が楽しめるおすすめの観光スポットが多数あります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

四季を体感できる日本では、秋が深まることで紅葉のシーズンを迎えます。1200年以上の歴史を積み重ねてきた京都には、紅葉の名所が多数あり、日本の各地や海外から多くの人々が訪れています。京都には紅葉が楽しめるおすすめの観光スポットが多数あります。

ライトアップされた紅葉が優美な空間を創り出している京都の寺院


出典:http://find-travel.jp/

秋が深まってくると、ライトアップされた紅葉が優美な空間を創り出している京都市の寺院があります。1100年以上の歴史がある由緒ある名所として知られ、地域や観光客にも親しまれています。
味わい深い空間芸術として甘美な魅力があり、若者から年配など、幅の広い人々がやってきます。ライトアップの光に染められた紅葉は、多くの観光客で暗くなるころまではにぎわいますが、20時ころの時間になると比較的に少なくなり、ゆっくりと鑑賞できておすすめとなっています。見ごろの期間は11月中旬から11月下旬となっていて、夜間の特別拝観は21時に閉門しています。

緑色のコケと赤や黄の紅葉のコントラストがある観光地


出典:http://photozou.jp/

天台宗の三門跡寺院の1つに数えられている寺院は、目の覚めるような鮮やかな紅葉が頭上に広がっています。見ごろの10月下旬から11月中旬を過ぎた時期になると、緑色のコケのじゅうたんに散って落ちた赤や黄の紅葉とのコントラストが作られます。自然がもたらすコントラストの芸術を肌で感じられる経験ができます。
この京都の寺院は過去において、仏教の修行者が世間を逃れて静かに暮らしていた場所としても知られている名所です。京都の中心部から少し離れているので静けさも魅力の一つです。明治時代に現在の場所に移転され、以前から境内にあった仏堂が取り込まれて今の形となっています。 壮大な境内には、回遊式の名勝庭園や重要文化財となっている寺院などもあり、おすすめの観光スポットになっています。

学問の神様をまつる神社の幻想的な光景

学問の神様として信仰を集める平安時代の貴族をまつっている神社があります。多くの受験生らが訪れている観光地です。梅の名所でもありますが、秋になると境内西側の史跡が紅葉の観光地として公開され、見ごろの11月中旬から12月上旬を中心に人気が集まっています。高いところから見下ろすと広大な範囲が見渡せておすすめです。
史跡の一帯には250本ものモミジが植えられ、樹齢400年に近い木が数本あります。日が暮れるとライトアップされ、昼間の姿からは想像がつかないほどの幻想的な光景が広がっています。

日本で最古の禅堂がある寺院と紅葉の渓谷

京都の中世期より現存する、日本で最古の禅堂には、鮮やかな色合いが一面に広がって望める渓谷があります。境内にある橋の上から見ると渓流と紅葉が絶妙にマッチした観光スポットとして堪能できます。11月中旬から12月上旬が見ごろの時期となっています。
今では紅葉シーズンの京都で人気のあるおすすめスポットですが、昔は桜の名所として知られており、修行場としての妨げとなる考えから伐採してしまった過去があります。日本各地や海外から多くの観光客が訪れるため、朝から混雑することがありますので余裕を持った行動が求められます。

長きにわたる歴史を持つ京都で紅葉を見る観光地としては、京都市内だけでも数多くのおすすめの名所が存在しています。深き歴史を持つ寺院や神社などに紅葉を重ねて観光してみることで、京都だからこそできるゆっくりとした思い出を心に刻んでくれます。

また、もしあなたに彼女がなかなかできないのであれば「彼女ができない原因とイケメンでなくてもモテる男の特徴」もあわせて読んでみてください。
彼女ができなかった原因がわかって、今までの人生が大きく変わるきっかけになるかもしれません。




それでも彼女ができないのであれば、「貴方がモテないワケとブサメンでもカワイイ彼女を作るには」を読んでみてください。
女性が男に対して求めている理由がきっとわかりますよ!
これが押さえられれば、あなたにも必ず出会えるチャンスが訪れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ORETTE.jp 編集部

ORETTE.jp 編集部ORETTE.jp編集部

女心を掴みたい男性を応援するメディアです。自分を磨いて、パートナーとの楽しい時間を過ごせるリアルで価値ある情報を提供していきます。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る